第二次世界大戦時のイギリスで、ドイツ軍のタイプライター型暗号機「エニグマ」を解読するために尽力した天才数学者アラン・チューリング。

彼に焦点を置いた映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』はオスカー賞などにノミネートされ、日本でも話題となりました。

もし、この映画を見て暗号解読に挑戦してみたいという人がいるならば、ぜひイギリス・チェルシーにあるバー「The Bretchely」をチェックしてほしい!

アラン・チューリングら暗号解読部隊が活動拠点にしていた「Bletchley Park」を連想させる店名がついているだけでテンションが上がりますよね。

お店は普段ガストロパブの後ろに隠れており、入るためには事前予約が必要。入店後には、エニグマを使って書かれたカクテルレシピの解読というエンターテイメントに挑戦できます。

1枚のチケットでドリンクは3回までオーダーでき、回数を重ねるうちに暗号も難解に。暗号が解ければ、同じものは2つとないアナタだけのオリジナルのカクテルを味わうことができますよ。

もっと見る