こんにちは!TABIPPO編集部です。

2020年12月、TABIPPOは、株式会社TBWAHAKUHODO、株式会社PR TIMES、一般社団法人FUKKO DESIGNと、『新しい時代に対応する観光復興ガイドーSNSから見える企画のタネーVol.2』を4社合同で発表しました。

【観光復興ガイドNEWS】では、新しい時代に対応する観光復興ガイドーSNSから見える企画のタネーVol.2(以下、)を活用した旅行業界のサービスや取り組みをご紹介していきたいと思います!

今回は、ニュージーランド産商品を一同に集めた過去最大規模のオンラインフェア「キアオラ・ニュージーランド」をご紹介します。

観光復興ガイドとは?



緊急事態宣言の延長と解除、Go Toトラベル事業の開始と一部地域の除外、コロナ第3波への不安など、観光業界を取り巻く状況は日々変動しています。

いまSNS上で生活者の声を分析すると、生活者が旅行をどう捉えて、何を求めているかの兆しが見えてきます。それは、観光業のみなさまが旅行企画を考えるためのヒントとなります。そんなヒントと企画の立て方をまとめたものです。
詳細はこちら

活用した資産と兆しは、「ニュージーランド産の食・製品」×「大自然」×「応援」

観光復興ガイドの中でヒントとして掲載した「兆し」の中で、「キアオラ・ニュージーランド」が活用したのは「大自然」と「応援」。

メイド・イン・ニュージーランドの食品や製品を通じて、大自然を感じること、ニュージーランドの生産者の方を応援することができる素敵なキャンペーンですね。

ニュージーランドのサステイナブルな暮らしを取り入れよう

イベント名称に使用されている「キアオラ」はマオリ語の親愛の挨拶。「こんにちは」の代わりにも使われる、相手への健やかな日々を願う気持ちを込めた温かい言葉です。

今回のオンラインフェア「キアオラ・ニュージーランド」は、ニュージーランドから日本へ、健やかな暮らしを願うご挨拶です。

「キアオラ・ニュージーランド」の生まれた背景

今回のフェアは、NZTE(ニュージーランド大使館 商務部)が日本をはじめオーストラリア、中国、米国、英国などの主要な輸出市場にむけて展開しているグローバルキャンペーン「Made with Care(思いやりで、できている。)」の一環として実施されています。

この「Made with Care」メッセージは、美味しさ・安全・高品質・栄養の高さ・エシカルなどを強みとしているニュージーランド生まれの製品を表現しています。

それらの製品を通して、自分自身や大切な人の毎日と健康を考えるきっかけにしてほしい、との思いからこのフェアは生まれました。

オンラインフェア概要

「キアオラ・ニュージーランド」のイベントページが「楽天市場」内に開設され、選りすぐりのニュージーランド商品を楽しく選ぶことができます。

ニュージーランド産のワイン、乳製品、はちみつ、お肉など、食品および飲料商品から毎日にやさしい美容・日用品まで、600点以上が一覧でき、さらに今後1年間かけて掲載商品は続々と増える予定です。

■「キアオラ・ニュージーランド」概要
・期間:2021年3月3日(水)~2022年2月28日(月)
・イベントページ:https://event.rakuten.co.jp/area/global/newzealand/

ニュージーランドの大自然を感じられる場所

今回ご紹介した「キアオラ・ニュージーランド」で、おうち時間を楽しみながら、次のニュージーランド旅を想像してみてはいかがでしょうか?サステナブルな取り組みを実践し、大自然を満喫できるおすすめの宿をピックアップしてご紹介します。



1つ目のおすすめは、「Camp Glenorchy」。グレノーキーはワカティプ湖の北端に位置する自然豊かな絶景スポット。

『ロード・オブ・ザ・リング』3部作や『ナルニア国物語』のロケ地としても知られており、クィーンズタウンの中心地から車で45分ほどでアクセスできます。

詳細:https://www.campglenorchy.co.nz/

2つ目のおすすめは、自然の中に佇むガラス張りの宿泊施設「PurePods」。ニュージーランド国内に6つのロケーションがあり、いずれも大自然との一体感を感じる素晴らしい景色を堪能することができます。

詳細:https://www.purepods.com/

もっと見る