ワイン 黒板
(C)AYA

熱い思いから生まれたただものじゃないワイナリー

滋賀県東部にある東近江市。南北朝時代に創建され始め、京都の名だたる僧たちが修行をしたお寺、永源寺に向かう道中に佇むヒトミワイナリー。

ヒトミワイナリー
(C)ヒトミワイナリー

近くには愛知川が流れ、のどかな自然に囲まれた場所にあるこのワイナリー。実は元々アパレル会社を立ち上げていた創始者がイギリスの陶芸家の陶器を収集していたことから、それらの温かみのある作品を見てほしい!という思いから美術館を建設し、

「美術館を訪れる人たちに、美味しいワインを飲みながら語れる場所を作りたい」

そして、

「せっかくワインを飲んでもらうなら、自分たちで葡萄を育て、この土地でワインを作り、飲んでもらいたい!」

という熱い思いからこのヒトミワイナリーが生まれたそうです。

そんな熱い思いから生まれたヒトミワイナリーは美術館だけでなく、ワインの製造・販売・試飲ができる場所、そしてパン屋さんが併設された五感を満たしてくれる場所となったのです。

思わず滋賀まで足を伸ばしたくなる、そんなヒトミワイナリーを紹介します。

日本産生葡萄を100%使ったワインを無料で試飲!

ワイン
(C)AYA

日本産生葡萄を100%使ったワインを無料で試飲できるチャンスなんてなかなかないですよね。
葡萄の産地は地元滋賀県をはじめ、山形、岩手、長野、山梨などなど全国各地の葡萄でワインを醸造しています。

そしてワインのバリエーションが豊富なのもヒトミワイナリーの魅力!是非公式ホームページから種類をチェックしてみて下さい。

試飲カウンター
(C)AYA

お店を入って左側のレジ横にワインを試飲できるカウンターがあります。写真のように、すごく混み合っているワイナリーではないので、店員さんともゆっくりお話ができますし、ワイン一つ一つを説明してくれるので、気になったものは是非試飲!

ヒトミワイナリーといえばにごりワイン!そして新たな種類?オレンジワイン

ヒトミワイナリーのワインが他のワインと違うのは、「にごりワイン」というスタイルで作っているからなのです。

ワイン工程
(C)AYA

少し見にくいですが、写真はヒトミワイナリーのワイナリーにある工程の図。小さくて分かりにくいかもしれませんが、濾過の工程の横にちょっとした説明書きが・・・。

そうです。普通、ワインが製造される工程では透明なワインにするために濾過するのですが、あえて濾過せずにごった状態のまま瓶詰めにした「にごりワイン」。ヒトミワイナリーのワインはどれも無濾過のにごりワインなのです。

写真に収められなかったのが残念ですが、もう一つワインの新たな種類の誕生!?とも言われるオレンジワイン。


(C)ヒトミワイナリー

オレンジワインとは、白葡萄を原料に果汁と種皮をしばらく漬込む『醸し』という製法で造られたワインのことです。色素が抽出され、オレンジ色のような色調になる事からオレンジワインと呼ばれているそうです。
本当にワインかと疑うほどオレンジ色!

もちろん試飲して気に入ったワインは購入できます。

ワインに合うパンを見つけるなら!パンの匠ひとみ工房

入り口を入って右手にあるパン屋さんではワインの酵母を使ったパンからちょっとした御菜パンにハード系のパンなど、たくさんの種類のパンを販売しています。

パン
(C)AYA

そして嬉しいのは持ち帰りだけでなく、自然の風景を眺められる大きな窓がある店内でいただくこともできるのです。

カフェ
(C)AYA

なんだか窓の外を眺めているだけでも幸せな気分。

もちろん、ワインとパンを組み合わせても良し、ワインだけ、パンだけでもOK!滋賀の本やワインの本もあるのでちょっとしたカフェ気分で楽しめるのも魅力の一つ。

他にも地元のお菓子やパン職人が作ったオリーブオイルなど販売しています。

美術館で鑑賞したらワイナリーも見学しちゃう?

入館料500円でイギリスの陶芸家バーナード・リーチの作品を鑑賞できます。今回筆者は入館していないのですが、入り口付近にもいくつか作品が展示されていました。

外にある階段を下っていくとワインを醸造している様子を見学できます。

ワイナリー
(C)AYA

こんなに間近でワイン作りの様子を見学できるのです。11月中の土日は何回かに分けてワイナリーツアーが行われています。予約不要で無料なので、事前に時間をチェックしてぜひ参加してみて下さいね!

食欲の秋。ぜひともワインとパンと芸術を楽しみに東近江市へ!

ヒトミワイナリー
住所:〒527-0231 滋賀県東近江市山上町2083
電話番号:0748-27-1707
営業時間(ヒトミワイナリー・パンの匠 ひとみ工房):10:00~18:00
定休日:なし
公式ホームページ:http://www.nigoriwine.jp/

>アクセス
◆車の場合
名神高速道路八日市ICを降りてすぐ右折。10分程度真直ぐ進むと左手にあります。
◆公共交通機関の場合(乗継時間をあわせ、所要時間1時間~1時間30分程度)
JR 「近江八幡駅」より近江鉄道に乗換、「八日市駅」下車。(所要時間約25分)
→八日市駅より近江鉄道バスに乗換、永源寺車庫行きバスに乗車、「山上口」停留所下車徒歩1分。(所要時間約30分)


もっと見る