草原に放牧された羊たち、のどかな自然風景に、世界一ともいわれる満天の星空。映画「ホビット」のロケ地にもなったニュージーランドは、「移住したい国」として非常に人気があります。

ですが、ちょっと待って!移住は旅行ではありません。当たり前のように日本食が出てきて、日本語で生活できるという環境とはかけ離れています。そして南半球の国なので季節も日本と反対です。

本当にそこに移り住んで大丈夫かな?と悩んでいるあなたへ、ニュージーランド移住のメリットとデメリットをご紹介します。

 

ニュージーランド移住のメリット

1.雄大な自然に、満天の星空、美しいビーチ

どこに行っても美しい風景が広がる、大自然に囲まれたニュージーランドは、「地球の箱庭」とも呼ばれています。日本と同じように四季があり、春は桜やルピナスなど美しい花々が咲き誇ります。雄大な山々、神秘的な湖。特に「テカポの星空」は世界でもトップクラスの美しさです。

また、長い海岸線に囲まれたニュージーランドは、ほとんどの地域が年間を通して温暖な気候です。美しいビーチも多く、マリンスポーツが好きな人やアウトドア派には最高の環境です。

 

2.食材の宝庫で、水も美味しい

ニュージーランドは「食材の宝庫」と言われるほど、質が高く美味しい海の幸や山の幸が手に入ります。ラムや、鹿肉、ロブスター、サーモン、ムール貝、オイスター、国際レベルのワインなど、お料理が好きな人やグルメな人にはたまらない国です。また、水も日本と同じ軟水で美味しく、水道水をそのまま飲むことができます。

 

3.家族との時間や、自分の時間を大切にできる

ゆったりとした時間が流れるニュージーランド。仕事は5時に終わり、日本のように残業するお国柄ではないので、夜は家族とゆっくり食事をしたり、自分の趣味に打ち込むことができます。

休日は、四季折々の豊かな自然の中、春はハイキングやドライブ、夏はマリンスポーツ、秋は釣りやキャンプ、冬はスキーやスノーボードを楽しめるので、オークランドのおしゃれなカフェを散策するのもいいでしょう。

 

4.原発がない

日本の原発が心配な人にとってもニュージーランドはオススメです。なんと電力の79%を、自然エネルギー発電で賄っているのです!主に水力、風力、太陽光、地熱、潮力などを使って発電します。人口が少ないため、自然エネルギー発電で十分に足りるそうです。

 

5.移民に優しい環境の国

もともと移民が多く、多種多様な人種が暮らすニュージーランド。共通言語は英語なので、海外生活の中では楽な方です。英語を習得したい人にもいい環境ですよね。また、治安も比較的よく、親切な親日家が多いので暮らしやすいです。

さらに医療設備や社会福祉制度も充実していますので、安心して生活することができます。

 

ニュージーランド移住のデメリット

1.ビザの取得と仕事探しの必要性がある

ニュージーランドに住むにはビザが必要です。「学生ビザ」でなければ、残るビザは「就労ビザ」か「永住権」ですが、それらを取得するためには、まずは英語で仕事探しをしなければなりません。

もっと見る

これが想像以上に時間がかかり、ハードルが高いので、覚悟しておきましょう。さらに、職が探せたとしても移民のお給料は決して高くはないのも不安な点です。

 

2.物価や家賃、不動産、消費税が高い

ニュージーランドの物価は「高い」です。特に、主要都市のオークランドの近年の家賃高騰は異常なほどです。これがきっかけで帰国する人も多いくらいです。

さらに外食や衣類などの物価も上昇傾向にあります。福祉が充実している反面、消費税は15%も取られます。現地の仕事だけで生活を続けていくというのは、かなり厳しいと思っていた方が良いでしょう。

 

3.日本のような娯楽や利便性がない

家族や自分の時間が確保出来る反面、多くの店が夕方5時には閉まります。そして日曜日も休業するお店が多いので、娯楽を求める人には不向きでしょう。

また大都市の中心部以外は交通手段が発達していませんから、車がないと生活も不便です。

 

4.おおらかな反面、時間にルーズ

ニュージーランドにはゆったりとした時間の流れや、人の失敗を許せるおおらかさがある反面、時間にはルーズです。日本では当たり前の「定刻通りに事が進む」という概念を捨てるべきでしょう。

 

5.日本のように地震もあり、1日の気温差が激しい

ニュージーランドは地震も発生する国ですから、日本と同じく自然災害への備えが必要です。

また、年間を通して穏やかな気候ではありますが、「1日の中に四季がある」と例えられるほど、日中と朝晩の気温差が激しいので、常に体温調整できる服や、日本の7倍の紫外線への対策も必要です。

 

いかがでしたか?

移住は思った以上に楽ではありません。病気になった時も英語で伝える必要性があります。ライフラインを引くときも、銀行で口座を開く時も、携帯電話を契約するにも、全てまずは英語の聞き取りが発生します。

それでもニュージーランドの自然が魅力的で、価値観や相性の合う国だと感じるなら、しっかりと現地を下調べして生活をイメージし、移住が実現可能かどうかをよくよく検討してみることをオススメします。

もっと見る