ここ数年、日本人に人気の海外旅行先として、常にトップにある韓国。日本から2時間で行くことができ、場所によっては日本国内を旅行するよりもトータルの値段は抑えられると言うほどです。

そんな韓国ですが、日本各地から多くのLCCが飛んでおり、アクセスもとてもよくなりました。今回は、日本と韓国を結ぶLCCをご紹介します。

韓国に就航しているLCC一覧


まずは韓国に就航しているLCCを紹介します。

t-way

t-wayは、韓国のLCCでありながら、関西からグアム線が飛んでいるなど、韓国にとどまらずアジア周辺に多く就航しているLCCです。飛行機の2レターはTW。

機内持ち込み荷物:10kg未満
受託手荷物:15kgまで、格安航空券の場合4,500円(事前購入)
国内就航都市:東京(成田)、大阪、名古屋、札幌、佐賀、熊本、大分、福岡、鹿児島、沖縄
日本〜韓国就航都市:ソウル(仁川)、釜山、済州、大邱、務安、
公式ホームページ:https://www.twayair.com/main.do

チェジュ航空

チェジュ航空はオレンジの機体が目印です。機内ではミネラルウォーターが無料で配られるので、わざわざ購入する必要がないのが魅力です。日本の就航都市は9都市となっています。2レターは7C。

機内持ち込み荷物:10kg未満
受託手荷物:23kgまで、格安航空券の場合30,000ウォン/30ドル(事前購入)
国内就航都市:東京(成田・羽田)、大阪(関西)、札幌、静岡、福岡、名古屋、松山、鹿児島、沖縄
日本〜韓国就航都市:ソウル(仁川・金浦)、釜山、済州、大邱、光州、清州、務安
公式ホームページ:https://www.jejuair.net/jejuair/jp/main.do

イースター航空

仁川と金浦を中心に就航している航空会社です。稀に北朝鮮へのチャーター便も出しています。飛行機の2レターはZE。

機内持ち込み荷物:7kgまで
受託手荷物:15kgまで、特価価格の場合4,000円(事前購入の場合)
国内就航都市:東京(成田・羽田)、大阪(関西)、福岡、宮崎、鹿児島、沖縄、札幌、茨城
日本〜韓国就航都市:ソウル(仁川)、釜山、清州
公式ホームページ:https://www.eastarjet.net/

エアプサン

日本〜釜山を中心に就航している航空会社。親会社はアシアナ航空で、飛行機の2レターはBX。

機内持ち込み荷物:10kg未満
受託手荷物:15kgまで、スーパーSMARTスペシャル/キャンペーン航空券の場合、28,000ウォン/28USドル(オンライン事前購入の場合)
国内就航都市:東京(成田)、大阪(関西)、福岡、名古屋、札幌
日本〜韓国就航都市:釜山、大邱
公式ホームページ:https://jp.airbusan.com/

エアソウル

日本〜ソウル・仁川を中心に就航している航空会社。親会社はアシアナ航空で、緑の機体が特徴です。飛行機の2レターはRS。

機内持ち込み荷物:10kg未満
受託手荷物:15kgまで、40,000ウォン(オンライン事前購入の場合)
国内就航都市:東京(成田)、静岡、福岡、大阪、米子、宇部、富山、広島、高松、熊本、長崎、沖縄、札幌
日本〜韓国就航都市:ソウル(仁川)
公式ホームページ:https://flyairseoul.com/CW/ja/main.do

LCCを選ぶメリット


LCCを選ぶ一番のメリットは価格が安いこと。LCCではないアシアナ航空や大韓航空だと片道一人2.5万円〜ですが、LCCではだいたい1万円〜1.5万円前後でソウルまで飛ぶことができます。

本数も多く飛んでいるので、予定に合わせて飛行機を選ぶことができるのも大きなメリットです。

もっと見る

LCCを使うなら韓国へ到着時間にも気をつけて


飛行機は、出発時間が早朝・深夜便になるほど安いチケット価格で手配することができます。特にLCCでは、空港に前泊しないと搭乗できなかったり、夜遅くに目的地に着くフライトも多く飛んでいるので、しっかり空港と市内への移動時間も把握した上で手配をするのが賢明です。

いくらLCCだからと言って、全てが安いとは限りません。=安いという感覚だけでなく、しっかり自分のスケジュールにあった飛行機を選ぶようにしましょう。

LCCで韓国に行くのに一番の問題が荷物


LCCで引っかかりやすいのが、荷物の重量です。通常LCCではない航空会社では21kg〜30kgが普通ですが、LCCの場合は大きく異なります。

航空券の種類にもよりますが、多くのケースで飛行機のカウンターで預かってもらう荷物は有料です。そのため、基本的に機内持ち込みの上、液体物は1リットルの透明なビニール袋に入る分のみとなっています

韓国の場合、行きは楽々クリアできることが多いのですが、問題は帰り。特に、女子旅になると買い物三昧で荷物がかなり増え、液体物も持ち込み制限以上になるケースがありますよね。そんな時は、有料で預け荷物プランを選択しましょう。

 

各航空会社によって規定は異なりますが、だいたい15kg〜2,000円程度でオプションとして追加することができるので、予約時に必ず確認しておきましょう。

ちなみに、この荷物のオプション追加は、当日空港カウンターでも手続き可能ですが、オンラインでの事前受付よりも数千円高く支払う必要があるので、基本的には出発前にネット上から手続きを済ませておきましょう。

LCCで韓国に行くときは成田第三ターミナル

成田空港発着のLCCの場合、成田第三ターミナルを利用することになりますが、第三ターミナルへは電車やバスで直接行くことができません。

まず、第二ターミナルへ行き、そのあと徒歩またはバスで第三ターミナルへ移動になります。バスの時間が合わなくても、屋根の下をまっすぐ歩いて行くだけなので、そこまで心配することはありません。

LCCを利用して韓国へ行こう


数年前まではそこまで多く飛んでいなかった韓国便も、LCCのおかげで一日何便も飛ぶようになりました。東京からソウルまでは2時間40分、福岡からは一時間半でアクセスできてしまうほど近いので、週末旅行にもぴったり。

格安航空券を利用すると預け荷物は別料金になりますので、確認して予約しましょう。今年は韓国で楽しい週末を過ごしてみませんか?

もっと見る