ロンドンを毎年訪れる中で印象的だったのが、和食のファーストフードのチェーン店が年々増えていることです。今回は、以前ロンドンを訪れた時から気になっていた、Wasabiでお弁当を購入してみました。日本の和食とはどのように違うのでしょうか?実体験で驚いたことをお届けします。

ビーガン和食が大人気


まず Wasabiで驚いたことは、ビーガンの和食が多いこと。ロンドンではビーガン人口が年々増えていて、どこのチェーン店を訪れてもビーガン食かどうかというのは、一目でわかるようになっています。


Wasabiでは、野菜巻きやパンプキンカツカレーなどがありました。野菜巻きには、きゅうりや人参、パプリカ、アボカドなどが入っていました。色とりどりで食欲をそそります。肝心なお味はというと、劇的に美味しいというわけではありませんが、サラダ感覚で食べることができるお寿司でした。

地元ロンドンで一番人気はチキンカツカレー


Wasabiにはお寿司だけではなく、カレーや麺類なども販売されています。日本人からすると、外国で人気の和食といえば寿司だろうと想像しますが、ロンドンで今一番ポピュラーな和食といえば、チキンカツカレーなのだとか。日本でカツといえば、豚カツですよね。多文化のロンドンでは、お肉の中ではチキンが万人受けをするので、チキンカツが受け入れられやすいのだとか。そのために、カツカレーではなく、チキンカツカレーが人気なのだそうです。

これは寿司?スパイシーな寿司が激辛過ぎる


お寿司の上にかかっている、スパイシーなソースが気になり、スパイシー野菜巻きを購入してみました。ピリ辛程度なのかなぁと思いながら、口にしてみたところ、かなりの辛さ。箸を進めるにつれて、汗が出るほどでした。お寿司を味わうというよりは、スパイシーさが印象に残った寿司でした。


ロンドンの和食は、イギリス人に受け入れられやすいように、進化しているのが印象的でした。私たちが日常口にする和食とは少し違いますが、それでもファーストフードとしてはなかなかのお味でしたよ。

今回は、ロンドンのWasabiでお弁当を購入した時に発見した、驚きの日本食トレンドをレポートしました。私たち日本人の感覚では生まれないような斬新な日本食の世界。ロンドンに訪れたときは、実際に食べて、その違いを肌で感じてみてください!


もっと見る