欧米を代表するヘルシーな朝食といえば「オートミール(オーツ麦)」に「ミューズリー」に「グラノーラ」! ミューズリーというのは、スイス生まれの焼かないタイプのグラノーラ風シリアルのこと。 グラノーラは国内でもここ最近、さまざまなものが出回っているのでご存知の方も多いかもしれませんね。

ヘルシーで美味しい、 朝食の新定番「グラノーラ」を手作りしてみよう

朝食をしっかりとると集中力や仕事の効率を高めてくれることが知られていますが、なかなか時間の確保が難しい? それなら、週末にヘルシーな朝食の作り置きをしてみてはいかがでしょう。

グラノーラと優れた栄養価

オーツ麦にナッツ、穀物にドライフルーツなどを加えてハチミツや砂糖などで甘みをつけたもの。主原料のオーツ麦をカリッと焼き上げて作るため、カリカリとした歯ごたえが特徴です。

オーツ麦は栄養価に優れており、お通じを良くしてくれる「不溶性食物繊維」や悪玉コレステロール値を下げる働きをする「水溶性食物繊維」が含まれています。水溶性食物繊維は消化を緩やかにする働きもあるため、満腹感が持続。また、オーツ麦はビタミンやミネラルが豊富な上に、肌を若々しく保つ抗酸化作用もあるんです!

これに加え、美容に効果的なナッツやドライフルーツまで摂れるため、グラノーラはバランスのとれた食品と言えます。ひとつ難点を挙げるとすれば、糖分が多いことかも。どんなものでも、食べ過ぎには気をつけたいですね。

それでは早速、グラノーラ作りに取りかかりましょう! 材料をローストしていくだけなので、驚くほど簡単に作れますよ。

【材料】(約800g分)
オーツ麦…300g
ココナッツ(細切りまたは粗挽きのもの)…80g
アーモンドやヘーゼルナッツなど、好みのナッツ…100〜120g
ブラウンシュガーまたはきび砂糖…120g
ハチミツ…180g
オリーブオイル…小さじ1
バニラオイル…小さじ1/2

ヘルシーで美味しい、 朝食の新定番「グラノーラ」を手作りしてみよう
©sweetsholic

もっと見る

【作り方】
1. オーブンを170℃に予熱スタート。天板にクッキングシートを敷いた上にオーツ麦をのせて、予熱が完了したオーブンで10分間ローストします。大きめのフライパンに移してから、ナッツとココナッツを10分間ロースト。オーツ麦の入ったフライパンに移す。

ヘルシーで美味しい、 朝食の新定番「グラノーラ」を手作りしてみよう
©sweetsholic

ヘルシーで美味しい、 朝食の新定番「グラノーラ」を手作りしてみよう
©sweetsholic

ヘルシーで美味しい、 朝食の新定番「グラノーラ」を手作りしてみよう
©sweetsholic

2. 手鍋にブラウンシュガー、ハチミツ、オリーブオイル、バニラオイルを入れて中火にかける。木べら混ぜながら、沸騰後2分待って火から下ろします。

ヘルシーで美味しい、 朝食の新定番「グラノーラ」を手作りしてみよう
©sweetsholic

もっと見る

3. オーツ麦、ナッツ、ココナッツの入ったフライパンに2の熱いシロップを回しかけ、木べらでよく混ぜる。

ヘルシーで美味しい、 朝食の新定番「グラノーラ」を手作りしてみよう
©sweetsholic

4. クッキングシートを敷いた天板に3を平らになるようにのせて、170℃のオーブンで15分間焼く。※オーブンの大きさにもよりますが、この作業を2〜3回繰り返します。

ヘルシーで美味しい、 朝食の新定番「グラノーラ」を手作りしてみよう
©sweetsholic

5. 美味しそうな焼き色がついたら取り出し、時折木べらで混ぜながらよく冷まします。

ヘルシーで美味しい、 朝食の新定番「グラノーラ」を手作りしてみよう
©sweetsholic

食べる時に適量をボウルに盛って、牛乳やヨーグルト、お好みでフルーツと合わせてどうぞ! 密閉容器に入れて保存すれば、2〜3週間は美味しく食べられますよ。 ベースのレシピにクランベリーやアプリコットを加えてみたり、ゴマやチョコチップを混ぜてみたりと、アレンジも楽しめます。小さな空き瓶に入れて持ち運べば、小腹が空いたときにもぴったりです。

ヘルシーで美味しい!朝食の新定番「グラノーラ」を手作りしてみよう

市販のものとはひと味もふた味も違う自家製グラノーラ、一度食べたら病みつきになってしまうかも!?

[Photo by shutterstock.com]


もっと見る