嘘のように真白で、触れたら壊れてしまいそうな儚さを...