「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは...