情熱の国、スペインといえばクレイジーなお祭りに、美しいフラメンコ。そんなスペイン南部のアンダルシア州は、特に「スペインっぽい」要素が詰まった場所です。

フラメンコも闘牛も、実はスペイン南部のアンダルシア州発祥なんです!今回はそんなアンダルシア州の州都、セビーリャに滞在中の筆者が、舌鼓を打ち続けている地元グルメを紹介したいと思います。

 

セビーリャってどんなところ?

セビーリャは上記の通りスペイン南部のアンダルシア州の都で、スペイン第4の都市です。地理的にも経済規模的にも、スペインの福岡と考えるとわかりやすいです。

セビーリャにはまだ「伝統的なスペインっぽさ」が残っていて、モダンなマドリードやバルセロナとは少し雰囲気が異なる点も魅力です。スペイン最大のカテドラル(大聖堂)や、美しいヒラルダの塔、そしてイスラームの名残が溢れ出るアルカサルなど、観光するにもみどころたっぷりです。

 

しかし、セビーリャの魅力はなんといっても、物価の安さなんです!日本はともかく、スペインの他の都市と比較してもごはんが圧倒的に安くて、美味しいんです。スペイン人の国民飲料ビールなんて、一杯1ユーロ前後で飲めちゃうんです。

これを聞いただけで、もうセビーリャに行きたくなってきましたね。筆者もこの文章を作成しながら、よだれがでてきました。

街のどこのお店に入っても陽気な店員さんが美味しいメニューを提供してくれますが、今回は本当に良い店だけを厳選して、4件のバル・レストランを紹介します。

 

おすすめその1. 17世紀から続く老舗バル「El Rinconillo」

セビーリャで1番歴史のあるバルであるEl Rinconilloは、地元民なら誰もが一度は行ったことのある定番中の定番です。写真でもわかるように創業はなんと1670年。もう約350年前です。

日本はその当時、鎖国が完成していたころですね。まだ松尾芭蕉が「奥の細道」を発表する前です。

いつも夜になると、地元民や観光客で賑わっています。いわゆる「タパスバー」なので立食形式で、タパスをつまみながらお酒を飲むところなので、ゆっくり食事を楽しむというよりは手軽に「スペインっぽさ」を楽しみたい方にはおすすめです。

 

El Rinconilloの見どころの一つは、店員さんがバーカウンターに、注文した品の値段をチョークで記入していくところです。これは昔ながらのスタイルらしいで、正直に言うと「ほんとに計算あってる?」と思ってしまいますが、いつも合ってるのが不思議なところです。

バーカウンターでは店員さんとの距離も近いので、会話を楽しんだり、生ハムを切る様子も観察したりできます。

 

おすすめその2. 少しだけ和テイストが漂うレストラン「Perro Viejo」

先ほど紹介した伝統的なEl Rinconilloとは異なり、モダンでスタイリッシュな雰囲気のレストランであるPerro Viejoは、開店すると2階建てのレストランがすぐ満席になってしまうほど人気の場所です。

スペイン料理と、日本食や他の国の料理とのフュージョンが多いメニューは、とってもおしゃれで、絶品です。マグロのタタキ(Tataki de atun)など、日本語のワードを発見すると少しテンションが上ってしまうのは私だけではないと思います。

Perro Viejoはレストランなので、ゆっくり座って食事を楽しむことができます。テラス席もあるので、天気の良い日には太陽の光を浴びながら、そよ風を肌で受け止め、街行く人々を眺めながら食事を楽しむこともできます。

 

このお店に来たら、ぜひ堪能してほしい一品があります。それはデザートです。基本的にスペインのお菓子は日本人には甘すぎることが多くて、完食するのが大変なのですが、Perro Viejoでは適度な甘さで、ほっぺたが落ちるくらい美味しいです。

特にTorrija(トリーハ)という小さなパンを揚げてソースを絡めた、いわばフレンチトースト的なデザートが絶品です。

トリーハは元来3月の聖週間に食べるお菓子で、はちみちたっぷりの激甘である場合が多いですが、ここではティラミス風味で、上にバニラアイスとカスタードクリームがのっています。想像するだけでお腹が空いてくるこの一品をぜひ味わってほしいです。

もっと見る

おすすめその3. 地元民に愛される上質なワイナリー「Bodeguita  Casablanca」

セビーリャの中心であるカテドラル(大聖堂)やアルカサルから、歩いてすぐのところにあるのBodeguita Casablancaというこれまた人気のタパスバー・レストランです。立地が抜群に良いので、観光の一休みをするのにも最適な場所でしょう。

店に入ると、食事かタパスか聞かれるので、どちらかを選びましょう。食事と答えると、店内のテーブル席に、タパスの場合はテラス席に案内されます。

何が違うのかというと、タパスの場合は小皿料理をつまみながら、お酒を楽しむことができます。たくさんの種類のタパスを楽しめるのも魅力でしょう。食事は、シェアというよりは一人ひとり大皿が出てくるので、お腹いっぱいになります。

 

1902年創業の老舗のこのお店には、スペインの定番料理が盛りだくさんです。イベリコ豚のサラミ、魚介のアヒージョ、イベリコ豚のステーキなどどれもとっても美味しいです。

お昼時には立食で食べる人もいるほど混雑するので、予約をおすすめします。ランチの開店が13時なので、オープン直後にいけば席が確保できる可能性が高いです。

 

おすすめその4. 体をいたわりながら食事を楽しむスローフード「ConTenedor」

旅では外食は多いし、たくさん歩いて動き回るし、時差ボケでよく眠れないし、疲れが溜まって来ますよね。少し自分を労って、体の内側からのケアをするには、やはり食事が肝心ですね。

ConTenedorは「スローフード」レストランで、契約農家から届く新鮮なオーガニック食材をふんだんに使ったメニューが楽しめるレストランです。ドリンクの種類も豊富で、スペイン産のワインや、ビールなどお好みに合わせて楽しめます。また、内装もとってもおしゃれで、地元のアーティストの作品が多く飾られています。

ディナーに訪れると、ジャズの生演奏もあり、優雅なひとときを過ごすことができます。

 

すべてのメニューが名前から見た目までとってもおしゃれで、五感を使って食事を楽しることも魅力の一つです。スペイン語ネイティブでも、メニューがわからないほどおしゃれなので、どんどん店員さんに質問しましょう。丁寧に答えてくれます。

ここでのおすすめメニューを紹介したいのですが、基本的に日替わりなので、当日店員さんに聞いてみるのが良いでしょう。黒板にはスペイン語で料理名が書かれていますが、店員さんが全て英語に訳して、説明してくれます。

このお店は予約必須なので、行くと決めたら早めに予約しましょう。できれば、2週間以上前がいいです。また予約したのに来店しない、または直前のキャンセルは代金がかかるので注意が必要です。

 

まとめ

以上が、美食の街セビーリャでの絶品グルメを選びに選びぬいたおすすめレストランです。どれも人気店なので、事前に予約するか、開店の少し前からお店の近くで待機することをおすすめします。

All photos by Risa

スペインの太陽と、歴史を感じる荘厳な遺跡に加えて、美味しいものでお腹を満たしてください。きっと満足度が上がって、幸せ度があがります。心も、お腹も満たされる素敵なセビーリャ滞在になりますように!

もっと見る