経済発展によりビル群がひしめきあうシンガポールに存在するアジア随一の「シュールなB級スポット」。おもわず二度見、三度見してしまう独自の世界観は何と駅名にもなっているほどです。

シュールを愛する全世界の人々必見!微笑まずにはいられないその光景をあなたも目撃しよう!

 

ハウ・パーヴィラっていったい?

1935年に医薬品で世界的に知られる「タイガーバーム」(消炎鎮痛剤の軟膏)の売り上げにて財を成した香港の富豪、胡文虎によって作られた庭園。「タイガーバーム・ガーデン」として有名なこの場所は、中国、香港、シンガポールに制作されたが香港は2,000年に閉園してしまったため、現存するのは中国とシンガポールのみ。

 

園内ははたして?

99

Photo by kakizawa

中国の神話や伝説、道教、儒教、仏教をモチーフに12ヶ所の区画に分けられ、それぞれ試行を凝らした演出が組み込まれています。園内は極採色豊かなオブジェが所狭しと並んでおり、なんといっても特徴はそのオブジェのシュールさ。

中国の歴史に詳しくなくても日本語で説明板も立っているので内容も理解できます。入園から閉園まで十分楽しめるその世界観は現地でも有名な場所で知られています。

もっと見る

 

マスコットキャラクターのお出迎え

55

Photo by kakizawa

入場から早々にタイガーバームに印刷されている虎の紋章が3Dとなり出迎えてくれます。その顔は園内を和ませるためにポップに作成されているが、ポップになりきれずややホラー。もちろん手には大量のタイガーバーム。

シュールなオブジェの数々

園内には以下のような世界観が広がっています。

44

Photo by kakizawa

2

2

Photo by kakizawa

無題

無題

Photo by kakizawa

7

7

Photo by kakizawa

 

もはやこんなものまで!?

33

Photo by kakizawa

これは創始者である胡文虎の息子が日本人女性を夫人に迎えた事で作成されました。中国の歴史を基に作られた庭園だけに趣旨からずれた力士はより一際異彩を放っています。もちろん傍らにはタイガーバーム。

 

アクセス、営業時間

MRT(地下鉄)ハウ・パー・ヴィラ駅A出口を出て徒歩10秒。入場無料、年中無休、営業時間9:00~19:00。

入場ゲートの前で既に強烈な個性を放っているのですぐに分かります。駅へのアクセスもよく、年中無休で無料。

 

まとめ

ハウパーヴィラ

ハウパーヴィラ

Photo by Shutterstock

経済発展で商業ビルが立ち並ぶシンガポールの街からすぐの場所にはカオスな世界が広がっています。シンガポールは国土が狭い分、観光で見て回るにはさほど時間がかかりません。立ち寄った際は是非一度この世界観を堪能してみてはいかがでしょうか。

もっと見る