世界遺産に認定されているカナディアンロッキー。カナディアンロッキーとは、アメリカ大陸中西部を縦断する、かの有名なロッキー山脈のカナダ国内の山域を指します。

急峻な山々と濃い針葉樹林を蓄えた澄んだ湖は象徴的な風景であり、カナダと聞いて多くの人が思い浮かべる景色なのではないでしょうか。

 

では、なぜカナディアンロッキーは世界的に人気が高いのか?名勝揃いのロッキー山脈の中でもなぜ支持されるのか?

その魅力を探りました!

 

大迫力の山並み

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/p3141992-2.html

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/p3141992-2.html

photo by TKY

まず、わかりやすい魅力は山並みの迫力が半端じゃないです。

古生代から中生代に堆積した地層が、地殻変動により褶曲し隆起して地表に露出しているわけですが、わかりやすく言うと岩が縞々に積み重なりグニャグニャ曲げられて切り立っています。

とんでもない大きさのミルフィーユ岩が険しくそびえているのです。

 

日本の山は火山に起因するものが多く、お椀形や三角形の山並みが多い印象ですよね。しかも植物や木がフサフサ生え、優しい印象です。

それに比べてカナディアンロッキーは高緯度にあるため、山岳地帯はツンドラ気候帯のような厳しい自然環境です。つまり植物は生えない、もしくは生えても低木と高山植物。なので見渡す限り荒々しい岩山です。

 

そして現存する氷河が多く、今でも谷を削り続けています。
(北米最大と噂される氷河は、カナディアンロッキーの山域に現存します)

高緯度になるほど、つまり北に向かうほど険しく荒々しい、かくしてカナディアンロッキーはロッキー山脈の中でも特に迫力があるのです。

 

野生動物との出会い

P3131846 (1)

P3131846 (1)

photo by TKY

これはカナディアンロッキーに限りませんが、ロッキー山脈は手つかずの山域が多く、野生生物の宝庫と言われます。美しい景色に似合う野生動物がかなりの数生息し、これまで見たこともないような動物が道路脇でさえ次々に現れます。

動物の生態もまた、北に向って自然環境が厳しくなるほど逞しくなるため、カナディアンロッキーは大きい個体が多いです。

 

そしてアメリカ側に比べてリゾート開発が進んでいないため、山間の街バンフでは住宅街の庭先にも大型の鹿エルクなどがワサワサ遊びに来ます。

もっと見る

私もスーパーマーケットでの買い物の帰りに物陰にいたエルクとバッタリ鉢合わせ、互いに目を丸くした経験がありますし、そう言ったエピソードが日常的に起こります。

 

ただし遭遇する動物達はあくまで野生であり、一方こちらは動物の聖域にお邪魔している訪問者です。決してむやみに近づいたり、食べ物を与えたりしてはいけません。

あと、遭遇しては困るような獰猛な動物もすぐ脇を歩いているかもしれないことを常に忘れずに。

 

インフラも発達し、山を眺めながら不便ない生活

P3141935

P3141935

photo by TKY

カナディアンロッキーは世界を代表する観光地です。開発とまでは言わないものの、最低限のインフラを備えた都市機能が存在し、一般的な生活をするには何ら不便がありません。

先出の街バンフには、ホテル、レストランはもちろん、ファーストフード、スーパーマーケット、ガソリンスタンド、教会、小さいショッピングモールや映画館、加えてクラブだってあります。

 

本格的な山岳地帯にいながらも、コンパクトに整った街で快適な生活ができてしまうのが、実は魅力だったりします。

山岳に来てるにも関わらず、夜はちゃっかりドレスアップして白い息を吐きながら楽しそうに出かける女の子たちが多いのも、その快適さの現れでしょうね。

 

アウトドア・アクティビティが充実

P3172321 (1)

P3172321 (1)

photo by Hitomi Kawaguchi    skier TKY

カナディアンロッキーはまたアウトドアの聖地と言われることもあります。その集客力により、そのあたりの都市よりもアクティビティが充実しています。

スキー、スノーボードはもちろんですが、アイススケートやノルディックスキー、犬ぞり、夏場はキャンプやトレッキングなど、取り組めるアクティビティの種類は豊富です。

 

猛者に至っては、自力で山を登り手つかずの険しい斜面を滑ったり、1週間分の食料と荷物を背負いキャンプしながら歩いて山間を縦走したりと人間離れした活動をします。

その逆に初心者向けには関連施設やレンタル機能が整っており、それに準ずるツアーも盛んなので、手ブラで楽しめてしまう点がひとつの魅力です。

 

日本からのアクセスも良好

P3172264

P3172264

photo by TKY

カナディアンロッキーに行くには、カナダの西の玄関口と言われるバンクーバーを経由し、カルガリーまでフライトするのが一般的です。そこからシャトルで1〜2時間も走れば、そこは世界に名だたるカナディアンロッキーの中心地です。

アメリカ側よりも短い移動時間で済みますし、何よりアルプスを代表するヨーロッパの山岳に比べればラクラクです。出発したその日のうちに、本格的な山岳地帯に滞在できるのです。

 

まとめ

P3141976 (1)

P3141976 (1)

photo by TKY

いかがでしたでしょうか?カナディアンロッキーの魅力は、険しい山々と美しい湖、そしてそれを目の当たりにしながら街で快適に過ごせる環境です。

観光地とはいえ、カナダは物価も比較的お手頃ですので、ぜひ一度足を運んで頂き、大自然を堪能し、動物達に会いに行ってみてはいかがでしょうか。

もっと見る