冬の雪深さで知られる新潟県ですが、絶景は雪景色ばかりではありません。日本列島の成り立ちに関わるような荒々しい断崖や、夏を謳歌するような花畑など見るべきところがたくさんあります。

一度は見ておきたい絶景を選んでご紹介します。

親不知

photo by c.n./PIXTA

ここを過ぎれば極楽浄土。

日本海に連なる断崖絶壁はかつて、ここを乗り越えれば極楽浄土、といわれるほどの難所だった。現在は海沿いの国道と日本海にせり出した高速道路が絶景を生み出している。

■詳細情報
・名称:親不知コミュニティロード展望台
・住所:新潟県糸魚川市大字市振119-1
・アクセス:JR親不知駅から5km
・電話番号:025-552-1511 (糸魚川市交流観光課)
・公式サイトURL:http://geo-itoigawa.com/igp/about/24geosite/geosite2/#point02

星峠の棚田

photo by Kenichi Washio

水鏡に映る春。

春になると水田は水鏡になり、周囲の風景を鮮やかに映し出す棚田。少し肌寒い晴れた朝は、棚田を覆う朝もやと空や木々を映す水鏡がつくる、幻想的な世界が広がる。

■詳細情報
・名称:星峠の棚田
・住所:新潟県十日町市星峠
・アクセス:JR越後湯沢駅より北越急行ほくほく線大島駅下車7km
・電話番号:025-597-3000(十日町市観光協会まつだい事務所)
・公式サイトURL:http://www.tokamachishikankou.jp/modules/gnavi/index.php?lid=331&cid=26

奥只見シルバーライン

photo by 越山/PIXTA

スリル満点、秘境のトンネル。18kmに渡って19のトンネルが連なる道。荒削りの岩肌がむき出しの壁や急カーブ、湧き水、トンネル内交差点。通り抜けるだけでもスリル満点のアトラクションだ。

中子の桜

photo by 天山/PIXTA

朝一番に訪れたい。雪の残る中子の溜池。そのほとりで満開を迎える桜は、豪雪地帯、新潟だからこそ見ることのできる奥ゆかしい絶景だ。朝には霧が桜を包み、フォトジェニックな姿を見せる。

越後七浦シーサイドライン

photo by アイアンホース/PIXTA

海と緑と岩の絶景。日本海沿いを走る国道402号線のなかで最も美しいといわれる区間。海風に吹かれる道の途中には、洞穴「判官かくし」や角田岬灯台や点在する怪石など、見どころも満載だ。

青海川駅

photo by seiji/PIXTA

日本一海に近い駅。海と山に囲まれた秘境駅。電車を降りると、手を伸ばせば届きそうな距離に日本海が広がる。日没後、波音だけが聞こえる静寂のなか、味わうものは海だけではないだろう。

河岸段丘絶景ロード

photo by みやちゃん/PIXTA

日本一の河岸段丘。全9段、段丘面の高さ、広さから日本一といわれているこの段丘を一望できるのが、河岸段丘絶景ロード。森林の香りと緑を味わう、贅沢な癒やしの旅に出かけよう。

竜ヶ窪の池

photo by なめ/PIXTA

竜がつくった神秘の池。竜が降らせた雨によってできたという伝説が残るこの池。夏には気温差で朝霧が発生し、とっても幻想的な光景が広がる。この絶景に、あなたの心もきっと透き通るはず。

尾瀬ヶ原

photo by genki/PIXTA

黄金色の草紅葉。あたり一面が黄金色の草紅葉で覆われる、秋の尾瀬。まわりの木々の紅葉とはまた違う色合いで、両者を一度に味わうことのできる、なんとも贅沢な場所だ。

美人林

photo by Kenichi Washio

美しすぎるブナ林。あまりの美しさに、その名がついた美人林。木炭製造のために丸坊主になった山に育ったブナの木は、野鳥の生息地として近年見直されている。紅葉の見頃は10月中旬頃から。

夏井のはざ木

photo by f-91/PIXTA

雪と田園の情景。木と木の間に横木を渡して刈り終わった稲を掛ける、はざ木。一年の役目を終えた冬、独特の形をしたはざ木が雪に覆われた姿からは、美しい日本の原風景を感じられる。

こちらから以下は「365日 日本一周 絶景の旅」に載っていないスポットです。

もっと見る

清津峡

8213395889_31fa1bfd4d_b8213395889_31fa1bfd4d_b

photo by ume-y

日本三大渓谷の1つ清津峡(きよつきょう)は、閃緑ひん岩の巌礁と荘厳とも言うべき柱状節理が見事な国指定名勝天然記念物です。

渓谷沿いの遊歩道は落石事故で人が亡くなってから閉鎖され渓谷の美しさが見られなくなっていましたが、平成8年に完成した清津峡渓谷トンネルでまた鑑賞できるようになりました。

全長は750mの歩道トンネルには4カ所の見晴所があり、安全に清津峡の大自然を味わうことができるようになっています。特にトンネル終点のパノラマステーションからの眺めは絶景としか言いようがありません。

■詳細情報
・名称:清津峡渓谷トンネル
・住所:新潟県十日町市小出
・アクセス: 越後湯沢駅(東口)より森宮野原駅行き急行バス、バス停「清津峡入口」下車徒歩約30分
・営業時間:9:00am~5:00pm
・定休日:1月中旬~3月31日冬季休業
・電話番号:025-763-4800(渓谷トンネル管理事務所)
・料金:600円
・所要時間:約60分(往復1,500m)
・オススメの時期:10月下旬~11月上旬(紅葉)
・公式サイトURL:http://www.nakasato-21.com/kiyotsu2/index2.html

 

現代でも道路を作るのは難工事で、第三世代の国道8号線は崖に張り付いたように走っていますし、第四世代の北陸自動車道は海の中に橋脚を建てて道路を通しています。

第二世代の旧国道を整備し、「親不知コミュニティロード」という遊歩道になっていますので、そこの展望台から険しい断崖や、波打ち際の第一世代の道、国道8号線、北陸自動車道まで見渡すことができます。遊歩道は「日本の道100選」に登録され、また「土木遺産」に認定されています。

高谷池湿原・天狗の庭湿原

1024px-Hiuchitama_1999-9-41024px-Hiuchitama_1999-9-4

photo by Alpsdake

火打山への登山道の途中には高山植物の宝庫と言われている高谷池湿原と天狗の庭湿原があります。

7月から8月にかけてはハクサンコザクラやチングルマ、ツガザクラなどが一斉に開花し、地上の楽園と呼ばれるのも納得の絶景が見られます。

■詳細情報
・名称:高谷池湿原・天狗の庭
・住所:妙高市杉野沢八貴山国有林42
・アクセス:えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン・しなの鉄道「妙高高原駅」よりバス(50分)火打山登山口より徒歩
・電話番号:0255-86-3911(妙高市観光協会)
・所要時間:火打山登山口から高谷池湿原・天狗の庭まで徒歩2時間40分
・オススメの時期:7月~8月
・公式サイトURL:http://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=8519

苗名滝

7701207398_138052e279_b7701207398_138052e279_b

photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

7707087960_8b250029a7_b7707087960_8b250029a7_b

photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

苗名滝(なえなたき)は関川にかかる落差55mの滝です。柱状節理の玄武岩壁を勢いよく流れ落ちる様子はとても迫力があり、「日本の滝百選」にも選ばれています。

特に春の雪解けの頃には水量も多く、近づくと地響きがするので「地震滝」の異名があります。また、秋の紅葉の季節の美しさは絶景と言う以外ないでしょう。車で行くと駐車場から徒歩15分ほどで着きます。

■詳細情報
・名称:苗名滝
・住所:新潟県妙高市杉野沢
・アクセス:えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン・しなの鉄道「妙高高原駅」より頸南バス(30分)
・電話番号:0255-86-3911(妙高市観光協会)
・オススメの時期:春の雪解け頃、10月中旬頃(紅葉)
・公式サイトURL:http://www.myoko.tv/sightseeing/550.html

笹川流れ

9520446467_9008655104_b9520446467_9008655104_b

photo by M.Murakami

笹川流れ(ささがわながれ)は新潟県村上市の寒川から浜新保にかけての海岸を言います。笹川の沖合を岩の間を盛り上がるように流れていく潮流から名付けられました。

国の名勝・天然記念物に指定されている海岸は、遊覧船から見るとユニークな形の巨岩や奇岩がそびえ立ち、見るものを圧倒します。

また夕日の美しい場所としても有名でJR羽越本線桑川駅に併設された道の駅が絶景ポイントになっています。

 

■詳細情報
・名称:笹川流れ
・住所:村上市寒川~浜新保
・アクセス:JR羽越本線「桑川駅」・「今川駅」・「越後寒川駅」より徒歩5分
・電話番号:0254-77-2259(村上市観光協会山北支部)
・公式サイトURL:http://www.city.murakami.lg.jp/site/kanko/sasagawanagare.html

津南町のひまわり広場

2731869210_eab819ee4a_b

2731869210_eab819ee4a_b

photo by Shinji

津南町の沖ノ原台地には50万本のひまわりが咲き誇る広場があります。若者たちのグループが、遊休農地を利用して自らの楽しみのためにひまわりを植えたのが最初ですが、今では4haの畑いっぱいにひまわりが咲くようになりました。

畑の中にはひまわりの迷路も作られ、鑑賞に訪れる人々の目を楽しませています。見晴台からの一望は絶景です。

■詳細情報
・名称:津南ひまわり広場
・住所:新潟県中魚沼郡津南町大字芦ケ崎
・アクセス:JR飯山線「津南駅」より車で15分
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:7月下旬~8月中旬のみ開園
・電話番号:025-765-5585(津南町観光協会)
・オススメの時期:7月下旬~8月中旬
・公式サイトURL:http://tsunan.info/page_miru-toru/details.php?main=1&no=1238547964

長岡まつり大花火大会



だれもがその迫力に圧倒される、日本の夏の風物詩。特に日本三大花火の1つでもあるこの花火大会は、信濃川の河川敷を舞台に2日間に渡って約2万発もの花火が打ち上げられ、のべ100万人の観客を魅了し続けています。

三大花火の中では唯一、競技花火としてではなく「慰霊・復興・平和への祈り」をテーマに、毎年思いを込めて開催されます。浴衣に着替えて、電車に乗って、北陸へ。夏の夜の思い出を大切な人と一緒に心に刻みたいですね。

■詳細情報
・名称:長岡まつり大花火大会
・住所:新潟県長岡市信濃川河川敷長生橋下流
・アクセス:JR上越新幹線長岡駅から徒歩30分
・公式サイトURL:https://nagaokamatsuri.com/

まとめ

遊休農地の是非はともかく、冬になれば深い雪の下になるところが夏の華やぎを見せるのは心に残る景色です。

もっと見る