日本人にも留学やワーキングホリデーで人気の大都市バンクーバー。

今回、世界中から多くの旅行者が集まるバンクーバーの人気観光名所に行ってきました。バスと地下鉄の交通手段が発達していて、ダウンタウン自体もそれほど大きくなく非常に観光しやすい都市でした。

観光名所も多く、シーフードも美味しいので多くの方々がこの街に魅力を感じているのがわかった気がします。

そこで今回は、バンクーバーに行く前に知っておきたい観光情報をまとめてみました。

 

バンクーバー

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_5856.htmlhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_5856.html

photo by Jun Negishi

バンクーバーはカナダのブリティッシュコロンビア州最大の都市で、国内で3番目の規模を誇る大都市です。カナダ西海岸に位置しています。

過去にはイギリスの経済雑誌エコノミストで世界で最も住みやすい都市に5年連続で輝くなど、留学やワーキングホリデーの都市として世界中で人気を誇っています。

2015年現在も世界で最も住みやすい都市ランキング第3位となっています。

 

バンクーバーで最大かつ最古の公園、スタンレーパーク

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_6136.htmlhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_6136.html

photo by Jun Negishi

ダウンダウンの西側にあるかなり広い公園で、北米トップ10に入るほどのスタンレーパーク。年間約800万人の観光客が訪れると言われています。

ダウンタウンから19番のバスで約10分とのことでしたが、20-25分ぐらいかかって到着しました。

水族館、ミニチュア鉄道、トーテムポール、シーウォール、ライオンズゲートブリッジ、バラ園など観光名所も多いのが人気の理由です。

 

ただ歩くにはかなり広いので、全部訪れるにはかなりの時間と体力が必要です。ダウンタウンで自転車をレンタルして、公園を周遊する方もいるそうです。

今回は前日が祝日のイベントの為、道路が封鎖されバスがしばらく通らず、最終日に行くことに変更しました。

ですが、最終日は時間不足と雨で凍えるくらいの寒さであまり滞在できませんでした。もし行かれる際は時間にゆとりがある日に訪れることをお勧めします。

 

バンクーバー発祥の地、ガスタウン

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_5937.htmlhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_5937.html

photo by Jun Negishi

バンクーバー発祥の地として、歴史を感じられる場所として有名です。キャンビー通りとウォーター通りの角に位置する蒸気時計がガスタウンのシンボルと知られ、写真撮影スポットになっています。

ダウンタウンで買い物をする為に入った時の店員の方が、ガスタウンにあるレストランはどこも美味しいから、食事はガスタウンでしたほうが良いとアドバイスをくれました。

 

また、観光地ですがチャイナタウンに近く、路上生活者も多いので決して治安が良くありません。

ウォーターフロント駅から離れて行けば行くほど人通りも少なく、怪しい人も増えてきた印象があるので、安全の為にはあまり駅から離れないほうが良いかもしれません。

 

ショッピングならここ。ロブソンストリート

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_5869.htmlhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_5869.html

photo by Jun Negishi

ダウンタウンでショッピングをするならロブソンストリートと言われています。

ショッピングストリートして有名で、有名なカジュアルブランドや、カナダ発祥人気のブランドのルーツやクラブモナコなどの店舗が一面に並んでいます。 

せっかくだったらまだ日本に店舗がない、カナダ発祥のブランドを買ってみるのもいいのではないでしょうか?

 

散歩コースに最適なイエールタウン

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_5875.htmlhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_5875.html

photo by Jun Negishi

1986年に開催されたバンクーバー万博の跡地が倉庫街として使われていたのですが、再開発によってお洒落な街に生まれ変わりました。

レストラン、カフェ、ブティックなどの店が並んでいます。セックス・アンド・ザ・シティにでてくるようなニューヨークを思わせる通りもありました。

 

少し歩くとフォールス・クリーク沿いにの波止場に出るのでるのですが、そこのフォールス・クリーク沿いの道を散歩している方が沢山いました。

景色も綺麗なので少し落ち着きたい時の散歩コースとしては最適だと思います。

 

青空の下でのんびりするならグランビルアイランド

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_6067.htmlhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/02/img_6067.html

photo by Jun Negishi

グランビル橋の下のフォールス・クリークにある小さな島です。島に行くにはちょっとした小さいフェリーのthe aquabusというのがあり、頻繁に行き来しています。乗船料は往復5.5カナダドルでした。

島内にはパブリックマーケット、カフェ、レストラン、ビール工場、舞台シアターなどがありました。とても雰囲気が良く、ちょっとした散歩の気分で楽しむことができます。

 

かなり多くの人が、トライアルングルスクエアという場所で行われている、路上ライブと鳥のさえずりを聞きながらベンチに腰掛け食事を楽しんでいました。

もっと見る

ちなみにアジア系の人がギターを片手に演奏していましたが、なぜか演奏した曲がマッチこと近藤真彦の夕焼けの歌でした。もしかしたら日本人の方だったのかもしれません。

 

バンクーバーのダウンタウンを一望!ロンズデール・キー

IMG_5995IMG_5995

photo by Jun Negishi

ノースバンクーバーにあるパブリックマーケットです。ウォーターフロント駅から約10分ぐらいシーバスというフェリーに乗って行きます。全く揺れないので非常に快適でした。

野菜や果物が売られていたり、カフェやレストランもありました。マーケット自体はそんなに大きくないので、あまり見応えはないかもしれません。

 

ただ、ノースバンクーバーから見るバンクーバーのダウンタウンの景色は素晴らしく、見応えがありました。ダウンタウンからそんなに遠くないので、この景色を見るだけにフェリーに乗って行くのも全然悪くないと思います。

 

カナダで安く展望台に登るなら、バンクーバー・ルックアウト(展望台)

IMG_5978IMG_5978

photo by Jun Negishi

ハーバーセンターというサイモンフレーザー大学(SFU)という大学が入っているビルの上にある展望台です。現在入場料は消費税含めて17.06カナダドルでした。展望台の高さは168.60mです。

バンクーバーの街並みが360度見渡せます。同じカナダのトロントにあるCNタワーの展望台が447mということで比較するとかなり低く感じます。

 

しかし、高さが低い分街並みを近くに感じることができ、大都会の中に自然が融合しているバンクーバーの良さを堪能することができます。

また、現在トロントにあるCNタワーの入場料は消費税含めて40カナダドルを越えるので、17ドルで展望台に上れるのはだいぶ安いです。

こまで景色が大したことなかったらどうしようと、悩まずに払える金額ではないかと思いますので、展望台に行ってみることをお勧めします。

 

欧州の大学生気分を味わえる!ブリティッシュコロンビア大学 (The University of British Columbia)

IMG_6119IMG_6119

photo by Jun Negishi

カナダトップ3に入るバンクーバーにある名門州立大学です。過去の在校生に4人のカナダ首相、7人のノーベル賞受賞者がいます。ブックストアにカナダ発祥ブランドのルーツとのコラボ商品などがありました。

 

また、先住民族文化に関するコレクションが数多くある、人類学博物館(Museum of Anthropology at UBC)も有名です。

今年はカナダケッベック州にあるマギル大学から独立して、100周年といことで、記念の旗が飾ってありました。

ダウンダウンから14番のバスで40-50分からかかりますが、欧米の大学の雰囲気を味わいたい方にはお勧めです。ちなみにUBC行きのバスは他にも結構出ています。

 

これを食べなきゃ帰れない!シーフード料理

IMG_5965IMG_5965
photo by Jun Negishi

やはりカナダということでシーフードを食べに行きました。Rodney’s Oyster Houseというレストランで生牡蠣と牡蠣フライとムール貝をオーダーしました。

生牡蠣はとても新鮮で美味しく1つ1.5カナダドルでした。牡蠣フライも量も多く13.5カナダドル。

 

個人的にはムール貝が1番好きでした。もちろん新鮮で量も本当に多くて13.95カナダドル。ムール貝はまた食べたいと思い最後の日にまたムール貝だけ食べに行きました。

 

治安について

IMG_5929IMG_5929

photo by Jun Negishi

世界で最も住みやすい都市に選ばれているますが、想像していたよりもホームレスが多いです。若い男女のホームレスも結構います。

有名観光地のスタンリーパークでも、過去には韓国人留学生がナイフで切りつけられ、一生寝たきりになる事件も発生したそうです。

 

チャイナタウンのヘイスティングストリートとメインストリートの辺りはホームレスや薬物中毒者で溢れ、特に危険と言われています。

バスで通過した時に見たのですが、危険というよりもヤバイと言う言葉のほうがしっくりくる光景でした。

 

今回チャイナタウンの端の安いホテルに宿泊したのですが、チェックインした次の日にはホテルのエントランスのドアが壊されていて、ダンボールが貼られていました。

ホテルから10mぐらいのバス停を利用していましたが、目つきがおかしい人も数名いました。

 

ダウンタウンやチャイナタウンに行く際にはくれぐれも注意して行動してください。旅行は武勇伝よりも身の安全第一ということを忘れずに行動していきましょう。

バンクーバーは基本的には治安はいいと言われています。チャイナタウンにはあまり近づかない、怪しい人とは距離をとるなど普通のことをしていれば楽しい旅行ができると思います。

 

まとめ

いかがでしたか?とても魅力的な街だったので、もしまた機会があったら、もう少し長い期間滞在してみたいと思うような旅でした。

みなさんも次の長期休暇の際には、カナダ西海岸の大都市バンクーバーに行ってみてはいかがでしょうか?

いかがでしたか?とても魅力的な街だったので、もしまた機会があったら、もう少し長い期間滞在してみたいと思うような旅でした。

みなさんも次の長期休暇の際には、カナダ西海岸の大都市バンクーバーに行ってみてはいかがでしょうか?

もっと見る