ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理に使うとても一般的な食材だ。肉のソースにしたり、サラダに入れたり。

 トルコからギリシャのあたりでは、ヨーグルトを使ったさわやかなサラダが楽しめる。このサラダ、ものすごくかんたんにできるので、ぜひ家で試してみたい。

【用意する具材】・・にんにく・ミントの葉・ヨーグルト・オリーブ油・塩

 用意するのはヨーグルト以外に、きゅうりとにんにく、それにミントの葉。ミントはスーパーのハーブのコーナーに置いてある。調味料はオリーブ油と塩。

 きゅうりはひとくちサイズに切って、ミントは大ざっぱに刻む。ボウルには、オリーブ油と、すり下ろしたにんにく(面倒だったらチューブ入りのを)、塩、ヨーグルトを混ぜてドレッシングをつくる。

 これときゅうり、ミントをあえるだけで完成。ミントとヨーグルトの味が混ざると、なんとも東部地中海ふうの味わいになるのが驚きだ。

IMG_5404IMG_5417

 

もっと見る