皆さんは、オーストラリアにあるタスマニア島に訪れたことがございますか?オーストラリア南東部にある、小さくて美しい島といわれるタスマニア島。世界で最もピュアな場所と称されることもあり、自然が好きな方に特に人気が高いです。

エメラルドグリーンに輝くビーチ、山や緑など美しい大自然、そしてタスマニアデビルをはじめ、ウォンバット、ワラビーなど野生動物の宝庫としても有名で、見所満載の場所です。

それでは今回は、そんなタスマニア島の基本情報や成田からのアクセスと、訪れるべきおすすめ観光スポット21選を合わせてご紹介していきます。

 

タスマニア島の概要

photo by shutterstock

タスマニア島は、オーストラリア大陸の南東にある島で、ニューサウスウェールズ州やビクトリア州などとともに、オーストラリアを構成する一州です。州都はホバートで、オランダ人タスマンが 1642年 に発見した島としても知られています。面積は北海道よりも少し小さいぐらいですが、起伏が多く、オーストラリア国内においては最も山の多い地域です。

 

タスマニア島の歴史

photo by shutterstock

タスマニア島は、先にご紹介したオランダ人の探検家・タスマンが最初に発見した後、当時のオランダ東インド会社総督ヴァン・ディーメンにちなんで「ヴァン・ディーメンス・ラント」と命名されていました。しかしその後、後に移住したイギリス人により、タスマニア島と改名されました。

豊かな自然を持つタスマニア島ですが、囚人植民と先住民との戦いなど激しい歴史を持つ場所でもあり、特に1820年代には、「ブラック・ウォー」と呼ばれる厳しい戦争状態にありました。植民者側の強硬な策に動揺した先住民たちはフリンダース島へ移住しましたが、生活環境の劣悪さや疫病などにより、しまいには絶滅してしまいました。

 

タスマニアのグルメ

photo by shutterstock

オーストラリア本土の南方海上に位置するタスマニア州は、世界最上級の冷気候ワイン、ビール、新鮮な産物といったグルメで知られています。またおいしくて新鮮なカキから、ブルーニー・アイランド・シードル、ビーチでのチーズ、チョコレート、はちみつに至るまで、新鮮な農水産物が有名なので、タスマニアを訪れたならぜひ色々挑戦してみてください。

 

成田からのアクセス

photo by shutterstock

成田からタスマニア島への直行便はありませんので、シドニーやメルボルンなどの都市を経由して行くことになります。シドニーからタスマニアのホバートまでは飛行機で約2時間、メルボルンからは飛行機またはフェリーでアクセスすることができます。飛行機なら1時間、フェリーは10時間ほどでタスマニア島に到着します。

続いて観光スポットについてご紹介します。

 

シェフィールド

ロンセストンとクレイドルマウンテン国立公園の中間にある小さな街・シェフィールドは、街中にある建物という建物に壁画が描かれていることで有名な場所です。そのほとんどは地元の画家ジョーン・レンディス氏の作品で、この壁画を見にこの街へと足を運ぶ人も多いといいます。

■詳細情報
・名称:シェフィールド
・住所:Sheffield, Tasmania
・公式サイトURL:http://sheffieldmurals.com

 

マウントフィールド国立公園

自然が豊かなタスマニア島の中でも、最も古い国立公園として知られているマウントフィールド国立公園。うっそうと茂る原生雨林を歩いて行くと、落差40メートルにも及ぶ階段状の滝・ラッセル滝が目の前に姿を現します。アウトドア好きな方におすすめのスポットです。

■詳細情報
・名称:マウントフィールド国立公園
・住所:Tasmania, National Park, Lake Dobson Rd, Australia
・公式サイトURL:http://www.parks.tas.gov.au/index.aspx?base=3589

 

ブルーニー島

Australiaさん(@australia)がシェアした投稿 – 12月 22, 2017 at 2:20午前 PST

いまだ手付かずの自然が残り、水鳥やフェアリーペンギン、野生の白ワラビーなど、様々な野生動物に出会えることでも人気のブルーニー島。ツアーやエコ・クルーズなどに参加すると、野生動物を観れる確率がアップします。

■詳細情報
・名称:ブルーニー島
・住所:Bruny Island
・公式サイトURL:http://www.brunyisland.org.au

 

ブリッジストウラベンダーファーム

タスマニアはラベンダーの栽培が盛んであり、タスマニア産のラベンダーオイルは品質が良いことで有名です。このブリッドストウラベンダーファームは南半球最大の広さを持つもので、ピークシーズンにはファーム一面が美しい紫色へと染まります。

■詳細情報
・名称:ブリッジストウラベンダーファーム
・住所:296 Gillespies Road Nabowla, TAS 7260
・公式サイトURL:https://bridestowelavender.com.au

 

ロンセストン

ホバートに次ぐタスマニア州第 2 の都市・ロンセストン。規模はこじんまりとしておりながら、自然が豊かな美しい街として人気です。特に市内中心部から歩いて 5 分ほどの場所にあるカタラクト渓谷が人気なので、ぜひ足を運んでみてください。

■詳細情報
・名称:ロンセストン
・住所:Launceston, Tasmania

もっと見る

フレシネ国立公園

タスマニア島の東海岸に位置するフレシネ国立公園は、純白のビーチとターコイズ色の海が美しいと評判の観光スポットです。 三日月型の湾はまるで絵画のような青さが広がり、その美しさには思わず心を奪われます。

■詳細情報
・名称:フレシネ国立公園
・住所:Coles Bay Rd, Coles Bay TAS 7215
・公式サイトURL:https://www.discovertasmania.com.au/about/national-parks-and-wilderness/freycinet-national-park-wineglass-bay

 

ウエリントン山

ホバートの背景に堂々とそびえるウェリントン山。標高 1270m の高さを持ち、港の後ろにそびえ、眼下にダーウエント川の河口一帯を見下ろしています。この頂上展望台は、ホバートの周辺部の一帯をパノラマで展望できる素晴らしい絶景ポイントとしても知られています。

■詳細情報
・名称:ウエリントン山
・住所:Pinnacle Rd, Wellington Park TAS

 

バッテリーポイント

バッテリーポイントは、19世紀のジョージア様式の古い建造物が並ぶ、豪州で最も古い住宅地域の一つです。ホバートの港に面した小高い丘の一角で、かってこの丘に港を守る砲台が作られていたことから、この名前で呼ばれるようになりました。

■詳細情報
・名称:バッテリーポイント
・住所:Pinnacle Rd, Wellington Park TAS

 

サラマンカプレイス

サラマンカプレイスは、ウォーターフロントの倉庫街で、1830年代には羊毛や輸入品などを貯蔵していました。ここは毎週土曜日、サラマンカ・マーケットが開催されており、約 700m ほどの通りにはびっしりと屋台が並び、タスマニア在住のアーティストが作る芸術品、民芸品や工芸品特産品、お土産品、古本などが購入できます。

■詳細情報
・名称:サラマンカプレイス
・住所:Salamanca Pl, Battery Point TAS

 

ボノロングワイルドライフサンクチュアリ

ボノロング ワイルドライフ・サンクチュアリは、タスマニアにある自然保護公園です。動物園とは違い、動物の保護施設として利用されており、数多くのオーストラリア固有の動物に触れることができます。

■詳細情報
・名称:ボノロングワイルドライフサンクチュアリ
・住所:593 Briggs Rd, Brighton TAS

 

MONA美術館

MONA (ミュージアム・オブ・オールド・アンド・ニューアート)は、大富豪ディビッド・ウォルシュが個人で集めたコレクションを展示している、オーストラリア最大の私設美術館です。館内には膨大な数の作品コレクションとグランドデザインが展示されており、見応えがあっておすすめです。

■詳細情報
・名称:MONA美術館
・住所:655 Main Rd, Berriedale TAS

 

サウスウエスト国立公園

サウスウエスト国立公園は、タスマニア島最大の公園です。ここはオーストラリア自然保護区の一つ、タスマニア原生地域であり、世界遺産にも登録されています。タスマニア固有の針葉樹ヒューオンパインを主体とする森林や、内陸に深く入り込んだバサースト湾、ペダー湖など見所が多くおすすめです。

■詳細情報
・名称:サウスウエスト国立公園
・住所:Tasman National Park TAS

 

クレイドル山=セント・クレア湖国立公園

Discover Tasmaniaさん(@tasmania)がシェアした投稿 – 11月 4, 2017 at 10:08午後 PDT

タスマニア州の北西地域にある広大な国立公園で、ユネスコの世界遺産にも登録された山岳地帯です。標高 1614m と、タスマニア最高峰のオッサ山を中心に 1500m 以上の山々が並び、神秘的な自然美に溢れています。また野生動物なども多く、まさに大自然の宝庫です。

■詳細情報
・名称:クレイドル山=セント・クレア湖国立公園
・住所:Cradle Mountain-Lake St Clair National Park TAS

 

ポートアーサー

ポートアーサーは、2010 年に、UNESCOの世界遺産「オーストラリアの囚人遺跡群」の一つとして登録されています。1830~1877 年の間に、重罪人や植民地での犯罪者など、1 万人以上がここに送り込まれました。当時の独房や石造りの教会などが今も残っており、タスマニア島の歴史を感じることができます。

■詳細情報
・名称:ポートアーサー
・住所:Port Arthur TAS

 

タスマン国立公園

タズマン国立公園は、小規模ながら国内で訪問者が最も多い国立公園です。オーストラリアで唯一海に面している国立公園とあって、黄金色の砂浜や風光明媚な景色が眼下に広がり、生い茂る樹木がつたうトレッキングコースはとても人気があります。

■詳細情報
・名称:タスマン国立公園
・住所:Tasman National Park TAS

 

Machine Laundry Cafe

こちらのカフェはその名の通り、店内に洗濯機がずらりと並んでいるユニークな場所です。特におすすめなのがチョコレートブラウニーで、店内ですべて手作りしているだけあって味は絶品!地元の人からも人気の高いカフェです。

■詳細情報
・名称:Machine Laundry Cafe
・住所:12 Salamanca Square, Battery Point

 

Pilgrim Coffee

一見こじんまりとしたカフェに見えますが、店内は L 字型となっており、意外にも広々としています。ここのおすすめはこだわりのコーヒーで、地元のコーヒー愛好者にも人気の場所です。内装はレンガと木目調で落ち着いており、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

■詳細情報
・名称:Pilgrim Coffee
・住所:48 Argyle St, Hobart

 

Small-fry Hobart

おしゃれなカフェが大好きというあなたは、ぜひ Small-fry Hobart へと足を運んでみてください。ここはカウンター席しかない小さな店舗ですが、その分お客さんとスタッフの距離が近く、至近距離でおいしそうな料理が完成していく様子を見ることができます。

■詳細情報
・名称:Small-fry Hobart
・住所:3/129 Bathurst Street, Hobart, Tasmania
・公式サイトURL:http://small-fryhobart.com.au

 

Pigeon Hole Cafe

現地の旬の食材を使った料理が絶品と評判のカフェ、Pigeon Hole Cafe。地元民にも人気の場所で、常連客も多いのだとか。お店も料理もおしゃれでインスタ映えすること間違いなしです。

■詳細情報
・名称:Pigeon Hole Cafe
・住所:93 Goulburn Street, West Hobart
・公式サイトURL:https://www.thepigeonholecafe.com

 

DACI & DACI BAKERS

DACI & DACI BAKERS は、ケーキがおいしいと人気のカフェです。ショーケースにずらりと並んだケーキは、まるで宝石のようにキラキラと輝いています。コーヒーやラテなどのドリンクとともに、絶品ケーキを味わってみてください。

■詳細情報
・名称:DACI & DACI BAKERS
・住所:11 Murray Street, Hobart, Tasmania 7000
・公式サイトURL:http://dacianddacibakers.com.au

 

Berta

市内から少し離れた場所にあるカフェ Berta は、インスタ映え抜群のおいしそうな朝食が人気の場所です。ポーチドエッグやサラダ、ブルーベリーホットケーキなど、どれも絶品でおすすめですよ♪

■詳細情報
・名称:Berta
・住所:323A Elizabeth St, North Hobart Tasmania 7000
・公式サイトURL:https://www.bertahobart.com.au

 

自然が大好きな方におすすめ!タスマニア島

自然豊かなオーストラリアの中でも、今なお手付かずの雄大な自然が残る美しい島として知られるタスマニア島。国立公園はもちろんのこと、街を歩いているだけでもその自然の豊かさを肌で感じられるはずです。

今回はタスマニア島の定番観光スポットから、おしゃれなカフェまでバラエティーに富んだおすすめスポットを紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

もっと見る