偏見かもしれませんが、欧米人は粋な計らいをするのに長けていると思います。9月24日にドイツで話題になった出来事なんて、誰もが「いいな〜」と感じるのではないでしょうか。

情報源はフリーランスライターChristie DietzさんのTwitter。彼女の息子(4歳)は、毎日、同じポールの前に自転車をとめていたそう。ちょうど1年くらい経ったある日、彼がいつものように駐輪をしようとすると、ポールには見慣れた自転車の写真と「Only」と書かれたシールが貼ってありました。

男の子が自転車をとめていることに気づいた誰かが、他の人に彼が邪魔されないように機転を利かせてくれたのです。素敵!

この行為には親子も大喜び。多くの人が共感して、彼女の投稿には約29万件のいいねがついています。

もっと見る