スペインといえば、サッカーに生ハム、そして情熱的な国民性。これらのイメージは本当なのですが、もちろん他にも特徴があります。

今回は、スペインの特徴の一つでもあるカトリックのお祭り「セマナ・サンタ」について、筆者が驚愕した経験を含めて、紹介したいと思います。

 

スペインは歴史的にカトリック国

他のヨーロッパ諸国と異なるスペインの魅力といえば、イスラーム様式が混ざった建築物や文化。特に南部のアンダルシア州はその名残が強く、アルハンブラ宮殿などはイスラームカトリック様式の代表と言っても過言ではないでしょう。

しかし歴史的にも有名なレコンキスタ後は、イスラム文化からカトリック文化に移行し、カトリック王国として繁栄しました。そのため、現在ではカトリック教徒が国民の大半を占めます。

現代では毎週日曜日は教会にいって、ミサに参加するほど敬虔な信者は減ってきているのは事実のようです。しかし、この「セマナ・サンタ」は格別で、信者であろうとなかろうと、影響を受けてしまうのです。

 

セマナ・サンタって何?

そもそもセマナ・サンタって何?と感じた方の疑問にお答えしましょう。セマナ・サンタは簡単に言えば、スペイン版のイースターです。

セマナ・サンタを日本語に訳すと「聖週間」。復活祭の前日までの一週間を指し、日付は毎年変わりますが、だいたい3月後半〜4月半ばのどこかです(ちなみにセビーリャだとセマナ・サンタのちょうど2週間後に「フェリア・デ・アブリル」が始まります)。

スペインでは最も有名で、大掛かりな宗教行事で、都市にもよりますが、学校や仕事はまるまる一週間おやすみになります。

この一週間中は毎日、パソと呼ばれるイエス・キリストや聖母マリアがのっているお神輿のようなものと、それの前後にナサレノと呼ばれる独特な衣装を纏った人たちや、ブラスバンドが、街中を練り歩いています。

基本的には、それが保存されている教会から出て、カテドラル(大聖堂)へ行き、またその教会に戻ってくるのがスタンダードのようです。

 

歴史を振り返ってみると……

この伝統的なお祭りの起源は、16世紀の対抗宗教改革の時代にさかのぼります。当時は文字の読み書きができる人が少なかったので、聖書を自らの力で読み、理解する人が少ないのが現状でした。

この課題を解決するために、登場したのがパソです。これらは実は聖書のストーリーに基づいています。つまり聖書のイエス・キリストや、聖母マリアが登場するシーンが描かれているのです。

実際によく見てみると、イエス・キリストや聖母マリアの表情や動作が一つひとつ異なります。特に聖母マリアは、イエス処刑後は涙を流しており、とても悲しげな表情を浮かべています。

 

体験する前の恐るべき噂たち

セマナ・サンタが始まる前に、現地スペイン人からの評判は恐ろしいものでした。

「セビーリャのセマナ・サンタはカオスだよ。人が多すぎて動けないから。同じ道を通るのに、いつもの4倍の時間がかかる」

「え、セマナ・サンタ?わたしは実家に帰るよ。だってセビーリャにいたら何も身動き取れなくて大変だから」

「わたしはセマナ・サンタが好きではないよ。人がいつもと違ってイライラして、喧嘩が起こることも頻繁だよ。あと、動けなくて怪我をする人もいるみたい」

同時にすごくいい評判も聞きました。

「セマナ・サンタは素晴らしいよ。街中が神聖な雰囲気に包まれるから、とても幸せな気分になる」

筆者が留学していたセビーリャは特に、このセマナ・サンタの規模が大きいことで有名で、この一週間を迎えることにワクワクする気持ちと、よくも悪くもドキドキした気持ちが共存していました。

実際にスペイン人でも好き嫌いはきっぱり別れるようで、ファンは毎日パソを見に街の中心へ行く人もいれば、絶対に中心には近寄らず、徹底的に避けている人もいました。

もっと見る

特にアツい!セビーリャのセマナ・サンタを体験

セマナ・サンタ初日、筆者は友人と会うために家を出発しました。この日はパソを見に行くという予定はないので、街の中心部から離れたところを通って待ち合わせ場所に向かっていました。しかし!

思いもよらず、少し中心から離れたマリア・ルイサ公園付近で、パソに出くわしてしまいました。この日は幸いにもピークではなかったので、少し行列が途切れたところを横切って道を渡ることができました。それでも20分程度時間をロス。

これが「セマナ・サンタか……!」と心に思いとどめながら、この日は退散。

後日、最も有名なパソが出る木曜日の深夜に市内中心部へ行きました。通常は午後にパソが出るのですが、木曜日だけは特別に深夜に教会を出発し、夜中に街を回っています。

Madrugá(マダルガ)と呼ばれる有名なものを少しだけ見て帰ればいいや〜なんて思っていましたが、考えが甘かったです。

その時間に近くを通る予定だったEl Silencio (エル・シレンシオ)のパソを見ようと決め、人の流れに沿って教会へ向かい、近くで待機。予定時刻が近づくにつれ、だんだん人が増え、賑やかになってきました。

時刻になるといきなりみんなが静まり返る。「シーッ!」と言われて周りを見てみると、ようやくEl Silencio(エル・シレンシオ)のパソが出てきました。筆者は身長が低いので、必死に背伸びをして少し眺めて、雰囲気を味わって満足しました。もう夜中2時を過ぎてるし、いざ帰ろうと思いました。

しかし!

身動きが取れない……他の人達はみんなパソについていくから、流れに乗るしかないし、やっと人混みから脱出できたと思ったら、路地は封鎖されていて出口がない。だから、人混みの方に戻るしかない。こんなことの繰り返しでした。

ようやく自宅にたどり着いたのが、朝の3時半。とても長い夜でした。

後日は日中のパソを見に行き、その後バス停に行く予定があったのですが、道が通れない。通常の3倍の時間の余裕を持って出発したのにもかかわらず、予定時刻に10分遅れました。

こんな感じでセマナ・サンタ期間中は本当に道が通れません。

 

一度は体験したいセマナ・サンタの対策

なんといっても大変なセマナ・サンタですが、乗り越える方法はもちろんあります。

まず、パソの時間帯とルートを把握すること。売店においてあるパンフレットや、セマナ・サンタ専用のアプリでも確認することができます。また、グーグルマップでもどの道が封鎖されているかは確認できるので、事前にルートを検討しておくと便利でしょう。

そして焦らず、時間と心に余裕を持って見に行く。セマナ・サンタは一生に一度は見てみたいものですが、見に行くのには覚悟が必要だと思います。神聖な行事を見に行くんだという心構えを忘れないでおきましょう。

最後に最も大切なことです。それはセマナ・サンタの名物お菓子「トリーハ」を食べること。

トリーハは、スペイン版のフレンチトーストのようなものです。とっても美味しいですが、激甘なので、ぜひコーヒーも同時に注文してください。お腹が満たされれば、人混みの疲れも癒やされます。

 

まとめ

All Photos by Risa

セビーリャのセマナ・サンタは、他のスペインの都市と比較しても格別の荘厳さと盛り上がりがあります。言葉では表現できないような、神聖で、重厚な雰囲気に包まれます。

写真を撮っている間の荷物の管理には注意してください。

とても独特な行事で、スペインのイメージとは少し違った雰囲気を味わえる経験だと思います。ひと味違ったイースターを味わって、異文化に触れるのはいかがですか?

もっと見る