埼玉県・川越のお土産といえば、名物のさつまいもを使った菓匠右門の「いも恋」や、東洋堂の「さつまチップス」、川越堂タルトレットパーラーの「川越タルト」など、主に和菓子や洋菓子が多いもの。

見た目も可愛く味も美味しいお菓子は贈る相手によっても選びやすいですが、食べてしまえば終わってしまいます。

そこで、今回は「小江戸川越」の情緒を感じられるようなお土産、川越氷川神社の「江戸風鈴」を皆さんにご紹介します。

 

まずは本川越駅から川越氷川神社へ

川越の散策は川越駅ではなく、主要観光スポットから近い本川越駅をスタート地点にしましょう。歩いて10分ほどで大正浪漫通りや一番街・蔵造りの町並みに到着できるのでおすすめです。

川越氷川神社へは本川越駅から25分ほどかけて歩いてもいいですが、東武バスや小江戸巡回バスを利用した方が時間も節約できて便利です。

東武バスを利用する場合は、上尾駅西口行き(埼玉医大経由)に乗って「宮下町」下車、小江戸巡回バスの場合も「氷川神社前」で降ろしてくれます。
 

風が想いを運ぶ、江戸風鈴

川越氷川神社に到着すると、まず大きな鳥居が目につきます。川越氷川神社は、1500年前の古墳時代に創建された「結びの神様」が祀られている縁結びにご利益がある神社。二組の夫婦と家族の神様が祀られていることから、結婚式やお宮参りのために訪れる人も多いです。

縁結びとはいっても恋愛だけでなく、仕事や人生など「良縁を結ぶ」という広い意味でのご利益があります。

2019年で6度目を迎える祭事「縁結び風鈴」(7/6〜9/8開催)の期間中は境内に2000個もの風鈴が展示され、「チリンチリン」と爽やかな音を響かせます。

境内に展示されている江戸風鈴、実は一つ一つが職人さんによる手作りのもの。縁結び風鈴の開催期間中は、社務所で持ち帰り用の風鈴を購入することができます。

色のバリエーションも豊富で、「赤」「薄赤」「青」「薄青」「緑」「薄緑」「黄」「白」、そして2019年には新たに淡いピンク色の「恋色」と、爽やかな淡い水色の「空色」が追加されました。

もっと見る

箱も可愛いくてお土産にぴったり

江戸風鈴のお値段は2500円。手提げ袋には表が赤い風鈴、裏が水色の風鈴のイラストが描かれていて、手持ちのところは紐になっていて写真との相性もバツグン!

風鈴は頑丈な箱の中に緩衝材で包まれて入っており、願い事を書く川越氷川神社と書かれた木製の短冊も一緒に入っています。

一つ一つが笛吹きで作られた手作りとあってガラス部分の気泡の入り方も違ければ、形にもわずかですが個性があり、どれも一点ものです。太陽の光にかざすとキラキラと反射し、趣があってとても美しいです。

ちなみに風鈴は夏のイメージが強いですが、もともとは中国から邪気除けとして日本に伝わってきたものだそう。風が運んでくる流行病や邪気から身を守ろうと、風鈴の音が聞こえる範囲は災いが起こらないと信じて一年中吊るしていたのだとか。

なので、必ずしも夏しか飾ってはいけない、というものではないようです。
 

ここでしか手に入らない夏の風物詩「江戸風鈴」をお土産に!

All photo by Tomomi Kita

川越に行く機会があれば、ぜひここでしか手に入れることができない一点ものの「江戸風鈴」をお土産に購入してみてください。

現代では風鈴を自ら買う機会なんてなかなかないですから、きっと美しい見た目と音色に「粋な計らいだな」と喜んでもらえると思います。

■詳細情報
・名称:川越氷川神社
・住所:〒350-0052 埼玉県川越市宮下町2丁目11−3
・地図:
・アクセス:東武東上線川越駅または本川越駅からバスで東武バス上尾駅西口行き、ほか埼玉医大経由「宮下町」下車1分
・電話番号:049-224-0589
・公式サイトURL:https://www.kawagoehikawa.jp/

もっと見る