深呼吸すると綺麗で澄んだ冬の空気になり、だんだん寒くなってきたなぁと感じるこの季節。ウィンタースポーツ好きには特にワクワクする時期になってきました。

世界中の雪山を巡る旅が好きなあなたにオススメしたいのが、カナダのロッキーマウンテンがある街バンフの3つのスキー場。世界中からここの雪を求めて毎年たくさんの人が滑りに来ています。

日本とはスケールがまるで違う、三大ビックマウンテンの魅力についてご紹介していきます。

 

カナダのバンフってどんな所?

Photo by Erika

バンフ(Banff)は、カナダのアルバータ州の町で、人口約7,800人、標高1,383mでバンフ国立公園内に存在しています。夏は登山やカヌー、カヤック、冬はスキー、スノーボードと一年中観光客で賑わうロッキー山脈の大人気の観光地。

バンフはカナダで一番最初に登録された国立公園ということもあり、ワイルドな自然に囲まれたとても美しい街です。毎年400万人以上の人がバンフを一度は見たいと世界中から訪れます。

そんなバンフには三大ビックマウンテン(Ski Big 3)である、バンフ サンシャインビレッジ スキーリゾート(Banff Sunshine)、レイクルイーズスキーリゾート(Lake Louise Ski resort)、マウント ノークエイ(Mt. Norquay)と呼ばれる美しい広大なスキーリゾートがあるので、順番に紹介していきます。

 

バンフ サンシャインビレッジ スキーリゾート(Banff Sunshine)

Photo by Erika

まずは、1972年から始まった今でも大人気のカナダのスキーマガジンにて、ベストオブビューに選ばれた、標高2,190mに位置するサンシャインビレッジスキー場。私自身ここのスキー場で働いてたこともあり、大好きなスキー場です。

サンシャインビレッジをオススメする理由の一つは、「ベストオブビュー」をもらった素晴らしい眺め。288個あるカナダのスキー場の中でも、一番に輝いた美しい眺めは、滑るコースや天気、時間帯によって、息をのむほど素晴らしい瞬間を見ながら、広大なコースを滑ることができます。

Photo by Erika

また、スキー場の大きさも魅力の一つ。3,358エーカー(サッカーグラウンド約3,358 個分の広さ)で、日本の代表的なニセコスキー場比較してみると、約4倍の大きさになります。

それだけでなく、スキー場には137のコースがあり、最大垂直距離は3,514m。長いコースだと降りるのに30分以上かかるコースも。そして、標高が高い為雪が軽くて乾燥している、パウダースキーを楽しめます。

photo by Erika

また、サンシャインビレッジには上級者コースから初心者コースまで様々なルートがあります。

「The Great Divide(グレートディバイド)」という20kmのルートは、世界中からクロスカントリースキーヤーが訪れる大人気のコース。「Delirium Dive(デリリウムダイブ)」という上級者コースは、世界のトップ10の訪れたいゲレンデ賞を受賞しました。

また、サンシャインビレッジはDay lodge(休憩所)やバーも充実しているので、一日中ゆっくりスキーやスノーボードを楽しめます。

photo by Shutterstock

そんなサンシャインビレッジへは、バンフの中心から約25分ほどでアクセス可能。駐車場から直接ハイスピードゴンドラで、一気にスキー場へ登れます。

■詳細情報
・名称:バンフ サンシャインビレッジ スキーリゾート(Banff Sunshine)
・住所:1 Sunshine access Rd, Banff, AB T1L 1J5, Canada
・地図: ・アクセス:バンフ内からシャトルバスで約30分
・営業時間:9時〜16時
・定休日:6月〜10月
・電話番号:+1 403-705-4000
・料金:$127(一日券)
・所要時間:4時間〜
・オススメの時期:12月〜3月
・公式サイトURL:https://www.skibanff.com

もっと見る

レイクルイーズスキーリゾート(Lake Louise Ski resort

photo by Shutterstock

2019年にカナダのベストスキー場に選ばれたのが、こちらのレイクルイーズスキーリゾートです。

標高2,636mに位置するレイクルイーズの最大の特徴は、広大さ。先ほど紹介したサンシャインビレッジに負けず、1,700Ha(ヘクタール)の大きさを誇るレイクルイーズは、なんと北米の中でも最大のリゾートのひとつです。

スキー場には145コースがあり、垂直距離は3,250m。初級者から上級者、さらには家族連れも楽しめるコースやアクティビティが備えられています。

Photo by Erika

私がレイクルイーズを滑ってみて感じたのは、スノーパークの充実。特に、レイクルイーズにはS/M/Lととても大きなキッカー(人工ジャンプ台)があり、それを楽しみに来ているスキーヤー・スノーボーダーも多くみられました。

 

そして、レイクルイーズを訪れる際に忘れてはいけないのがカメラ。スキー場だけでなく森の中や湖など、どこも素晴らしい景色でシャッターを切る手が止まりません。

2019年にカナダの中のベストスキー場として選ばれた、広大なスキー場でありながら、スキーヤーもスノーボーダーも、初心者も上級者も、みんなで楽しめます。レイクルイーズへはレイクルイーズ村からはすぐ、またバンフからは車で約45分でアクセスできます。

■詳細情報
・名称:レイクルイーズスキーリゾート(Lake Louise Ski resort
・住所:1 Whitehorn Rd, Lake Louise, AB T0L 1E0, Canada
・地図: ・アクセス:レイクルイーズまたはバンフからフリーシャトルバス
・営業時間:8時〜17時
・定休日:6月〜10月
・電話番号:+1 403-522-3555
・料金:$125
・所要時間:4時間〜
・オススメの時期:12月〜3月
・公式サイトURL:http://www.skilouise.com

 

マウント ノークエイ(Mt. Norquay)

photo by Shutterstock

バンフの街から10分と近く、地元の人に愛されているスキー場が標高1,720mのノークエイスキー場。1926年にオープンされて以来、特に、初心者や家族連れに人気です。

全部で60コースと小さいもののロケーションが良く、また、三大スキー場の中でも唯一ナイタースキーを営業しています。

Photo by Erika

私はナイターしか行ったことがないですが、小さなキッカーがあったり、家族も楽しめるタイヤ滑りがあったり、バンフの地元に根付いるスキー場だなと感じました。

そんなマウントノークエイへは、バンフの中心から車でたったの10分で行くことができます。

■詳細情報
・名称:マウント ノークエイ(Mt. Norquay)
・住所:#2 Mt Norquay Rd, Banff, AB T1L 1B4, Canada
・地図: ・アクセス:バンフから無料シャトルバスで15分
・営業時間:8時〜17時(ナイター17時〜21時(金曜・土曜))
・定休日:4月〜10月
・電話番号:+1 403-762-4421
・料金:$89
・所要時間:2時間〜
・オススメの時期:12月〜2月
・公式サイトURL:https://banffnorquay.com

 

手ぶらでも大丈夫!バンフでスキー・スノーボードをレンタルする方法

photo by Shutterstock

バンフ街内にある三大ビックスリーマウンテンの公式マネージメントをしているお店が、こちらのSki Big3 Adventure Hub。チケットを買いたい、レンタルをしたい、トラブルがあったそんな時はこちらのお店を訪れてみてください。

Ski big3でのスキー・スノーボードレンタル料はこちら(※最低3日以上5日未満のレンタルの際の一日分の料金)。

 

スノーボード

※板の種類によって多少値段が異なります

・フルセット(スノーボード・ブーツ・ヘルメット):$52〜69(店)、$44〜59(オンライン)
・セット(スノーボード・ブーツ): $45〜62(店)、$38〜53(オンライン)
・スノーボードのみ: $ 37〜52(店)、$ 31〜44(オンライン)

 

スキー

※板の種類によって多少値段が異なるそうです

・フルセット(スキー・ストック・ブーツ・ヘルメット):$52〜79(店)、$44〜67(オンライン)
・セット(スキー・ストック・ブーツ):$45〜72(店)、$38〜61(オンライン)
・スキーとストックのみ:$37〜62(店)、$31〜53(オンライン)

 

Ski Big3 Adventure Hubの詳細情報

■詳細情報
・名称:スキービッグスリー・アドベンチャーハブ(Ski Big3 Adventure Hub)
・住所:114 Banff Ave, Banff, AB T1L 1J4, Canada
・地図: ・アクセス:バンフセントラルパークから歩いて5分
・営業時間:8時〜21時
・定休日:なし
・電話番号:+1 403-762-4754
・料金:$30〜
・所要時間:15分〜
・オススメの時期:10月〜5月
・公式サイトURL:https://skibig3adventurehub.com

 

バンフへの行き方とスキー・スノーボードの持ち込みについて

Photo by Erika

バンフには空港がないのでカルガリー空港(YYC)まで飛び、そこからバスでバンフへ行くのが一般的なルートになります。また、カルガリーまでは直行便は日本から出ていないので、その航空会社に合わせて乗り換えが必要になります。

①日本→カルガリー空港 (様々なエアラインで)
②カルガリー空港→バンフ(シャトルバス $10〜75)
③バンフ→三大ビッグスリーへ(スキー場シャトル or レンタカー)

 

カナダのAir Canada ではバンクーバー乗り換えでカルガリー行きの便が出ています。Air Canadaではスキースノーボードをチェックインバックとしてカウントしてくれ、追加料金を払わずスキースノーボードを持ち込めます。

例えば、23kg×2のチェックインバックの規定であれば、ひとつをスーツケース、もう一つをスノーボードまたはスキーを預けられます。

このように、チェックインバックとしてカウントしてくれるエアラインも多いようですが、追加料金がかかることもあるので、航空券を予約する際は必ず事前に確認してください。

 

どこまでも広がるパウダースノーに飛び込もう!

photo by Shutterstock

日本のスキー場の4〜5倍の広大なカナダのスキー場で、思いっきりウィンタースポーツを楽しむことも、新しい旅の目的としていかがでしょうか?

スキー・スノーボードを持って行って現地で滑ると、そんなに日本と変わらないコストで世界のスキー場を楽しめます。ぜひ新しい挑戦をしたい人、海外の大きな山に挑みたい人、今年の冬が狙い目かもしれません!

もっと見る