今や日本人が沢山生活しているほど人気の高いhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlですが、とは言っても異国の地なので、https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlへ行かれる前に知っておかなければならない重要事項をまとめました。

全てがとても大切なことばかりですので、行かれる方はぜひ読んで欲しい内容となっています。基本情報はもちろんのこと、食に関すること、滞在に必要な期間やビザ基本的な物価など、どれもタメになる情報です。

それぞれを項目ごとにまとめたので、読みやすくなっています。ぜひメモ片手にご覧ください。

 

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlの基本情報

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.html

photo by joestump

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlは日本の国土の約1.3倍もある大帝国です。人口は6千3百万人で、そのほとんどが中心都市バンコクに集中しています。言語はhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.html語で、主要都市では英語も通じますが、離れた都市では英語も通じない所がほとんどです。

気温は平均して25度前後、北に行くほど気温は下がり、とは言っても日本の初春くらいの気温です。基本的には雨季と乾季の二つに分かれ、雨季は3月後半から10月後半、乾季はその他となり、雨季時は雨が続く日もありますが、日本の梅雨ほどひどくはありません。

雨が降っては晴れの繰り返しです。乾季は晴れの日がほとんどですが、スコールのような雨が時々降ります。こちらもすぐに晴れ、カンカン照りが続きます。

通貨はバーツ(Bath)で、コインが1、5、10バーツ(bath)で、紙幣が20、50、100、500、100バーツ(bath)の8種類になります。それぞれコインや紙幣にはその数字が書いてあるので、難しくはありません。

信仰心がとても強く、仏教です。朝はお祈り、寝る前にお祈りするなど、とても信仰が厚く、それぞれの家にはお供えと共に仏が飾られています。

 

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlのお祭り

ロイクラトンロイクラトン

photo by Mark Fischer

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlではいろいろなお祭りが開催されます。まず4月には、水掛祭りとしても有名な『ソンクラーン』が各地で開催されます。

一年で最も気温が高い時期で、農業などもお休みに入るこの時期に行われ、友人やご近所さん、通りすがりの人みんなにお水を掛け合う祭りです。

9月後半から開催されるのは、ベジタリアンフェスティバルです。この期間、神様が宿ったとされる人はトランス状態となり、体の頬や皮膚に針のような物を刺し街を練り歩きます。期間中は、肉や酒は控え野菜のみでの生活となり、クライマックスには何千とも言われるほどの爆竹を鳴らし神様を労わるお祭りです。

11月はロイクラトン・コムロイ祭りが開催されます。カラフルなバナナの葉で作られたロイクラトンを最愛の人と一緒に川へ流し、今年も一緒に幸せでいられますようになどの願いを込めるお祭りです。

またコムロイ(紙でつくった小さな気球)を空へ放ち、見えなくなるまで上がったら願いが叶うと言うお祭りも同時に開催されます。

 

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlへの行き方

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e9a39be8a18ce6a99f-5.htmlhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e9a39be8a18ce6a99f-5.html

photo by Norio.NAKAYAMA

日本からhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlへの行き方のご紹介です。https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.html中心都市バンコクへは、直行便が有ります。全日空https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.html国際航空エアアジアユナイテッド航空デルタ航空他、多数。

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlの他の地域へは、バンコクより乗り継ぎが便利です。他は、韓国マレーシアシンガポールなどでの乗り継ぎも可能です。バンコクまでは約6時間ほどのフライト時間となっており、そこまでの長旅とは感じないうちに着いてしまう距離です。

 

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlの物価事情

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/shutterstock_199247588-5.htmlhttps://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/shutterstock_199247588-5.html

photo by shutterstock

旅行に訪れる際に気になるのが物価です。ここでは、だいたいの物価金額を紹介します。確実な金額ではありませんが、参考にしていただければと思います。

お水(約7bath)、屋台のご飯・チャーハンやラーメン類(約50〜70bath)、https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlシャツ(約200bath)、フルーツシェイク(約70bath)、屋台のマンゴー(約40bath)、屋台のスイカ(約20bath)、チキンや焼き鳥(約20bath)、アクセサリー類(約100bath)です。

安いお店も中には有り、値段が付いていない物(特に衣類や雑貨など)は、まとめて買ったりすれば安くしてくれる所がほとんどなので、交渉して値引きしてもらうのも、お買い物の楽しみのひとつです。

 

服装と持ち物

洋服洋服

photo by DavidDennisPhotos.com

https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlは平均気温が25前後となるため、基本は半袖やタンクトップに短パンが基本です。デパートなどでは、冷房が効いているので羽織物が必要ですが、他は特に必要ありません。

しかし、日差しがとても強いので、https://earthpix.net/wp-content/uploads/2021/05/e382bfe382a4-5.htmlの女性は長袖にジーパン姿で歩いているのを良くみかけます。日焼けしたくない人は、長袖も持って行っても良いかとは思います。

その他重要な持ち物としては、日焼け対策として『日焼け止め』『日傘』『帽子』、生活する上で『ポケットティッシュ』『ウエットティッシュ』は必要です。

トイレにはほとんどティッシュが無く、また衛生上すぐに手を拭けるウエットティッシュは持っていた方が便利です。それ以外は、ほとんどが現地調達できます。しかも安いので、特に必ず持って行かなければといった物はありません。コンビニも沢山有るので、買う場所にも困りません。

もっと見る

タイの食べ物

食べ物食べ物

photo by matrongum

タイ料理の名前とどんな料理かを紹介していきます。タイ料理の代表を選びましたので、ぜひタイへ行った際は食べて欲しい物ばかりです。

『トムヤムクン(酸っぱ辛いエビ入りスープ)』
『ソムタムタイ(青パパイヤのサラダ)』
『パックプーンファイデーン(空心菜の炒め物)』
『ヤムウンセン(酸っぱ辛い春雨サラダ)』
『カオパッド(タイ風チャーハン)』
『クンチェーナンプラー(生エビサラダ)』
『クイッティアオ(タイ風ラーメン)』
『カオマンガイ(蒸し鶏のせチャーハン)』
『パッガパオムーサップ(豚肉バジル炒め)』
『ガイトー(フライドチキン)』
『カノムジン(そうめんにカレーをかけた物)』
『カオニャオ(もち米ライス)』

タイ料理は辛い物が多いので、辛くしないでと注文時に頼みたい際は『マイアオペッ』と伝えましょう。辛くしないでくださいと言う意味です。

 

旅行の際の主要観光都市

タイタイ

photo by guillenperez

中心都市としてはバンコクが有名ですが、その他にも沢山の見所があるタイです。

まず、タイの田舎と言えば、チェンマイです。素朴なチェンマイには、ゆっくりとした時間が流れており、キャンプなどをして、星空を眺めるのがおすすめです。

タイは綺麗な海でも有名です。代表的なアイランドとしては、プーケットです。バンコクから飛行機で約1時間半で到着出来、海沿いには沢山のお店やバーであふれています。プーケットから船で行けるピピアイランド、乾季にしか行けないシミランアイランドも、ダイバー好きには有名な島です。

 

タイに滞在可能な日数とビザについて

パスポートパスポート

photo by omoon

タイに滞在可能な日数や、長期滞在する際に必要なビザについてご紹介します。現在ノービザで滞在出来る最長期間が30日間となっています。なお、イミグレーションオフィスへ行き、1900バーツを支払うことにより、追加で30日間滞在が延長出来ます。

それ以上の長期滞在にはビザが必要となり、ビザ取得ツアー『ビザラン』でマレーシアへミニバスで行くツアーが主流ですが、ビザの種類や期間が著しく変化するため、詳しくはタイ大使館などで調べることをおすすめします。

種類には、ツーリスト・スチューデント・ビジネス・家族ビザがあります。

 

タイで注意して欲しい大事なこと!

禁止禁止

photo by けんたま/KENTAMA

タイに行った際に、注意して欲しいことをまとめます。まず絶対に禁止なことは、黄色い服装で歩いているお坊さんには絶対に指をさしてはいけません。

また、仏様が飾ってある方向に足を向けてはいけません。お寺へ行く際は、ノースリーブや短パンなど、肌を露出した服装では行ってはいけません。タイの人の頭を触ってもいけません。頭には仏様がいるとの信仰が強いため、子供に対してもダメです。

水道のお水は飲んではいけません。殺菌されていないため、気になる人は歯磨きの際も、買ったお水を利用することをおすすめします。また、犬や猫に気軽に触れては危険です。病気を持っている可能性が高いです。

 

挨拶は重要なコミニュケーション

shutterstock_135684035

shutterstock_135684035

photo by shutterstock

世界共通で、挨拶をすることはとても大切なことです。特にタイ人は、挨拶をとても重要視するため、タイ語の挨拶を覚えておくと、とても便利です。

簡単な挨拶をご紹介します。タイ語の語尾は女性と男性では異なります。それぞれの言葉の語尾には女性は『カ』男性は『カップ』を付けます。基本的な”おはよう”、”こんにちは”、”さようなら”は『サワディー』です。その際には両手を合わせて言いましょう。”ありがとう”は『コップクン』です。この際も手を付けると、とても印象が良いです。

美味しいは『アロイ』、美味しくないは『マイアロイ』です。何か勧められて美味しかったらアロイと言って美味しかった旨を伝えると喜んでくれます。

何かを売りに来られて、いらない際ははっきりと『マイアオ』と伝えましょう。物売りの人が多いタイでは、やはり観光客には高値で売ってくる際もあります。いらない時ははっきりと伝え、滞在中のストレスを減らす為にも、ぜひ必要な言葉です。

 

これでタイ旅行はバッチリです!

いろいろなタイについての情報をまとめました。これから旅行へ行かれる方は、参考にしていただければと思います。ぜひ、イベントにも参加して欲しいと思います。そのイベントと重なるようなスケジュール作りも検討してみてください。

異国な上、英語もそこまで通じない所もあります。ぜひ、下調べをした上で、無理のない旅行計画を立てて、楽しんできて欲しいと思います。

もっと見る