皆さんは波照間島をご存知ですか?この波照間島は、赤道付近に位置する日本最南端の島として知られています。

「果てのウルマ(珊瑚礁)の島」を語源とする波照間島には、 エメラルドグリーンの透き通った海、青い空、島の人たちの優しさなど、他の場所では感じることのできない素敵な魅力があります。

今回は、そんな波照間島へ旅行に行った際、訪れるべき観光スポット10ヶ所をご紹介いたします。

 

波照間島に行ってみての感想

photo by RORO

私は2015年10月に波照間島を訪れました。波照間島は石垣島から高速船に乗って行くのですが、台風や風の影響で便が欠航になることがしばしばあります。私が行った時も台風の影響で便が一日中欠航になって石垣島で滞在することになりました。

台風の前後は、飲食店が閉まっていることが多いので、注意が必要です。波照間島は一日中海を眺めたり、散歩したり、のんびりした時間を過ごせる贅沢な場所です。

 

波照間島の宿に宿泊した時に、台風直後で客室が汚れていたので、おばぁ(沖縄の方言でおばあちゃんのことをおばぁと言います。)と一緒に客室を清掃したり、料理を作ったり、一緒に観光に行ったりと波照間島ならではの体験をすることができました。

 

波照間島のベストスポット

photo by pixta

私がおすすめする波照間島のベストスポットは、日本最南端の地「高那崎」です!日本最南端から眺める景色はとても素晴らしく、地球が丸いということを実感できます。荒波もまた迫力があり、見応えがあります!この場所でボーッとしながら自分と向き合ってみたり、物思いにふけるのもおすすめです!波照間島に行ったらぜひ日本最南端の地に訪れてみてください!

 

波照間島にある日本最南端の碑

波照間島に来たら絶対に見てほしい!島の南側に位置する高那海岸には、フィリピン諸島と海を背景に佇む「日本最南端の碑」があります。

碑の近くには日本全国から集められた石が、まるで蛇行した2匹の蛇のように絡み合って並べられています。これは、『戦争で内地と離ればなれにならないように』という強い思いを込めて作られたものだそうです。

■詳細情報
・名称:日本最南端の碑
・住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間
・アクセス:波照間港→日本最南端の碑(約4km) 自転車/約22分(11km/h)
・備考:トイレ・売店・自動販売機なし
・公式サイトURL:http://www.haterumajima.net/k-hi.php

 

波照間島を代表するビーチ、北(ニシ)浜

『北浜』と書いて『ニシハマ』と呼ぶ、波照間島を代表するビーチです。この『ニシ浜』は港のすぐ横に位置しているので、皆さんが船で波照間港に入る際、まずはじめに目にするビーチになります。

日本で一番美しいとさえ言われる『ニシ浜』は、どこまでも美しいコバルトブルー色。真っ白い砂浜とのコントラストがさらにその美しさを際立たせています。

■詳細情報
・名称:ニシ浜
・住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間
・公式サイトURL:http://www.painusima.com/haterumajima

 

日本最南端の浜、ペムチ浜

波照間島の南側に位置する『ペムチ浜』は、正真正銘、日本最南端の浜!しかしながら、潮の関係で波が荒く、急に深くなっている部分もあったりするので遊泳は禁止。

景色がとてもきれいなので、島の散歩がてらぜひ立ち寄ってみてください。

■詳細情報
・名称:ペムチ浜
・住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間
・アクセス:波照間港の波照間客船ターミナルより島一周道路を日本最南端の碑方面へ徒歩25分
・公式サイトURL:http://www.ritou.com/spot/view-hateruma-hr6.html

 

波照間島から見る満点の星空は圧巻!星空観測タワー

この波照間島は、『星空に一番近い島』として南十字星を観測するのにとても適した場所です。

そんな波照間島にある『星空観測タワー』には、開閉式の天体ドームと200mm屈折式望遠鏡が設置されています。館内では、夜空を眺めながら星にまつわる話を聞く『星空ガイド』という企画も設けられているそうです。

■詳細情報
・名称:星空観測タワー
・住所:沖縄県八重山郡波照間9305-1
・営業時間:(昼間)10:00~12:00 (12時からお昼休み)・13:00~17:00(夜間)20:00~22:00※4月~10月(夏時間)・19:00~21:00※ 11月~3月(冬時間)
・定休日:月曜日
・電話番号:0980-85-8112
・料金:大人400円・小人200円
・公式サイトURL:http://haterumajima-hosizora.jp

 

北側の波照間島の海を一望できるコート盛

珊瑚を積み上げて作られた見晴らし台『コート盛』。小ぶりなものですが、上に登ると島の北側の海を一望できます。

この『コート盛』は、不審船などの通行を発見した場合、烽火によってすみやかに通報したり、難破船の救出をしたりするのに使用したりと、海の安全を守る重要な役目を果たしていたそうです。

■詳細情報
・名称:コート盛
・住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間6240
・アクセス:波照間港波照間客船ターミナルより中央集落方面へ徒歩8分、桟橋通り沿い左側
・公式サイトURL:http://www.okinawastory.jp/spot/600006904

もっと見る

迫力満点!高那崎

波照間島の南東に位置する「高那崎」は琉球石灰岩が侵食できた岬で、日本で最も南に位置する場所としても知られています。

凹凸の激しい海岸線に、南風にあおられた荒波が打ちつける様子は迫力満点です。まわりには台風で転がってきた岩などもあり、自然の強い力を感じることができるスポットとなっています。

■詳細情報
・名称:高那崎
・住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間
・営業時間:24時間
・定休日:なし
・公式サイトURL:http://www.ritou.com/spot/view-hateruma-hr9.html

 

波照間島人気カフェ!kukuru cafe

スーパーマーケットもコンビニもない波照間島ですが、何とカフェはあるのです!日本の最も南に位置する飲食店『kukuru cafe』。

kukuru(ククル)は、沖縄の方言で心という意味だそう。地元でつくられた食材を使った料理はもちろん、キーマ風カレーやベジタコライスなども好評!地元民や観光客など、多くの人が訪れている人気のカフェです。

■詳細情報
・名称:kukuru cafe
・住所:沖縄県八重山郡 竹富町波照間3146
・営業時間:10時00分~15時00分
・定休日:なし
・公式サイトURL:http://cafe-kukuru.com

 

日本最南端!波照間郵便局

日本最南端の場所にある『波照間郵便局』。島を訪れる人が必ず写真を撮りたくなるスポットの一つです。また、波照間郵便局の窓口からハガキを出すと島の風景印を押してくれます。届けば特別な思い出になること間違いなしですよ!

■詳細情報
・名称:波照間郵便局
・住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間106-2
・アクセス:集落中心部、波照間小学校からすぐ
・営業時間:郵便窓口08:30~16:30
・定休日:土・日曜日(ATMのぞく)
・電話番号:0980-85-8342
・公式サイトURL:http://map.japanpost.jp/p/search/dtl/300170407000/

 

波照間のマンホール

photo by pixta

波照間島の知る人ぞ知る見どころのひとつがこのマンホール。よく見ると、波照間島のシンボル「星空観測タワー」と「南十字星」が描かれています。

さらに「日本最南端南」「十字星が輝く島」という文字も!これは波照間島でしか見られませんので、ぜひ見つけてみてください。

■詳細情報
・名称:波照間のマンホール
・住所:波照間島の集落の道など

 

波照間酒造所

波照間島唯一の酒造所にして日本最南端の場所で造られる幻の泡盛「泡波」を作っている酒造所です。直接販売はしていませんが、酒造所の前を通るとお酒の良い匂いがします。

泡波は島の売店などで購入が可能ですが、生産数が少ないので他の観光客に買い占められると出会えないことも。ミニボトルなどは出会える確率がまだ高いので、見つけたら手に入れたいもの。お土産にぴったりですよ。

■詳細情報
・名称:波照間酒造所
・住所:沖縄県八重山郡竹富町波照間156
・アクセス:波照間郵便局から徒歩約1分
・公式サイトURL:http://awanami.net/

 

波照間島へのアクセス・マップ

美しすぎる自然がぎゅっと詰まった波照間島。今すぐ行きたい!なんていう方も多いはず。そんな波照間島へは石垣島まで飛行機で飛び、さらに石垣港離島ターミナルから船で波照間島へと向かいます。

石垣島へは東京・大阪・名古屋・福岡・那覇・宮古島から直行便で向かうことができます。石垣港離島ターミナルへは、石垣空港から直通バスが出ているので迷うことはありません。

石垣島〜波照間島間のフェリーは、片道3,550円、往復6,790円となっており、オンラインでも予約が可能です。

 

まるで別世界のよう。日本最南端の楽園・波照間島

さすが日本最南端の波照間島。本州とは大きく異なる空気が流れていますね。透き通るような美しい青い海、日本最南端の碑など、ここでしか見られない特別な景色がそこにはあります。

皆さんも波照間島を訪れて、ゆったりと素敵な時間を過ごしてみましょう。

もっと見る