NZ_goodfor1_内観

>>格安スーパーマーケットでお土産探し!ニュージーランドの自然派コスメ3選

「ecostore」の旗艦店で大はしゃぎ!

NZ_ecostore1

やはり鉄板は、ニュージーランド発祥のナチュラルデイリーケアブランド「ecostore(エコストア)」のアイテムじゃないでしょうか。

日本でもおなじみですが、改めて紹介すると、「ecostore」のコンセプトは、“まることやさしい毎日’’を叶えること。1993年に誕生以来、人と地球のよりよい未来のために、自然由来の原料はもちろん、製造工程や容器の素材、毎日の使い心地やデザインにまでこだわったホームケア、ボデイケア、ヘアケア、ベビーケア、オーラルケアなどのデイリーケアアイテムを展開しています。

NZ_ecostore2

今回、オークランドのフリーマンズ・ベイにある旗艦店に行ったのですが、どれもこれも可愛すぎー! おばちゃん(私)のテンション、マックスです! 

目移り必至ですが、特に好評だったのは、リサイクル可能な紙のパッケージに包まれた固形タイプのシャンプー&コンディショナー。頭髪に刷り込むだけで、意外なほどよく泡立ちます。カヌカオイルというネイティブの植物から採取したナチュラルな成分を使った歯磨き粉(トゥースペースト)もいい感じですよ~。

NZ_ecostore3

量り売りで、好きなものを好きなだけ購入

NZ_goodfor1_good1

“プラスチックを100%使わない”をコンセプトに掲げる「グッドフォー」は、チョコレートやナッツ、ドコーヒー、シャンプーや洗剤など、食品から日用品など、幅広いアイテムを、すべて量り売りで販売しているショップ。

チョコレートひとつとっても多種多彩で、さっそくその日のおやつを買い込んじゃいました。会計するまで、「けっこう高くついちゃうかな」と不安だったのですが、思いのほかリーズナブルでうれしい驚き。「こりゃいいわ!」と、慌てて追い購入しました(笑)。

私がお土産に購入したのはドライフルーツ。溶ける心配がないし、女性が大好きな柑橘系だけでもたくさんの種類があり、選ぶのも楽しくて。必要なものを必要なだけ購入できるのも今ドキです。

NZ_goodfor

定番中の定番ですが、ニュージーランド土産といえば、ニュージーランド国民のソールフードといってもいい、「クッキータイム」のクッキーを無視するわけにはいきません。

ガチャピンをほうふつさせる、赤い毛むくじゃらのキャラクター、クッキーマンチャーはニュージーランドでは知らない人がいない存在(笑)。チョコレートがごろごろ入ったクッキーは、ほんのり塩味もきいていて後を引きます。定番のフレーバーのほか、ヴィーガン対応のものも見かけました。

専門店のほか、スーパーでも購入できますよ。日本にも原宿に店舗がありますが、本場では、原宿にはないアイテムや缶のデザインにもお目にかかれるはずです。

NZ_クッキーモンスター2

ニュージーランドは「マヌカハニー」天国でした!

NZ_マカハニー3

先住民族のマオリの人々が愛用してきた癒しの木「マヌカ」から採れるハチミツが「マヌカハニー」も見逃せません。他のハチミツにはない独特の香りとコクがあり、喉が痛いときに舐めると、痛みが改善すると言われています。というか、普通にとてもおいしいので、喉が痛くなくても舐めてますけどね(笑)。

今回、案内してくれた政府観光局のスタッフは、お湯に溶かしてもおいしいと教えてくれました。マヌカハニー、少し大きなスーパーに行くと、たくさんの種類が並んでいます。外国人の私は違いを見極めるのが難しく、パッケージと値段で購入しました(笑)。カラダにもいいとされているマヌカハニーは、食品だけでなく、リップクリームやクリームなど、コスメにも使用されており、こちらも気になるところです。

NZ_マカハニー1

少し値は張りますが、自然にやさしい天然成分を原料とし、抗菌作用も高い蜜蝋ラップ(Beeswax wrap)は、SDGsが推奨される今の時代、喜ばれること間違いなしですよ。

NZ_ミツロウラップ

「ヘルシースナック」に夢中!

NZ_ヘルシースイーツ2

スーパーに行って驚いたのですが、ニュージーランドは「ヘルシースナック」というジャンルのお菓子がかなり充実していました。小腹がすいたときにパクっといただきたい、カラダにやさしい素材を使ったお菓子は、今とても人気があるそうです。

なかでも気になったのは、ニュージーランドの有名パーソナルトレーナーとシェフ「トム&ルーク」がプロデュースする、「スナックボール」。観光局のお姉さんがカゴに入れていたので聞いてみたところ、砂糖不使用、グルテンフリー、乳製品不使用の、ヴィーガンのお菓子なんですって。食べてみましたが、しっかり甘くて(デーツの甘みだそうです)、満足感ハンパなし。フレーバーもたくさんありました。もっと買っておけばよかったな(笑)。

NZ_ヘルシースイーツ1

最後に、オークランドのショッピングモール「コマーシャル・ベイ」で見つけた、キュートなチョコレートショップをご紹介します。「Honest Chocolate(オネスト・チョコレート)」は、オークランド郊外マタカナに本店を構えるチョコレートショップ。オリーブオイルやコーヒー、ワインなど、マタカナで生産されている材料を使ったボンボンにときめきます(笑)。

NZ_HonestChocolate

ここに紹介したのは、ほんの一部。私が目にし、気に入ったアイテムたちに限定されますが、どれもこれも次にニュージーランドを訪れたときも必ず購入するであろうアイテムたちばかりです。

まずは、スーパーをのぞいてみてください。日本に連れて帰りたくなるようなアイテムたちであふれてますよ!

[All photos by kelly] ※店舗や時期により商品の仕様や品揃え、価格が変わる可能性がありますので、ご注意ください。

>>【ニュージーランド渡航ルポ】コロナ以降の海外旅行ってどんな感じなの?出入国状況も詳しくお伝えします!

>>アフターコロナの海外旅行。ニュージーランド航空でオークランドに行ってみた

>>【リレー連載】世界のスーパーマーケットをめぐる旅「第18回ニュージーランド Count Down を攻略!<前編>」


もっと見る