舞台はポルトガル・マデイラ諸島の路地。上空にはいくつもの電球が。やや密集している感はあるものの、特に気になるポイントはなさそうです。

そう、いまのところは──。

昼は味気ない風景。

しかし、夜になると……

赤、青、緑などなど、鮮やかな照明となり、あたりは一気にいいムードに。

しかもコレ、よ〜く見てみてください。

この銀色の物体、実は◯◯だった。

銀ボディの電球の正体は、「洗濯機のドラム」。

これは、エコな暮らしを促進するNPO「Teatro Metaphora」が企画したインスタレーション。壊れて使えなくなった133のドラムを収集し、ライトとして再利用。「A Midsummer Night’s Dream」と題し、夜空を鮮やかに彩ったというわけ。

もしかしたら、いまあなたが捨てそうになっているモノも、視点の転換ひとつで価値あるモノに再生できるかも?

もっと見る