アメリカの一般家庭でよく食べられているフルーツ「」は、今、スーパーフードとしても注目され始めています。詳しいことは専門家じゃないので分からないけど、効率よくビタミンCや食物繊維、ポリフェノールを摂れるからなんだとか。腸内環境にもいい影響を与えてくれるんだって!

そんなクランベリー、北米が主な生産地で、今のところ国産品はありません。でも、「」のおかげで日本に取り寄せるのはカンタン。気軽に“アメリカの流行り”をトライできちゃいます。

というわけで、クランベリーを使った商品を3つ紹介。TABI LABOメンバーが愛用するオンライン輸入食品店「」で購入できますよ。

オーガニックにこだわったクランベリー界のエリート

甘すぎず酸っぱすぎず、そんなドライクランベリーです。

通常、クランベリーをドライフルーツにする時は糖度を補う必要があります。なにもせずに干してしまうと、かなり酸っぱくなるってのが理由。たくさんのメーカーは砂糖を使っています。

でも、これは砂糖の代わりにリンゴジュース。メーカー「Made in Nature」はオーガニック原料のみしか取り扱わないとのことなので、リンゴジュースもオーガニック。

そうして、人工的な甘さのない、ツバが出るほど酸っぱくない、バランスのとれたコイツが生まれました。クランベリー界のエリートですね。

スーパーフードとして食べるなら、加工されていないクランベリーを食べるのがベターと言われているので、まさにうってつけ。

食感はレーズンとよく似ています。

商品名:Made in Nature, オーガニッククランベリー 、そのまま食べられる完熟のスーパースナック、5 oz (142 g)値段:528円※生産状況や在庫状況により欠品の可能性があります。

もっと見る