どうも、こんにちは!「くらしをつくる」をテーマに世界一周中のコバヤシヨシトモ(@lifeof11)です。今回は、オーストラリアはメルボルンのストリートアート巡りの紹介です!

メルボルンでは、ストリートアートが観光の目玉の一つになっています。中心地には全部で15箇所、ストリートアートが集ったスポットがあり、ハイレベルなグラフィティーから、個性的なアート作品まで様々あります。

しかも、全部まわっても徒歩で2〜3時間程度なので、僕のオススメの観光スポットです!

そんなメルボルンのストリートアートを、画像とGoogleマップのリンクをつけて簡単に巡れるようにまとめましたので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

オーストラリアのストリートアート

オーストラリアでは、スプレーペイントまたはグラフィティのことを「ストリートアート」と呼び、アート作品の一つとして認識されています。僕がファームステイした先のおばあちゃんですら、「これはストリートアートっていうアート作品なんだよ」と言うくらい、オーストラリアではアート作品として認知されています。

それでは早速、ストリートアート特集へいきましょう!

 

1.AC/DC Lane and Duckboard Place

はじめに紹介するのは、一番クオリティの高いエリア!めちゃくちゃデカイ作品から、ビックリするほどリアルな作品まで、ハイクオリティな作品がそこら中に描かれています!

見に来た人たちはみんな、お気に入りのアートの前でカッコつけて写真を撮りまくる、フォトジェニックなエリアになっています。

 

2.Hosier and Rutledge lanes

一つ前のエリアとは取って代わり、クオリティよりも本当に落書きだらけの通りという感じで、裏路地の各通りが落書きだらけになっています。

もう、前に書いている人の作品なんてお構いなしに、書き殴る。ストリート感が半端ないエリアですね。

 

3.Centre Place

すみません。ここはストリートアート作品が見つけられず、写真がないです!

ここの通りは裏路地の商店街なので、シャッターが降りれば、ストリートアートばかりになるのかも知れませんが、昼間の捜索では見つけられず……。申し訳ないです!

 

4.Flinders Court

こちらは、大通りから一つ曲がるとある通りなのですが、作品数は少ないものの、クオリティーの高いものが、チラホラとあります。

作品の立体感などを見てると、やはりアートとしてレベルが高いですね。

 

5.Union Lane



ここは二番目と同じ雰囲気で、ガチャガチャした落書きだらけで、ストリート感が半端ないです!

このストリート感ですが、いい感じにヤバさを演出してて、それがまたかっこいいです。

 

6.Presgrave Place 

太い通りから細い路地に入り、さらにもう一度曲がるとある、穴場スポット。

そして、これまでのスプレーアートから変わって、「額縁がテーマ」のような作品ばかりで、なぜこうなっていったのか、気になって仕方がないです。

 

7.Russell Place

こちらも行った時は作品が全然見つけられなかったのですが、記事を書くにあたり、もう一度確認してたら、見つけました。

このビルに書かれた、デカイ少女がここの作品のようです。なぜこんなデカイものを見落としたのか、今となっては謎で仕方ないです。

 

8.Croft Alley

ここは、裏路地の奥地にあるバーへと続く壁一面がストリートアートになっていました!

全部クオリティ高めで、カラフルなデザイン、ポップなデザインが多く楽しい場所です!

もっと見る

9.Stevenson and Tattersalls lanes

「ストリート感半端ない」エリア、その3ですね。夜には近寄りたくないような飲食店の裏路地なので、もちろん昼間に行くのをオススメします。

 

10.Drewery and Sniders lanes

こちらは「陶器がテーマ」のエリアになっており、壁一面に陶器で作られた作品が貼られています。

様々なデザインの陶器にメッセージが込められているので、一つ一つ見て行くと面白いですね。

 

11.Caledonian Lane

「ストリート感半端ないって」、その4ですね。メルボルンの中心地なので、治安は大丈夫なはずですが、なんでしょうかこのスラム感は。

「ストリート感、半端ないって!ここ半端ないって!後ろから誰か絶対襲ってくるもん!こんなところ普通怖くて歩けへんやん!歩くやつおる?言っといてや。歩くんやったら!」

そんなセリフか聞こえて来そうな、ストリート感が半端ない、エリアでした。

 

12.Corner 361 Little Bourke Street and Rankins Lane

ここは、アパレルショップの集まるエリアの、ストリートアート。

可愛い作品から、石で作られたロボットのようなアート作品など、ファッションエリアだけあって、おしゃれな作品も多く、写真を撮っている人が多くいました。

 

13.Finlay Lane

ここは、かなり見つけにくい場所でした。

倉庫へ続くトンネルのようになっている場所で、入って行くと壁や天井にストリートアートがたくさん書かれていました。

 

14. Behind corner of Queen and Franklin streets

ここは、レベルの高い作品から、面白い作品まであり、15のエリアの中でも2番目に、クオリティの高いエリアです!

「スプレーって、こんなにリアルに書けるの⁉︎」そう思ってしまうような作品ばかりで、かなりテンション上がります!

 

15.Blender Lane

All photo by Yoshitomo Kobayashi

「マツ○デラックス? ピ○チュウ? ド○ルド?」ここは、そんなキャラクターものが多いエリアです。クオリティも高いのですが、特徴はやはり奇妙なキャラクターのストリートアートが多いこと!

奇妙なキャラクターばかりなので、見ていて楽しくなってくるようなエリアでした。

 

ストリートアート巡りのまとめ

以上が全15箇所、メルボルンのストリートアートスポットの紹介でした!僕のオススメは、1、6、8、12、14、15ですね。日本にいると、ここまでレベルの高い作品には出会えないので、メルボルンに行った際は、ぜひ見に行ってみてください!

スプレーとは思えない、作品の数々。どうやって描いたのかと思うような巨大な作品。クスッと笑ってしまうようなギャグ路線の作品など、様々ありますので、無料の芸術鑑賞としては、もってこいですね!

最後に、ストリートアートの観光マップのPDFデータがあったので、リンクを貼っておきます。

▶︎https://whatson.melbourne.vic.gov.au/Placestogo/PublicArt/Documents/Street_Art_Map_May_2016.pdf

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。これからも、マニアックな旅情報を発信していくので、よろしくお願いいたします。

もっと見る