9月16日までベルギーのブリュージュで開催されているアートの祭典「2018 Bruges Triennial」。期間中、様々なインスタレーション作品が登場しますが、一際注目を集めているのが、運河から飛び出すかたちで設置されている「Skyscraper」と名付けられた作品です。

Skyscraperとは英語で超高層ビルという意味。さすがにそこまでではありませんが、このクジラはビル4階に相当する高さ。なかなかのサイズです。

迫力もさることながら、海で拾ったプラスチックのゴミを使った作品というのも見逃せないポイント。使ったゴミの量は約5トン!集めるのに4ヶ月もかかったそうです。

もっと見る