先月初めてニュージーランドに訪れた私、ちゅうやん(@misakiki623)ですが、南島にあるダニーデンという街が大好きになりすぎて、つい妄想が止まらず記事にしてしまいました。恋愛については長い冬眠生活を送っておりますゆえ、同情の目で暖かく見守っていただき読んでいただけたら幸いでございます。

 

初めて訪れる国、ニュージーランド


空港からの道には羊の大群が…!photo by Misaki Naka

旅大学の講座で出会った年下の彼は笑顔が柴犬みたいに可愛らしい30歳。仕事の話をする時は真剣な顔なのにサッカーの話になると少年になる。そんなギャップのある彼と付き合ってやっと1年ぐらい。

正直、恋愛の駆け引きのようなやり取りはもういらない。もちろんときめきは欲しいけれど安心感の方が大切。そんな矢先、春から期間限定で異動が決まり勤務先は何とニュージーランドに。寂しがりやなので遠距離恋愛は苦手だ。それが原因で別れたことが幾度かある。

長期の休みが取れることになり彼がニュージーランドにおいでよと言った。「日本に帰ってきてよ!」と心の中では思いながら、ちょっと不貞腐れた感じでいいよと返事した。本当は嬉しいくせに。私はいつも素直じゃない。


「リメンバー・ミー」を観てまた泣く始末。photo by Misaki Naka

映画を3本ぐらい見たところでニュージーランドに到着。もうすぐ会えるという嬉しさと共に、空から羊の群れが見えた時はテンションが更に上がった。

 

ウォールアートが可愛い街「ダニーデン」


街の中心「オクタゴン」photo by Misaki Naka

彼の勤務先は「ダニーデン」という南島で2番目に大きい街。私がニュージーランドで知っていることと言えば飛べない鳥キウイぐらいだったので、正直都市の名前は聞いたことがなかった。

今回の旅は下調べなく彼にお任せ!郵便局をリノベーションしたホテルを手配してくれていた。市内中心地から徒歩5分圏内のこのホテル。「街歩き好きでしょ?」と動き回るには最高の立地のホテルを抑えてくれた。さすが、よくわかってる!


photo by Misaki Naka

しかも部屋の中には洗濯機と乾燥機も。一週間ぐらい滞在するからこれは助かる!できる男は違うね。


photo by Misaki Naka

■詳細情報
・名称:Distinction Dunedin Hotel
・住所:6 Liverpool St, Dunedin 9016, Otago New Zealand
・公式サイトURL:https://www.distinctionhotels.co.nz/dunedin

荷物を置いて早速街歩きに繰り出した。街の中心にはオクタゴンと呼ばれる8角形の場所があり、そこに市役所、映画館、アートギャラリーなど街の見所がギュッと凝縮されているようだった。

オコタゴンって英語で8角形の意味らしく、その昔ゴールドラッシュの時代に中国人がたくさんやってきてお世話になったそのお礼の意味を込めて、中国で縁起のいい数とされてる「8」を使用したとか。


アートギャラリーにあったカラフルな包装紙  photo by Misaki Naka
オクタゴンに建てられたセント・ポール大聖堂 photo by Misaki Naka
一番可愛かったウォールアート!photo by Misaki Naka
次はどこにあるのかな?って探すのが楽しい。photo by Misaki Naka

「あ、あれ可愛い!」

ビルに描かれた大きなストリートアートを見つけた。

「ダニーデンにはこれだけじゃなくて、もっとたくさんあるよ!ストリートアートのマップがあるぐらい。」最近出来たところに連れて行ってあげる。と連れていかれた場所には

もちろんニュージーランドでも大人気! photo by Misaki Naka

「え、もしかしてエド・シーラン!?」

仕事中、ずっと聴いてる大好きなエドシーラン!3月にダニーデンにやってきた時に合わせてアーティストが描いたみたい。3回目のデートで映画「世界一キライなあなたに」を一緒に見てから好きになったエド・シーラン。二人の思い出の人にニュージーランドで会えるとは。

「これを見せたかったんだー」というさりげない一言がとても嬉しい。小さな幸せを噛み締めてると、彼がおもむろに写真を撮り始めた。


向かいの壁にはR2D2もいました。photo by Misaki Naka

「俺はこっちかな〜」って目当てはスターウォーズかーい!何で男の人ってスターウォーズ好きが多いのだろう?謎だ。

 

スコットランド以外で最もスコットランドっぽい場所?


春には鮮やかな花と一緒に撮影できる。photo by Misaki Naka

次に向かったのはダニーデン駅。白と黒の石が混ざりあっていて可愛くもありカッコいい。近くの町オアマルから取り寄せたホワイトストーンと黒い玄武岩を組み合わせてるとか。


現在は頻繁に電車は来ません。photo by Misaki Naka


タイルは英国王室御用達のロイヤル・ドルトン製だとか。photo by Misaki Naka

中に入ってみるとタイル張りになっていた。旅に出るとやたらと写真を撮りたがる私だけれど、気長に待ってくれる彼の穏やかさが好き。たまに隠し撮りをされていて、いつもの少年のようないたずらっ子の表情で撮った写真を見せられる。でも嬉しい。彼と一緒にいる時はこんな穏やかな表情してるんだ。


どこに入ろうか迷っちゃくらいおしゃれなカフェが多かったなぁ。 photo by Misaki Naka

ダニーデンはゴールドラッシュ時にスコットランドの移民によって作られた街だから、スコティッシュ建築に溢れてるんだって。

街の真ん中あたり、プリンシズ・ストリートを歩いているとそろそろお腹がすいてきた。
「ここ、ちょっと歩いただけでお洒落なカフェが多いね!」「そうそう、一緒に行きたいと思ってたカフェがたくさんあるんだよ〜!」と、オススメのカフェを紹介してくれた。

日本もチェーン店ばかりじゃなく、こんな居心地が良さそうなカフェがたくさんできたらいいのにな。カフェが好きな私にはたまらない場所だった。日本にいる時も休日は彼とカフェで何気ない話をたくさんしてたなぁ。1週間が終わるとまた寂しくなっちゃう。いけない。私の悪い癖だ!

「ダニーデンは建物をリノベーションしているお店が多いんだ。特に近くのボーゲル・ストリートは昔倉庫街で、その建物を残したまま今ではおしゃれなカフェやショップに変わってるんだ。」


昔は倉庫だった「ボーゲル・ストリート・キッチン」photo by Misaki Naka

「昔の建物を大切に残しながら、今ではこんなカフェになってたり。」

ホットショコレートがオススメ!カフェ「Nectar」 photo by Misaki Naka

「ここも立派な建物そうだけど今はストリップ劇場になってる。あ、行ったことはないよ!汗」


ギャップがすごい。photo by abe saxophone

ランチはここ、彼のオススメ「Vanguard」に。開放感ある店内に並べられているデザートやサラダ、軽食がどれも美味しそう!


photo by Misaki Naka


photo by Misaki Naka

何が美味しいかなー?Instagramでチェックしてみると、ラザニアみたいなものが人気みたいなのでそれを頼むことにした。


パンと一緒に食べるとまたあう!photo by Misaki Naka

料理の名前が独特だったので、店員さんに聞いた彼。英語のわからない私はちんぷんかんぷんだけど、なんか話が弾んでいる。どうやら「シャクシューカ」という中近東でよく食べられている料理なんだって。店員さんに横柄な態度を絶対に取らない彼はいつも好印象。

食後にブラブラ街を散策していると、「あ、手作りの製本所があるよ!」と彼が私の手を引いた。案内してくれたのは「Dutybound」というとてもレトロなお店。昔ながらの方法で本やノートを作ったり、鉛筆に刻印をしてくれるサービスもあるらしい。早速大好きなキウイのポストカードを購入した。


色んな動物のノート、ポストカードがありました。photo by Misaki Naka


photo by Misaki Naka

もっと見る

 

クラシックカーを貸し切りドライブへ


本当に笑顔がチャーミング!photo by Misaki Naka

ランチを食べた後はなんとクラシックのチャーター。しかもジャガー。すごい!何だかセレブになった気分!運転手は笑顔が微笑ましいミスタースティーブ。

「昔は日本人がたくさん結婚式の時にクラシックカーを利用していたんです。今は利用が少なくなって寂しいんですよ」と、ドライバーのスティーブさんが笑顔で言った。

「じゃあ来年あたり、また利用してみる?」

「それって、結婚式で?笑(もしかして、もしかして……?)」


ニュージーランドで一番最初に設立された大学。photo by Misaki Naka

「じゃまずはオタゴ大学に行くよ!」

話をそらされてしまったが、ジャガー車は中心地から少し離れたオタゴ大学へと向かった。オタゴ大学はニュージーランドで最も古い大学だって。ここもモノクロの感じが秋の景色とクラシックカーにあってる!

次に向かったのは世界で一番急な坂道、「ボールドウィンストリート」。


カメラを道路と平行にして撮影すると人物が傾いているように撮れる。photo by Misaki Naka


車は一気に駆け上がります。photo by Misaki Naka


体力がない私は絶対ここに住めない!photo by Mikako Kozai

「ここ、写真ではなかなか伝わりにくいよね」、と言いながらマイケル・ジャクソンみたいなトリック写真を撮って笑いあったり。真面目そうに見えてこういうふざけたことも一緒にはしゃいでやってくれる、そんな彼が大好き!

さすが世界一の坂道というだけあり、体力がない私は少し息切れ。そっと手をさしのばしてくれる彼の手は少しゴツゴツしていて大きい。

なんとこの坂道では夏にチョコレートを転がして誰が一番早いかを競うお祭りがあるらしい!

次はネオゴシック様式の「ファースト教会」。そびえ立つ尖塔が出迎えてくれた。


工事中だったけど中には入れました。photo by Misaki Naka


photo by Misaki Naka

教会の中には可愛いバラ窓が。中には誰もおらず静かな空気が流れていた。お互い口数は少ないけれど、沈黙も心地よく感じることができる相手は私にとって大切だ。


photo by abe saxophone

 

長い年月をかけて蘇った美しい庭園


photo by Misaki Naka

お次はラーナック城。意外にもニュージーランド唯一のお城で、現在はお城を購入したベイカーさんの個人所有になってるみたい(お城所有ってすごい)。購入した当時は庭は荒れ果て、お城の中も雨水は漏れるはどうにもこうにもボロボロの状態だったみたいだけれど、今は見事なお城と庭園になったんだって。

車内でエド・シーランの「Castle on the hill」が流れてきた時、「この曲!これはラーナック城に向かう時に作った曲らしいよ!」と彼が得意そうな表情で教えてくれた。

なんでも信じてしまう私は大興奮だったが、彼の作り話だった。怒る私を横目に、いたずら好きの彼は目尻の横にシワを作ってケラケラ笑っていた。出た。いつものずるい笑顔だ!

それではお聴きください。エド・シーランで「Castle On The Hill」

それにしても、50年をかけてここまで見事なお城に復活を成し遂げたベイカーさんには本当にあっぱれ。近くにもお城があって、かつては派閥争いしてたみたいだけれど今は廃墟。そこも誰かが手入れしてたらこんなに綺麗な場所になってたのかなぁ。

「オタゴサマーフルーツ」をチョイス。とってもフルーティ!photo by Misaki Naka

舞踏会の会場として今でも使われることがある部屋で、お上品なアフターヌーンティをいただいた後はお城の散策へ。


コテージからの眺め。photo by Misaki Naka

宿泊もできるみたいで、次はこんな大自然を目の前にしたところに泊まってみたいなぁ!

そして、何やら当時お城に住んでたラーナック家の家系図は複雑らしい。

「俺たちはこんな複雑な家庭にしたくないよね〜」って。それってもしかして、もしかして……?

■詳細情報
・名称:Larnach Castle
・住所:145 Camp Road,Dunedin,New Zealand
・アクセス:ダニーデンの中心部から車で約20分
・営業時間:午前9時より最終入場は午後5時。カフェは毎日9時30分から午後4時まで
・定休日:年中無休
・公式サイトURL:https://www.larnachcastle.co.nz/

 

一日の締めくくりはここで


photo by Misaki Naka

その日のディナーは「グレンファロック・ガーデン」へ。なんと、トリップアドバイザーでダニーデン部門で一位を受賞し続けている人気のレストランなのだ。お店の前のライトアップも店内にある暖炉もとっても素敵でスタッフの方もフレンドリー。


photo by Misaki Naka

■詳細情報
・名称:Glenfalloch Restaurant & Gardens
・住所:430 Portobello Road Macandrew Bay, Dunedin,New Zealand
・営業時間:ランチ(水)〜(日)9:30〜15:30、ディナー(木)〜(土)17:00
・公式サイトURL:http://www.glenfalloch.co.nz/

前菜のサーモンはお花みたいな盛り付けだし、メインのオーストリッチ(ダチョウのお肉)もほっぺたが落ちそうなぐらい美味しいし。野菜は100%オーガニックのものを使用してるんだって。


photo by Misaki Naka


photo by Misaki Naka

あっという間の一日だったけど、スコティッシュ建築が可愛い街並みも、海が近いところも、自然が豊かなところも、おしゃれでオーガニックカフェが多いところも。一日にしてすっかりこの街が好きになってしまった。明日は野生の動物に会えるツアーに参加するらしい!動物好きの私にはたまらないプランだった。(キウイに会えるといいな)

デザートまで来た時、彼が真剣な表情になった。

「寂しい思いをさせてごめんね。」

私が寂しがりやなことを知っている彼は、ずっと気にしてくれていたのだ。

「来年、日本に帰国することになったんだ。そしたら……」

 

ここまで読んでくれた方は彼氏候補

 photo by Sachiyo Koizume

はい。ということで、こんな妄想デートに付き合っている方を募集しております!!!

もっと見る