スペイン北部の都市オビエドの近郊にある「」。ここは1912年に建設され、80年代には使われなくなった教会です。

それが今では多くのスケーターたちがトリックをきめるスケートパークになっています。屋根のカタチなどにその面影が感じられますが、カラフルに彩られた空間はすでにエクストリーム!?

廃墟も同然だった教会が変化を遂げられたのは、Church Brigadeという地元のスケートボードチームがクラウドファンディングで改装費を集めたから。マドリードを拠点に活動するアーティストOkuda San Miguelも協力して、内装を手がけたそうです。

このVibes、体感してみたいな〜。

もっと見る