The New York Timesが2017年1月に発表した「2017年に行くべき旅行先52」の中で、2017年に建国150年を迎えるカナダが第1位に選ばれました!

今回は「ナイアガラの滝」や「カナディアンロッキー」など、大自然の魅力溢れるカナダ。そんなカナダの絶景観光スポットをご紹介したいと思います。

*編集部追記
2016年2月に公開された記事に新たに追加しました(2017/10/21)
2017年10月に公開された記事に新たに追加しました(2018/01/09)
2018年1月に公開された記事に新たにスポットを追加しました(2018/6/18)
2018年6月に公開された記事に新たにスポットを追加しました(2018/10/14)

執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

カナダに行ってみての感想

photo by shutterstock

私は以前、ワーキングホリデーを利用して1年ほどカナダに住んでいました。自然が多く人も親切なカナダは、とても住みやすく、1年だけじゃなくもっといたい!と思ったほどでした。

カナダには、カナディアン・ロッキーやナイアガラの滝など世界でも有名な絶景スポットが数多くあり、カナダ人も自然好きな人が多いイメージです。キャンプも人気ですし、休日になると国立公園に遊びに行く友達もいました。街中の公園も大きく緑豊かで、私も休みになるとよく出かけていました。

私個人の印象ですが、カナダ人はアメリカ人に比べて自己主張が強すぎず、とても話しやすいです。ワーホリ、留学、移住など長期でカナダに住む日本人も多いので、興味のある方は、まず旅行がてら短期間訪れてみて移住を検討してみるのもおすすめです。

 

観光する際のアドバイス

photo by pixta

カナダはそれほど治安が悪くないですが、それでも日本に比べれば犯罪発生率は約5倍の水準となっており、あまり気を抜いて旅行することはできません。特にスリや置き引きなどの軽犯罪には注意が必要です。

物価はそれほど高くありません。日本と同じくらいか、それより少し高めを想定しておけば良いでしょう。野菜と果物は安いので、自炊すればかなり節約できます。

衛生面も良く、水道水もそのまま飲めます。世界一生活しやすいとも言われる国なので、それほど心配しなくて大丈夫です。

 

キャピラノ吊り橋

photo by pixta

スコットランド人の開拓者がインディアンとともにつくり上げた、キャピラノ川に架かる吊り橋。橋は長さ140m、川からの高さは70mで30階建てのビルの高さに相当する。

下を見れば轟音とともに流れるキャピラノ川、温帯雨林に生きるシカやクマたち。人が少し歩くたびにゆらゆらと揺れる吊り橋で、見えるのは絶景、聞こえるのは絶叫。あなたは渡りきることができるだろうか?

■詳細情報
・名称:キャピラノ吊り橋
・住所:3735 Capilano Rd, North Vancouver, BC V7R 4J1 カナダ

 

カナディアン・ロッキー

photo by pixta

ロッキー山脈の中でもカナダ国内の部分を指し、別格の風景。いっそう険しく切り立つ山々、手つかずの森、1万年前から残る氷河、「ロッキーの宝石」ともいわれる美しい湖など、悠久の時がつくり出した大パノラマは圧巻。

カメラを持って歩けばどこを切り取っても絵になる、カナダの誇る世界遺産。極寒のトレッキングのあとはロッジの暖炉で体を温め、厚い羽毛布団にくるまれて眠る至福の時を。

■詳細情報
・名称:カナディアン・ロッキー
・アクセス:カルガリーから、カナディアンロッキー最大の町バンフまで車で約1時間40分

 

ケベックシティー

photo by pixta

カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州を分ける国境になっている。豊富な水力資源と景観の美しさで知られ、カナダ側の国境を挟んだカナダ滝とアメリカ側のアメリカ滝から成る。

訪れた際はぜひ、遊覧船「霧の乙女号」の乗り、滝つぼクルーズに出発しよう。ナイアガラの水しぶきを浴びながら、大迫力の瀑布を味わうことができる。

■詳細情報
・名称:ケベックシティー
・住所:L’Isle-aux-Coudres, QC G0A 2A0、カナダ
・公式サイトURL:http://www.quebecregion.com/en/quebec-city-and-area/old-quebec/

 

イエローナイフ

photo by pixta

カナダのノースウエスト準州の州都。多くの旅人がオーロラを臨むために訪れる一大スポット。大きな凍った湖に防寒ウェアを着込んで寝転べば、そこは無数の星が瞬くプラネタリウムが広がる。

やがて、その星空に何枚ものヴェールをかけるように現れるオーロラ。赤、ピンク、青、緑。美しい色を放ちながら形を変えていく光のヴェールに旅人たちは白いため息を漏らす。

■詳細情報
・名称:イエローナイフ
・住所:Yellowknife,Canada
・公式サイトURL:http://www.canadaauroranetwork.com

*編集部追記(2018/06/18)
以下、本書籍に掲載されていない観光スポットの一覧となります。

 

グラスマウンテン

バンクーバー市街地からのアクセスが良いグラウスマウンテンは、無料バス、公共バスも使えて便利。

ゴンドラに乗って頂上まで行くと四季折々のバンクーバーの景色が楽しめるほか、アメリカの山並みや太平洋も望めます。

■詳細情報
・名称:グラウスマウンテン
・住所:6400 Nancy Greene Way, North Vancouver, British Columbia V7R 4K9
・公式サイトURL:https://www.grousemountain.com/

 

ジャスパー国立公園

photo by pixta

「カナディアン・ロッキー山 脈自然公園群」の一部であるジャスパーは、世界第2位のダークスカイ保護区として認定されています。毎年10月には「ダークスカイ フェスティバル」が開催。星空撮影 会や宇宙飛行士のトークショーなどのイベントも多く行われます。

2017年は10月13日〜22日にかけて 開催予定です。

■詳細情報
・名称:ジャスパー国立公園
・住所:607 Connaught Dr Jasper, Alberta T0E 1E0
・公式サイトURL:http://www.pc.gc.ca/eng/pn-np/ab/jasper/index.aspx

 

バンフ国立公園

photo by pixta

絶景スポットの宝庫であるバンフ国立公園は、カナダで一番最初に国立公園として指定されました。まるで宝石を溶かしたかの様に美しいモレーン湖をはじめ、レイク・ルイーズの町やグリズリー・ベアがよく出没するボウ湖など、見所がいっぱいありますよ。

■詳細情報
名称:バンフ国立公園
住所:Parks Banff Information Centre,224 Banff Avenue Banff,Alberta TOL ,Canada
アクセス:カルガリー国際空港からバスで約2時間。

もっと見る

 

アブラハム湖

photo by pixta

バンフ国立公園の近くにあるアブラハム湖は、19世紀につくられた人工湖。人間によって自然に放たれた湖水は、厳しい大自然の中で1つの芸術を生み出しました。真冬の凍てついた湖に現れるのは、水中で凍りついた無数の泡(アイスバブル)。実はこれは、湖から発生するメタンガスの気泡が地表に出られずに閉じ込められて凍ったもの。

何層にも重なった泡が幻想的な世界をつくり出しているのです。シーズンは12月~4月。実際に湖の上を歩くこともできるので、亀裂には十分注意しながら、地球の神秘を目撃したいですね。

■詳細情報
・名称:アブラハム・レイク(Abraham Lake)
・住所:Abraham Lake,Clearwater County,AB,Canada
・アクセス:バンフから車で約2時間半
・オススメの時期:12月〜4月

 

プリンス・エドワード島

photo by pixta

モンゴメリの作品である「赤毛のアン」の舞台が、このプリンス・エドワード島です。ここは、島まるごと絶景ポイントの宝庫と言っても過言ではありません。

■詳細情報
・名称:プリンスエドワード島
・アクセス:トロントから州都シャーロットまで飛行機で2時間
・公式サイトURL:https://www.tourismpei.com/jp/home

 

メープル街道

photo by pixta

ナイアガラ方面からケベック・シティーに向かう道が、このメープル街道です。メープル街道の紅葉を見たいなら9月下旬から10月上旬がオススメ!周辺には観光スポットも多いので、寄り道しながらドライブするのもいいですね。

■詳細情報
名称:Heritage Highway(メープル街道は日本での通称です。)
アクセス:オンタリオ・ハイウェイ401号線、ウィンザーからケベック州へ向かう道。

 

グロス・モーン国立公園

断崖絶壁のフィヨルドが美しいこちらの国立公園ですが、もちろん世界自然遺産として認定登録されています。ダイナミックな景色を眺めていると、心が綺麗になる気がするのは気のせいでしょうか…?

■詳細情報
名称:グロス・モーン国立公園
住所:Norris Point,NL A0K 3V0,Canada
アクセス:トロントから飛行機で約3時間半。

 

サウザンド諸島

photo by pixta

可愛らしい小島がポツンポツンとセントローレンス川に浮かんでいるこの地域は、サウザンド・アイランズと呼ばれています。サウザンドと呼ばれていますが、正確には1864島もあるんですって。実は、あのサラダにかける「サウザンド・アイランド・ドレッシング」はここに由来するそうですよ!

■詳細情報
名称:サウザンド諸島
アクセス:オタワから車で約2時間。

 

スタンレー公園

バンクーバー最大かつ最古の公園で、カナダ国定史跡にも認定されている街の至宝・スタンレー公園 。405haにも及ぶ大自然が広がる都会の中にある美しいオアシスは、年間何百人もの人が訪れる人気スポットです。

■詳細情報
・名称:スタンレーパーク
・住所:Vancouver, BC V6G 1Z4 カナダ
・アクセス:19番のバスで向かう
・営業時間:9時00分~17時00分
・電話番号:+1 604-681-6728
・公式サイトURL:http://vancouver.ca/parks-recreation-culture/stanley-park.aspx

 

ビクトリア

ビクトリアは、ブリティッシュコロンビア州の州都です。バンクーバーから市バスとフェリーで行けます。ホエールウオッチングは世界各地で楽しめますが、ここでは野生のシャチも間近で見ることができます。

■詳細情報
・名称 : ビクトリア
・住所:Victoria, British Columbia
・アクセス:バンクーバーから飛行機で25分

 

ニューファンドランド島

カナダで最も東にあるニューファンドランド。ここでは、氷山観光、切り立ったフィヨルド、アイスバーグ・ アレーの観察、鮮やかなパフィンなど3,500万羽以上の海鳥を見上げることができたりと、見所満載です。

■詳細情報
・名称 : ニューファンドランド島
・住所:Newfoundland and Labrador
・アクセス:トロントから州都セント・ジョンズまで飛行機で3時間

 

フェアモント ロイヤル ヨークホテル

photo by 桃

フェアモントロイヤルヨークホテルは、ユニオン駅目の前に立っているホテルです。駅とは「PATH」という地下通路を使って直結しており、雨が降ろうと雪が降ろうと空港から外に出ることなくホテルのフロントへアクセスできるため、非常に便利。

photo by 桃

昔からイギリス王室のエリザベス女王をはじめとした、世界各国の王室御用達のホテルとして知られている有名なホテルです。

photo by 桃

宿泊しない人もロビーのバーやレストランで食事をしたり、待ち合わせに利用したりと、トロント市民から愛されているホテルの一つとなっています。

■詳細情報
・名称:フェアモント ロイヤル ヨーク
・住所:100 Front St W, Toronto, ON M5J 1E3 カナダ
・地図:
・アクセス:ユニオン駅から直結
・公式サイトURL:https://www.fairmont.com/royal-york-toronto/

 

ロイヤルオンタリオ博物館

photo by 桃

ロイヤルオンタリオ博物館は、北米で5番目に大きいと言われるトロントでトップレベルの人気を持つ博物館です。

photo by 桃

博物館へ入るとまず突き当たりにあるのが大きな恐竜の剥製。さらに、奥に進むとまた違った種類の模型が展示されています。

photo by 桃

photo by 桃

訪れた際は、企画展「Bloodsuckers」が行われており、血を吸う動物や生き物などの特集がされていました。どうやって虫は血を吸うのか、どこにどんな吸血をする虫や動物が生息しているのか、ドラキュラはどうやって生まれたのかなど、大人でも見入ってしまう魅力的な展示でした。

■詳細情報
・名称:ロイヤルオンタリオ博物館
・住所:100 Queens Park, Toronto, ON M5S 2C6 カナダ
・地図:
・アクセス:ミュージアム駅から徒歩すぐ、セントジョージ駅から徒歩約6分、
・営業時間:10:00〜17:30
・定休日:月曜日、12月25日
・電話番号:416-586-8000
・料金:大人23ドル(企画展は別料金)
・公式サイトURL:https://www.rom.on.ca/en

 

CNタワー

photo by 桃

CNタワーは、トロントのランドマーク的存在の展望台です。高さは553.33メートルあり、東京スカイツリーに次ぐ世界第2位の塔。展望台からトロント の街並みをぐるりと見渡せます。

photo by 桃

photo by 桃

タワー内には360度の景色が楽しめる大人気レストラン「360レストラン」や、地上356メートルの外に設置された狭い枠を歩く「エッジ・ウォーク」などもあり、展望以外も楽しめる施設です。

photo by 桃

特に、「エッジ・ウォーク」はスリリングで大人気。ハーネスをつけているとはいえ、実際に体験しなくてもヒヤヒヤしてしまいます。

■詳細情報
・名称:CNタワー(CN Tower)
・住所:290 Bremner Blvd, Toronto, ON M5V 3L9 カナダ
・地図:Google Mapを埋め込み
・アクセス:ユニオン駅から徒歩すぐ
・営業時間:9:00〜22:30(360 Restaurantは11:00〜14:30、16:30〜22:00)
・定休日:なし
・電話番号:(416) 868-6937
・料金:大人38ドル
・公式サイトURL:https://www.cntower.ca/en-ca/home.html

 

リプレイ水族館(Ripley’s Aquarium Of Canada)

photo by 桃

リプレイ水族館は、先ほど紹介したCNタワーのすぐ隣に位置しているかなり大きな水族館です。

photo by 桃

実際に水生動物に触れるエリアや、カナダの海洋に生息している動物のコーナー、大きなクラゲがゆらゆらと浮かび美しい演出の水槽など、バラエティ豊かな展示が魅力です。

photo by 桃

photo by 桃

1番の見所は、歩く歩道に乗りながらゆっくり進んでいくドーム形の水槽。頭上に大きなサメやカメ、エイなどが通るのは、まるで自分が海の中にいるような感覚になります。

■詳細情報
・名称:Ripley’s Aquarium Of Canada
・住所:288 Bremner Blvd, Toronto, ON M5V 3L9 カナダ
・地図:
・アクセス:ユニオン駅から徒歩すぐ
・営業時間:9:00〜23:00
・定休日:なし
・電話番号:(647) 351-FISH (3474)
・料金:一日券は大人39ドル、日時指定券は33ドル、夜7時以降〜入場可能券は32ドル
・公式サイトURL:https://www.ripleyaquariums.com/canada/

 

セントローレンスマーケット(St.Lawrence Market)

photo by 桃

セントローレンスマーケット(St.Lawrence Market)は、別名トロントの台所と呼ばれ、トロントの美味しいものが詰まっている場所です。

photo by 桃

赤レンガの建物の中にたくさんのお店が出店しており、肉や魚などの生鮮食品をはじめ、トロント土産に人気なワイン屋さんやマスタード屋さんなども揃っていて、滞在中一度は訪れたいスポット。

photo by 桃

とにかく美味しいものが詰まっているので、お昼ご飯や小腹が空いた際に、ぴったりなマーケットです。

■詳細情報
・名称:セントローレンスマーケット(St.Lawrence Market)
・住所:93 Front St E, Toronto, ON M5E 1C3 カナダ
・地図:
・アクセス:ユニオン駅から徒歩20分、タクシーで5分
・営業時間:8:00〜18:00(金曜日は8:00〜19:00、土曜日は5:00〜17:00)
・定休日:日曜日・月曜日
・電話番号:+1 416-392-7219
・公式サイトURL:http://www.stlawrencemarket.com/

 

世界中から集めた365カ所の絶景を見に行こう

この記事では、TABIPPOのモノづくりブランド「PAS-POL」より発売された「365日世界一周絶景の旅」のスポットを抜粋してご紹介しました。

365日。1年かけて、
本当に世界一周できたなら。

「いつか旅に出てみたい」
「世界中の美しい景色を見てみたい」

そんな夢物語を現実にするために、
世界中から365カ所の絶景を集めて、
本当に行くことができるルートまで考えて、
一冊の本をつくりました。

 

まとめ

住みやすい国として大人気のカナダですが、ワーキング・ホリデーや語学留学先としてもとっても人気がありますね。

フレンドリーな人々と触れ合え、豊かな自然がたっぷり楽しめるカナダ。何度訪れても旅人を飽きさせない秘密は、そこにあるのかも知れませんね!

もっと見る