小さいころは、それこそ親に止められるくらい、手が黄...