フィンランドといえば、生誕100周年を迎えた日本でも人気のキャラクタームーミンの生まれた国として知られています。北欧デザインなどおしゃれなイメージも強く、いつか北欧に行ってみたいと夢見ている人は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ムーミンだけじゃない!フィンランドの観光スポットをご紹介いたします!

※執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

フィンランドに行ってみての感想

フィンランドを訪れたのは今から9年前、2008年のことです。首都ヘルシンキのみの訪問でしたが、とても有意義な旅でした。フィンランドの治安はまったく問題はありませんでした。

海外旅行ビギナーの方でも安心して旅ができます。敢えて注意点を書くと物価の高さには気をつけたいところ。スーパーの惣菜を利用しながら、賢く旅行したいですね。

観光する際のアドバイス

私は9月にヘルシンキを訪れましたが、とても寒かったことを覚えています。9月に訪れる時でも冬の装備で行きましょう。もちろん、冬に訪れる場合は日本の冬以上に装備が必要です。参考までに、ヘルシンキの平均最低気温は、夏真っ盛りの7月でも12.0℃。最も寒い2月には、-7.0℃まで下がります。

物価が安い国ですと、コートなどを現地で調達することもできますが、フィンランドをはじめとする北欧諸国は物価が高いのでおすすめしません。日本を出るときに用意していきましょう。

ベストスポット

個人的におすすめしたいスポットは、ヘルシンキにあるテンッペリアウキオ教会です。この教会の建物は本当にユニーク。日本ではまず見られない岩の教会(岩をくりぬいてつくられた教会)です。

そのため、音響効果は抜群。オルガンの美しい音色が反響します。なお、岩の教会なので外よりも寒い場合があります。

■詳細情報
・名称:Temppeliaukion kirkko(Temppeliaukio Church / Church of the Rock)
・住所:Lutherinkatu 3, Helsinki 00100, Finland
・営業時間:月~土 10時〜17時 日 11時45分〜17時 (夏季は17時45分まで)
・定休日:無休
・料金:3ユーロ
・公式サイトURL:http://www.helsinginkirkot.fi/en/churches/rock-church-temppeliaukio#_=_

*編集部追記(2017/12/4)
以下、観光スポットの一覧となっています。

ヘルシンキ

ヘルシンキ大聖堂

まるで天空に浮いているような神秘的な白亜の大聖堂です。目の前の元老院広場はフィンランド最大の広場で、広場の中央にはロシア皇帝アレクサンダー2世の像がそびえ立っています。

■詳細情報
・名称:Helsingin tuomiokirkko
・住所:Unioninkatu 29, 00170 Helsinki
・アクセス:ヘルシンキ中央駅徒歩約5分。トラム1、1A、7A線の「Hallituskatu」駅すぐ
・営業時間:9時~18時 夏季(6~9月)は24:00まで
・定休日:無休(特別イベント開催中は立ち入り不可)
・電話番号:+358 9 2340 6120
・公式サイトURL:http://www.helsinginseurakunnat.fi/

スオメンリンナの要塞

ヘルシンキから2.6km沖合にあるスオメンリンナの要塞群は、ヨーロッパの軍事建造物の一つとしてユネスコの世界遺産にも登録されて今さう。往復5ユーロのフェリーに乗ってヘルシンキから15分で到着します。

島自体に入るのは無料ですが、フェリーでしかいけないためフェリーの運賃が必要になります。ヘルシンキカードをお持ちの場合にはそこにフェリーの代金も含まれていますよ。

■詳細情報
・名称:Fortress of Suomenlinna
・住所:Suomenlinna C1, Helsinki 00190, Finland
・アクセス:ヘルシンキよりフェリーで15分
・営業時間:島自体はフェリーの運行時間に準じ6時〜26時
・定休日:無休(島内の博物館は各々の休館日による)
・電話番号:+358 (0)295 338 410
・料金:無料。(島内の博物館に入る場合は各々の料金がかかります)
・公式サイトURL:http://www.suomenlinna.fi/ja/

エスプラナーディ通り

様々なショップが軒を連ねるエスプラナーディ通り。「マリメッコ」や「イッタラ」など、北欧らしいブランドも数多くあるので、お土産の購入場所としても良さそう。

緑が豊かで落ち着く通りなので、ウィンドウショッピングを楽しむだけでもおすすめです。

■詳細情報
・名称:エスプラナーディ通り
・住所:Pohjoisesplanadi, Helsinki 00130, Finland

セウラサーリ野外博物館

セウラサーリ屋外博物館の敷地内には気持ちのいい森林が広がり、その中に、17世紀~20世紀初頭にかけてフィンランド各地で造られた民家や教会が移転され点在しています。

日本の日常とは全く別世界の風景が広がり、気持ちいい北欧の自然と文化を合わせて感じられますよ。

■詳細情報
・名称:Seurasaari Open-Air Museum
・住所: Seurasaari, Helsinki 00250, Finland
・アクセス:24番バスの「セウラサーリ」停留所徒歩1分
・営業時間:5月15日~5月31、9月1~9月15は9~15時(土・日曜11~17時) 6~8月は11~17時
・定休日:5月15日〜9月15日以外
・電話番号:358 9 4050 9660 (夏期)/ 358 9 4050 9574 (冬季)
・料金:8ユーロ
・所要時間:1〜6時間
・公式サイトURL:http://www.kansallismuseo.fi/fi/seurasaari

エテラ港のマーケット広場

エテラ港からはロシア行きやスウェーデン行きの船も出ており、大変賑わいのある港です。日曜日を除く毎日開催されているマーケットでは海の幸山の幸だけでなく、民芸品や日用品まで様々なものが売られています。

夏期は日曜日も開かれ、いつも以上の賑わいです。歩いているだけでも楽しいですよ。

■詳細情報
・名称:Eteläsataman kauppatori
・住所:Eteläsatama, 00170 Helsinki
・アクセス:ヘルシンキ中央駅徒歩13分¥。トラム1A、2番「Kauppatori」駅すぐ
・営業時間:月~土曜8時~16時
・定休日:日(夏期は日曜日の営業もあり)
・料金:無料

ウスペンスキー大聖堂

こちらの大聖堂は北欧最大のロシア正教の教会です。赤レンガ造りの外装が特徴的で、ヨーロッパの大聖堂はもう見飽きたという方でもその雰囲気の違いに気づくはずですよ。

■詳細情報
・名称:Uspenskin Cathedral (Uspenskin Katedraali)
・住所:Kanavakatu 1, 00160 Helsinki
・アクセス:ヘルシンキ中央駅から東方向に徒歩約12分、トラム4番「Tove Janssonin puisto」下車徒歩約3分
・営業時間:火~金 9時30分~16時(夏季は19時まで) 土曜10時~15時 日曜12時~15時
・定休日:月曜日(その他、イベント開催中は立ち入り不可)
・電話番号:+358 9 85 646 200
・公式サイトURL:http://hos.fi/fi/uspenskin-katedraali#_=_

カンピ礼拝堂

丸い木の船のような個性的な外観のカンピ礼拝堂は、シンプルで木のぬくもりが感じられる素敵な礼拝堂です。入場も無料のため、多くの観光客が訪れます。

■詳細情報
・名称:Kamppi Chapel of Silence
・住所:Simonkatu 7, Helsinki 00100, Finland
・アクセス:地下鉄「カンピ」駅よりすぐ
・営業時間: 月〜金 7時〜20時 土・日 10時〜18時
・定休日:無休
・電話番号:3580923402018
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.helsinginseurakunnat.fi/yhteinentoiminta/

テンッペリアウキオ教会

テンッペリアウキオ教会は岩(石)の教会とも呼ばれ、自然の岩で作られています。目線上側に大きく切り取られた窓から自然光が差し込み、ゴツゴツした岩を柔らかく照らす様子はなんとも美しく、他の教会にはない魅力が満載です。

■詳細情報
・名称:Temppeliaukion kirkko(Temppeliaukio Church / Church of the Rock)
・住所:Lutherinkatu 3, Helsinki 00100, Finland
・営業時間:月~土 10時〜17時 日 11時45分〜17時 (夏季は17時45分まで)
・定休日:無休
・料金:3ユーロ
・公式サイトURL:http://www.helsinginkirkot.fi/en/churches/rock-church-temppeliaukio#_=_

シベリウス公園

海岸沿いに広がる気持ちの良い公園。海を望む園内の丘の上には、フィンランドの国民的作曲家ジャン・シベリウスの顔面彫刻とパイプのモニュメントがあり多くの観光客のフォトスポットとして人気です。

■詳細情報
・名称:Sibeliuksenpuisto
・住所:Sibeliuksenpuisto, Mechelininkatu, 00530 Helsinki
・アクセス:ヘルシンキ中央駅徒歩25分。トラム2、4、7A、10番「Töölön halli」駅徒歩10分
・営業時間:常時
・定休日:無休
・料金:無料
・所要時間:1〜2時間
・公式サイトURL:http://www.visithelsinki.fi/sv/se-och-upplev/sevardheter/sibeliusmonumentet#_=_

アテネウム美術館

ヘルシンキ中央駅からすぐのところにあるためアクセスもしやすく、多くのフィンランド芸術家の作品が収められているのでフィンランドのアートの歴史に触れられます。その他にもゴッホやシャガールなどの作品もあり見所満載の美術館です。

■詳細情報
・名称:Ateneum Art Museum
・住所:Kaivokatu 2, Helsinki 00100, Finland
・アクセス:ヘルシンキ中央駅よりすぐ
・営業時間: 火金 10時〜18時 水木 10時〜20時 土日 10時〜17時
・定休日:月
・電話番号:0294 500 401
・料金:13ユーロ
・公式サイトURL:http://www.ateneum.fi/?lang=en

もっと見る

ヘルシンキ現代美術館 (キアズマ)

ヘルシンキ現代美術館はキアズマという名称で呼ばれ、こちらはギリシャ語で交差を意味しています。アメリカ人建築家スティーブン・ホールが設計した斬新な建物の中には、前衛的な作品が多く展示されています。

あなたの芸術作品の概念に影響を与えてくれる作品に出会えるかもしれません。

■詳細情報
・名称:Museum of Contemporary Art Kiasma (Nykytaiteen Museo)
・住所:Mannerheimplatsen 2, 00100 Helsingfors
・営業時間:日・火10時〜17時 水木金 10時〜20時30分 土 10時〜18時
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 29 4500501
・料金:12ユーロ
・公式サイトURL:http://www.kiasma.fi/

自然史博物館

世界の自然史がわかりやすくまとめられた博物館です。大きすぎずほどよい広さの敷地内に本物と見間違うかのような生き生きとした剥製が多くみられ、十分な見ごたえで楽しめます。

■詳細情報
・名称:Natural History Museum (Luonnontieteellinen Museo)
・住所:Pohjoinen Rautatiekatu 13, Helsinki 00100, Finland
・アクセス:24番バス「Pohjoinen Rautatiekatu」よりすぐ
・営業時間:夏季・火水金9時〜16時 木9時〜18時 土日10時〜16時 冬季・10時〜17時
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 294 1911
・料金:13ユーロ
・公式サイトURL:http://www.luomus.fi/en/natural-history-museum#_=_

アラビア工場

ARABIA(アラビア)の陶器やiittalaのガラス製品が豊富にそろいます。ブランドごとに分かれているので、予算に合わせてお買い物も楽しめます。食器を見るのが好きな人にオススメです。

2016年9月には歴代製品(アラビアのビンテージ物)が展示されたデザイン博物館がリニューアルオープンします。

■詳細情報
・名称:Arabia Factory
・住所:Arabiakeskus Hameentie 135, Helsinki 00560, Finland
・アクセス:トラム6、8番「Arabian katu」駅すぐ
・営業時間:月~金 10時〜20時(博物館は火~金 12時~18時) 土日 10時~16時
・電話番号:358 (0)204 39 3507
・料金:入場は無料
・公式サイトURL:http://www.arabia.fi/#_=_

ヘルシンキ中央駅

ヘルシンキ中央駅はフィンランドの玄関口。フィンランドの国内線はもちろん、ロシア方面の列車も発着します。ヘルシンキ中央駅で注目したいのがユニークな建物。花崗岩で作られており、時計塔は高さ48.5mにもなります。発車時間に気を付けながら、カメラにおさめたい名建築です。

■詳細情報
・名称:ヘルシンキ中央駅
・住所:Kaivokatu 1, 00100 Helsinki
・アクセス:ヴァンダー空港から列車で約30分
・電話番号:+358 600 41902
・所要時間:30分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.vr.fi/cs/vr/fi/etusivu

ヘルシンキの路面電車

ヘルシンキ市内を縦横無尽に走っているのが路面電車です。気軽に乗れるので、ヘルシンキの市内観光に重宝します。ヘルシンキの路面電車を乗り回すなら1日乗車券が8ユーロで購入できます。乗車の際はカードリーダーに通すことを忘れずに。

■詳細情報
・名称:ヘルシンキの路面電車
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:https://www.hsl.fi/en

かもめ食堂

「ヘルシンキ」の名がブレークしたきっかけは映画「かもめ食堂」のおかげではないでしょうか。かもめ食堂のロケに利用されたレストランが「Ravintola Kamome」という名で営業しています。ぜひ、かもめ食堂のシーンを思い出しながら、食事を楽しんでみましょう。

■詳細情報
・名称:Ravintola Kamome
・住所: Pursimiehenkatu 12, 00150 Helsinki
・アクセス:最寄りの電停は「Telakkakatu」
・営業時間:11:00~15:00/17:00~21:00(月曜日~木曜日)、11:00~15:00/17:00~22:00(金曜日)、17:00~22:00(土曜日)
・定休日:日曜日
・電話番号:+358 (0)9 657 422
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.kamome.fi

フィンランド鉄道博物館

フィンランドの鉄道に興味がある方はフィンランド鉄道博物館に行ってみましょう。館内には年代物の蒸気機関車やディーゼル機関車が展示されています。一部の車両では車内見学も可能です。

フィンランドの車両はとても大きく見えるはず。日本のJRの線路幅は1,067mmですが、フィンランドの線路幅は1,520mmです。

■詳細情報
・名称:フィンランド鉄道博物館
・住所:Hyvinkäänkatu 9, 05800 Hyvinkää
・アクセス:最寄りのバス停は「Martinkatu P」
・営業時間:10:00~17:00(6月1日~8月31日)、12:00~15:00(9月1日~5月31日の火曜日~金曜日)、12:00~17:00(9月1日~5月31日の土曜日、日曜日)
・定休日:月曜日(9月1日~5月31日)
・電話番号:+358 40 862 5241
・料金:9ユーロ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://rautatiemuseo.fi/en

カフェ アアルト

エスプラナーディ通りにあるストックマン百貨店の中には、アカデミア書店という書店が入っており、カフェ アアルトはその2階の奥にあります。書店、カフェ共に、世界的に有名なフィンランドの建築家、アルヴァ・アアルトの設計によるものです。

パン、ケーキ、キッシュなどメニューの種類も多く、特に朝食のセットメニューがオススメです。

■詳細情報
・名称:カフェ アアルト
・住所:Academic bookstore, 2nd floor, Pohjoisesplanadi 39, 00100 Helsinki
・公式サイトURL:http://cafeaalto.fi

カフェ エクベルグ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ekberg1852(@ekberg1852)がシェアした投稿 – 2020年 3月月19日午前9時47分PDT

創業1852年のヘルシンキで最も古いカフェです。特に、フルーツ、パン、チーズ、野菜、自家製ケーキなどを好きなだけ頂ける、朝食ビュッフェが絶品と評判です。またケーキやペストリーはすべて自社製で、持ち帰りもできます。

■詳細情報
・名称:カフェ エクベルグ
・住所:Bulevardi 9, 00120 Helsinki
・公式サイトURL:http://www.ekberg.fi

もっと見る

カフェ エンゲル

ヘルシンキ大聖堂のまん前にあるカフェです。ミートボールやマッシュポテト、サーモンスープなど、フィンランドらしい料理が楽しめます。地元の人にも大人気なので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

■詳細情報
・名称:カフェ エンゲル
・住所:Aleksanterinkatu 26 00170 Helsinki, Suomi
・公式サイトURL:http://cafeengel.fi/ja/

マリカフヴィラ

フィンランドの人気ブランド「マリメッコ」をコンセプトにしたデザインカフェです。マリメッコ・ マリクルマ店に隣接しているので、買い物帰りに立ち寄りやすいです。

食器類はすべてマリメッコ製で、クッションカバーなどディスプレイのセンスも抜群。店内はサンドイッチなどの軽食がメインになっています。

■詳細情報
・名称:マリカフヴィラ
・住所:Pohjoisesplanadi 33, Helsinki 00100
・公式サイトURL:http://www.strindberg.fi/en/front-page/

カフェ レガッタ

築100年以上のコテージをお店にした、かわいいカフェ・レガッタ。ヘルシンキっ子に愛される名物カフェです。シナモンロールとブルーベリーパイが絶品と評判で、ヘルシンキのツアーにも組み込まれることが多い観光スポットです。

■詳細情報
・名称:カフェ レガッタ
・住所:Merikannontie 10, Helsinki 00260, Finland
・公式サイトURL:http://caferegatta.fi

ロヴァニエミ

サンタクロース村

サンタクロースなんて子供の夢物語だなんて思っていませんか?フィンランドにあるサンタクロース村には本物のサンタさんがあなたを暖かく迎えてくれます。

サンタさんのお手伝いさんトンットゥは、なんと日本語がペラペラなんですよ!

■詳細情報
・名称:Santa Claus Village
・住所:Taehtikuja 2, 96930 Napapiiri, Rovaniemi
・アクセス:「ロバニエミ(ロヴァニエミ)」駅より8番バス「アークティック サークル(ARCTIC CIRCLE)」より徒歩1分
・営業時間:1/10~5/31 10~17時 6/1~8/1 9~18時 9/1~11/30 10~17時 12/1~1/6 9~19時
・定休日:店舗により異なる
・電話番号:+358 16 3562096
・料金:村への入場は無料
・公式サイトURL:http://www.santaclausvillage.info/

アルクティクム

北極圏博物館であるアルクティクムでは北に住む人々の生き方や生活の様子を知ることができます。手で触れられる展示やボタンを押すと動物の鳴き声を聞くことができる展示など工夫されたものも多く、肌で感じて学ぶことげできますよ。

■詳細情報
・名称:Arktikum
・住所:Pohjoisranta 4, 96200 Rovaniemi
・アクセス:「ロバニエミ(ロヴァニエミ)」駅徒歩約15分
・営業時間:10時~18時 (6月~8月は9時~18時)
・定休日:月曜日 (6〜8・12がつは月曜も開館)
・電話番号:358163223260
・料金:12ユーロ
・所要時間:1〜2時間
・公式サイトURL:http://www.arktikum.fi/#_=_

ピルケ・サイエンスセンター

フィンランドの重要な輸出品といえば木材。その木材とフィンランド人とのあり方を教えてくれるのがピルケ・サイエンスセンターです。建物にもフィンランドの木材を使用しています。

■詳細情報
・名称:Pilke Tiedekeskus/Science Centre
・住所:Ounasjoentie 6, 96200 Rovaniemi
・アクセス:「ロバニエミ(ロヴァニエミ)」駅から徒歩約15分
・営業時間:9時~18時 (土日10:00~18:00)
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 (0)206 39 7820
・料金:7ユーロ
・公式サイトURL:https://www.tiedekeskus-pilke.fi/jp/

ロヴァニエミ教会

ロヴァニエミの町の人々からも愛され続けている教会です。教会内の巨大なフレスコ画「命の源」がこの教会の独特な雰囲気を生み出しています。

■詳細情報
・名称:Rovaniemen Seurakunta
・住所:Rauhankatu 70, 96101 Rovaniemi
・アクセス:「ロバニエミ(ロヴァニエミ)」駅徒歩約10分
・電話番号:+358 16 335511
・公式サイトURL:http://www.rovaniemenseurakunta.fi/

タンペレ

ムーミン谷博物館

日本でも大人気のフィンランド生まれのキャラクターといえばムーミン。そのムーミン谷の博物館がタンペレ市立美術館のなかにあります。ムーミンの作者であるトーベ・ヤンソンの作品のためだけに作られた施設です。

■詳細情報
・名称:Tampere Art Museums Moominvalley
・住所:Puutarhakatu 34, 33230 Tampere
・アクセス:タンペレ観光案内所から徒歩 7分
・営業時間:火〜金 9時~17時 土日 10時〜18時
・定休日:月曜日
・電話番号:358 (0)3 5656 6577
・料金:8ユーロ
・公式サイトURL:http://muumilaakso.tampere.fi/ja/museo/

プーニッキ公園と展望タワー

プーニッキ公園にある展望タワーを登れば360度のパノラマが楽しめます。眺望も素敵ですが、何よりタワーにあるカフェが人気です。名物のドーナッツを是非いただきましょう。

■詳細情報
・名称:Pyynikki Park and Observation Tower
・住所:Pyynikintie 13, Tampere 33230, Finland
・営業時間:9時〜20時 (夏期は21時まで)
・定休日:無休
・電話番号:(03) 212 3247
・料金:タワー 2ユーロ
・公式サイトURL:http://www.munkkikahvila.net/?page=3

アムリ労働者住宅博物館

タンペレが産業の街だった当時の労働者の生活を知ることができる博物館です。当時の生活で実際使われていたものが状態良く保存されているので、生活感までしっかり感じることができます。

■詳細情報
・名称:Amuri Museum of Workers’ Housing
・住所:Satakunnankatu 49, Tampere 33230, Finland
・営業時間:10時〜18時
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 (0)3 5656 6690
・料金:7ユーロ
・公式サイトURL:http://www.museokortteli.fi/en/

もっと見る

トゥルク

トゥルク城

トゥルク城はフィンランドの三大古城の1つに数えられます。増築や修復を繰り返して守られてきた歴史もあり、見る角度によって全く違う雰囲気を持っているのが特徴です。

現在は博物館になっており、城の一部が公開されています。

■詳細情報
・名称:Turun linna
・住所:Linnankatu 80, 20100 Turku
・アクセス:市バス1番「Turunlinna」すぐ
・営業時間:火~日 10時~18時
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 2 262 0300
・料金:9ユーロ
・公式サイトURL:http://www.turunlinna.fi/en/index.html

トゥルク大聖堂

フィンランドルーテル教会の総本山であるトゥルク大聖堂。長い歴史の中で拡張や再建が繰り返され、ヘルシンキ大聖堂の建築家としても知られるドイツ人建築家カール・エンゲルが設計を手がけ現在の形になりました。

■詳細情報
・名称:Turun tuomiokirkko
・住所:Tuomiokirkonkatu 1, 20500 Turku
・アクセス:市バス「Tuomiokirkko」すぐ
・営業時間:9時~18時
・定休日:無休(イベント時は立ち入り不可)
・電話番号:+358 2 2617 100
・料金:教会ミュージアムは2ユーロ
・公式サイトURL:http://www.turunseurakunnat.fi/kirkot-ja-kappelit/turun-tuomiokirkko

聖ヘンリー・エキュメニカル礼拝堂

こちらの聖ヘンリー・エキュメニカル礼拝堂はフィンランドの現代建築家マッティ・サナクセンアホによって設計され、2005年に建てられた比較的新しい礼拝堂です。

今までの礼拝堂のイメージからは考えられない斬新なデザインながら、自然のぬくもりが感じられる心落ち着く礼拝堂です。

■詳細情報
・名称:Pyhän Henrikin ekumeeninen taidekappeli
・住所:Seiskarinkatu 35, 20900 Turku
・アクセス:マーケット広場から市バス54番で約15分「Meri-Karina」下車すぐ
・営業時間:火~金曜11:00~15:00(5~8月は16:00まで、木曜は年間18:30まで)、土・日曜12:00~15:00
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 2 265 7777
・公式サイトURL:http://www.taidekappeli.fi/index.html

復活礼拝堂

建築家エリック・ブリュッグの名作としても知られるこちらの復活礼拝堂を見に多くのファンが訪れます。一般的な教会でよく見かけるステンドグラスはなく、代わりに窓から外の木々の影が礼拝堂内に映り込ませるという自然の美しさを生かした礼拝堂です。

■詳細情報
・名称:Ylösnousemuskappeli
・住所:Hautausmaantie, 21, 20720 Turku
・アクセス:マーケット広場から市バス9,12番で10分「Uusi hautausmaa」下車すぐ
・営業時間:変動あり。訪問前にインフォメーションセンターで要確認
・定休日:変動あり。訪問前にインフォメーションセンターで要確認
・電話番号:+358 40 341 7530
・公式サイトURL:http://www.turunseurakunnat.fi/osallistu/international-congregation

シベリウス博物館

フィンランドの国民的作曲家ジャン・シベリウスの人生や当時の生活、思想などを垣間見ることができる博物館です。直筆の譜面や、当時の日記なども展示されています。

■詳細情報
・名称:Sibelius-museo
・住所:Piispankatu 17, 20500 Turku
・アクセス:マーケット広場から徒歩10分。市バス「Tuomiokirkko」徒歩3分。
・営業時間:火~日 11時~16時 水は20時まで。水曜コンサートは19時~
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 2 2154 494
・料金:4ユーロ
・公式サイトURL:http://www.sibeliusmuseum.fi/en/

トゥルク美術館

ヘルシンキにあるアテネウム美術館に次いでフィンランドの中で2番目に古い美術館であるトゥルク美術館。サンポの争奪戦(Sammon puolustus)など歴史的名画だけでなく、現代作品も見られる見所満載の美術館です。

■詳細情報
・名称:Turun taidemuseo
・住所:Aurakatu 26, 20100 Turku
・アクセス:マーケット広場より徒歩5分。「トゥルク」駅徒歩10分。
・営業時間:火~金曜11:00~19:00、土・日曜11:00~17:00
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 2 262 7100
・料金:8ユーロ
・公式サイトURL:http://www.turuntaidemuseo.fi/?lang=en

アボア・ウェトゥス・アンド・アルス・ノヴァ

こちらの施設では、中世の歴史と現代アートの作品のコラボレーションが見られます。時代が全く異なるものたちをコラボレーションさせることで、今まで気づかなかった見え方を再発見できる興味深い施設です。

■詳細情報
・名称:Aboa Vetus and Ars Nova
・住所:Itäinen Rantakatu 4–6, 20700 Turku
・アクセス:マーケット広場より徒歩5分
・営業時間:11時~19時
・定休日:なし
・電話番号:+358 207 181 640
・料金:8ユーロ
・公式サイトURL:http://www.aboavetusarsnova.fi/en

ルオスタリンマキ手工芸博物館

19世紀後半の木造小屋が立ち並び、伝統工芸の職人さんたちが当時ままの衣装で工芸品を製作しています。靴や陶芸、ブリキ看板など様々なジャンルの技を見て回りながら、当時の空気も感じることができますよ。もちろん工芸品の購入も可能です。

■詳細情報
・名称:Luostarinmäen käsityöläismuseo
・住所:Vartiovuorenkatu 2, 20700 Turku
・アクセス:マーケット広場より徒歩15分。市バス18番「Luostarinmäki」徒歩5分。
・営業時間:火~日 5月~9月 10:00~18:00 12月 10:00~16:00 (夏期とクリスマスシーズンのみ)
・定休日:月曜日
・電話番号:+358 2 262 0350
・料金:6ユーロ
・公式サイトURL:https://www.turku.fi/kasityolaismuseo

市立図書館

日本でも人気の高い北欧デザイン。こちらの図書館は市立の図書館とは思えないほど開放的でお洒落な空間です。様々なデザインの椅子が用意されており、北欧デザインの素敵さを存分に感じられます。

■詳細情報
・名称:Turun pääkirjasto
・住所:Linnankatu 2, 20100 Turku
・アクセス:マーケット広場から徒歩5分
・営業時間:月~金 9時~20時 土 10時~16時
・定休日:日曜日
・電話番号:+358 2 330 000
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.turku.fi/vapaa-aika/kirjasto

ナーンタリ

ムーミンワールド

1つの島が丸ごとムーミンワールドなので、本当にムーミンの世界に遊びに来たような感覚になれます。ムーミンのお話を一度でも読んだり見たりしたことのある方ならきっと楽しめること間違いなしです。

■詳細情報
・名称:Moominworld
・住所:Muumimaailma Oy Kaivokatu 5 21100 Naantali
・アクセス:バス6、7番「Naantalin kaupunki」
・営業時間:6/11〜8/14 10時〜18時 8/15〜28 12時〜18時 *夏期のみ営業
・電話番号:+358 (0)2 511 1111
・料金:28ユーロ(オンラインは27ユーロ)
・公式サイトURL:http://moomin.co.jp/spot/moomin-world

サヴォンリンナ

オラヴィリンナ城

「ドラゴンクエストの城のモデル」と噂されるオラヴィリンナ城。きらびやかさがある城ではないですが、歴史情緒を感じる重厚な造りをしています。

ここで開催されるオペラは有名で、毎年この時期はホテルが不足するくらい混雑しているそう。幻想的なレイクサイドにある素敵な場所です。

■詳細情報
・名称:オラヴィリンナ城
・住所:Savonlinna 57130, Finland
・公式サイトURL:http://www.kansallismuseo.fi/en/olavinlinna-castle

フィンランドの素敵な観光スポットへ行こう

ムーミンやサンタクロースなどをはじめ、おとぎ話のような魅力がたっぷり詰まったのフィンランドへ是非足を運んでみてくださいね!

もっと見る