近年人気が急上昇している旅先、キューバ。キューバといえば、首都ハバナやビーチリゾートのバラデロが有名ですが、「町全体がフォトジェニックで可愛い!」と海外からの旅行者の間で人気が高いのが、キューバ中部に位置する「トリニダー」という町です。

今回は、キューバに語学留学していた筆者が、実際に訪れて感じたトリニダーの魅力をご紹介します!

キューバ・トリニダーの基本情報

トリニダー(Trinidad、トリニダードと表記することも)は、キューバ中部のサンクティ・スピリトゥス州にある歴史ある町です。

奴隷貿易とプランテーションにより、栄華を誇った19世紀の面影をそのまま残した古い町並みと、近郊にある「ロス・インヘニオス渓谷」が、ユネスコの世界遺産に登録されています。

町自体は丘の上に築かれていますが、タクシーで20分ほどで緑が美しい自然豊かな渓谷へもアクセスでき、町歩きと自然系アクティビティの両方を楽しめる場所です。

カラフルな町並みがフォトジェニック

トリニダーの町は、カラフルでレトロな雰囲気のある建物ばかり。どこを切り取ってもフォトジェニックな写真が撮れます!

上野写真の中央奥に見える黄色いタワーのような建物は、現在は革命博物館として使われていますが、もともとは修道院として建てられました。

町のシンボル的な存在であり、キューバの25センターボコインにもその姿が描かれています。黄色とオレンジの色使いがなんともキューバ的で印象的です。

民芸品市場でかわいい雑貨やお土産探し

町の中心部のいくつかの通りでは、青空民芸品市場が開かれていて、そこで売られている雑貨や小物もまたカラフルでとっても可愛いものばかり!

マグネットやキーホルダーなどの他に、木の扇子や葉巻ケースなど、キューバらしいお土産もたくさん売られています。ハバナ旧市街などよりも、やや安く売られている印象だったので、お土産を購入するならトリニダーのほうがいいかもしれません。

また「ファゴッティング」と呼ばれる特殊な技法の刺繍で作られるレースも、トリニダーの名産品です。ハンドメイドの一点物ばかりなので、お気に入りのデザインを見つけられたら迷わずゲットすることをおすすめします!

世界遺産の渓谷で絶景ホースライド

トリニダーの町と共に世界遺産に登録されているのが、町から約12キロメートルほど離れた「ロス・インヘニオス渓谷」。緑と川が美しい景勝地ですが、ここはかつてサトウキビの巨大プランテーションがあった場所で、奴隷を監視するための見張り塔などが今でも残っています。

ロス・インヘニオス渓谷のアクティビティで人気が高いのは、渓谷の中を馬に乗って1時間~半日ほど散策する乗馬ツアー。美しい景色を、いつもの目線より数段高い所から眺めるのは最高の気分です!

乗馬ツアーは、トリニダーから渓谷への送迎も含まれていることがほとんどで、町の中心部のツアー会社などで予約できます。

■詳細情報
・名称: ロス・インヘニオス渓谷(Valle de los Ingenios)
・地図: ・アクセス:トリニダー中心部からタクシーで約20分
・料金:入場料2CUC(=約220円)

もっと見る

本場のサルサと特産のカクテルに酔いしれる

キューバのダンスといえば「サルサ」ですが、トリニダーにもサルサショーを楽しめる場所がたくさんあります。

筆者のオススメは町の中心部に位置する「カサ・デ・ラ・ムシカ」です。サルサを中心としたキューバ音楽とダンスのショーが行われている、完全オープンエアのバーで、毎晩多くの観客が集まり大盛況。

写真はカサ・デ・ラ・ムシカ昼間の様子。夕方ごろからこの階段に多くの人が集まり活気づきます。

トリニダーの特産「カンチャンチャラ」という、ラム酒のようなサトウキビの蒸留酒に、ハチミツとレモンを加えた爽やかなカクテルを片手に、本格的なサルサパフォーマンスが楽しめます。

■詳細情報
・名称: カサ・デ・ラ・ムシカ(Casa de la Musica)
・住所:Calle Cristo, Trinidad 62600
・地図: ・アクセス:町の中心マヨール広場から徒歩1分
・電話番号:+53 5 3385355
・料金:入場料2CUC(=約220円)
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/CasaMusicaTrinidad/

非日常感がすごい!洞窟の中のクラブで朝まで踊る

トリニダーの周辺には洞窟が数多く存在し、なんと洞窟を利用したクラブまであるんです!

洞窟クラブ「ディスコ・アヤラ」は、洞窟の入口から階段を降りていくと、急に開ける広いスペース全体がダンスフロアになっています。音楽のジャンルは、ラテンアメリカで若者に絶大な人気を誇る「レゲトン」や、アメリカのEDMがメイン。客層は欧米からの観光客が大半ですが、地元のキューバ人も遊びに来ていました。

壁が崩れてこないかと一瞬不安になりますが、洞窟の中という非日常感がクラブの楽しさを助長してくれます!

この珍しいクラブをぜひ写真でご紹介したかったのですが、残念ながらクラブ内が暗すぎて撮影できず……。内部を見たい方はぜひ実際にクラブを訪れてください!

■詳細情報
・名称: ディスコ・アヤラ(Disco Ayala)
・住所:Trinidad 62600
・地図:
・アクセス:町の中心マヨール広場から北東に徒歩15分
・営業時間:23:00~3:00
・定休日:無休
・料金:入場料5CUC(=約550円)

トリニダーへのアクセス

最後にトリニダーへのアクセスを紹介します。ハバナから乗り合いタクシーで約5時間(相場25~30CUC=約270~330円)、ビアスール社のバスでは約6時間半(25CUC=約270円)。日帰りではなく宿泊がおすすめです。

また、キューバのタクシーはクラッシックカーでも普通車でも、同じ値段に設定されていることが多いので、タクシーを予約する際に希望を伝えて、運が良ければレトロかわいいクラッシックカーに乗れるかもしれません!

トリニダーの町の中と周辺にはホテルが数件ありますが、人気観光地のため、事前に予約しておくことをおすすめします。キューバで盛んな民泊は町中の至る所にあり、現地でも簡単に見つけることができるでしょう。

また、ハバナやバラデロから、トリニダーへの宿泊プラン付きツアーに参加するという手もあります。

トリニダーで一味違うキューバ体験を

キューバの注目スポット「トリニダー」は、町全体がとにかくカラフルで可愛く、フォトジェニックな旅がしたい人にはぴったりの旅先です!また、トリニダーはハバナよりも治安が良く、もちろん注意は必要ですが、一人旅や女子旅でも比較的安心できます。

キューバ旅行の際には、定番のハバナやバラデロだけでなく、トリニダーもぜひ旅程に加えてみてはいかがでしょうか。都市ともビーチリゾートともまた違った、古き良き面影を残すキューバの新たな一面が見られるはずです!

もっと見る