全国の皆さん、はじめまして!えいちゃん(@EIsland89Mt)です。

住めば都なものでして、今年で宮城に住んで3年が経ちました。“杜の都 仙台”をはじめ、牛タンやずんだ餅、日本三景の松島がある宮城ですが、他に何があるかご存じですか?

魅力たっぷりな宮城ですが、実は意外なことに宮城について知人や県外にいる友人に聞いても「意外とおすすめの場所ってあまりないよね?」と言われたり、大学で仙台の来訪者を調査した時も「観光地が少ない」「一度来たら十分」などネガティブな意見がちらほらと……。

そんなイメージがついてしまっている宮城県ですが、そんなことありません!まだまだ知らない魅力がたくさんある!今回はこの記事見れば無限に宮城に訪れたくなるくらいのグルメや穴場スポットをご紹介します!

宮城のグルメを味わう

日本最古のハンバーガー店「ほそやのサンド」

「日本のハンバーガーはここから始まった!」と言っても過言ではないくらい、日本で最も古いハンバーガー店。戦後間もない1950年から半世紀以上に渡って営業しています。創業者の細谷正志さんが米進駐軍で当時まだ珍しかったハンバーガーに出会い、米軍のレシピを基にお店を立ち上げました。

オススメは「ハンバーガー」と「チーズバーガー」。シンプルな盛り付けですが、創業以来こだわり続けている宮城県産牛肉を1ooパーセント使用したジューシーなパティ、パティに合うように特注しているバンズ、そして少し酸味の効いたソースは、どこか懐かしさを漂わせる一品。

テイクアウトも可能なので、仙台散策のお供にもピッタリです!

■詳細情報
・名称:ほそやのサンド
・住所:宮城県仙台市青葉区国分町2-10-7 大内ビル1F
・アクセス:勾当台公園駅から徒歩5分
・営業時間:【月~土】12:00~22:00【日・祝】12:00~20:00
・定休日:無休
・電話番号:022-223-9228
・公式サイトURL:https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4001112/

フカヒレだけじゃない!気仙沼の珍味「もうかの星」

高級食材の「フカヒレ」で有名な気仙沼。サメの水揚量が日本一ということもあり、サメ肉を使った料理や加工品がたくさんあるのですが、「もうかの星」とはモウカザメの心臓のこと。

気仙沼ではポピュラーな食べ物でスーパーでも売られていますが、他の地域ではなかなか手に入りにくいため、これを食べるために足を運ぶ人も多いのだとか。当然人気もあるので、お店に行って必ずしも食べられるというわけではないそうです。

酢味噌に付けてお刺身で食べるのが一般的で、気になるお味は…………生臭さもなくあっさりとした味で、コリコリとした食感はレバ刺しやハツ刺しのイメージに近いと思います!その地だからこそ美味しく食べられるもの!ぜひご賞味ください!

■詳細情報
・名称:ぴんぽん
・住所:宮城県気仙沼市南町1-2-3
・アクセス:不動の沢駅から徒歩15分
・営業時間:17:00~23:00
・定休日:日曜日
・電話番号:0226-23-7007
・公式サイトURL:https://tabelog.com/miyagi/A0404/A040401/4002420/

名前だけじゃなくて本当に輝いてます!南三陸の「キラキラ丼」



リアス式海岸がある豊富な漁場で知られる南三陸町。養殖はもちろんさまざまな魚が獲れるので、おいしい「海鮮」を食べたいなら南三陸へ行くことをおすすめします!

その中でも地元の食材を町の飲食店が協働して提供されている「キラキラ丼」は、名前だけでなく見た目も“キラキラ”。震災の影響で一時は提供を中止していましたが、現在ではまたあのおいしさを求めて、多くの方が足を運んでいます!

キラキラ丼の最大の特徴は、季節によって使われるネタが異なること!夏にはウニが乗っていたり、冬にはイクラを味わえることも!四季折々で旬な味覚を楽しみに行ってみませんか?

■詳細情報
・名称:食事処 松原
・住所:宮城県本吉郡南三陸町志津川字本浜町109
・営業時間:11:00~14:00/17:00~21:00
・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
・電話番号:0226-46-2433
・公式サイトURL:https://tabelog.com/miyagi/A0404/A040402/4020144/

他にも、宮城のグルメを味わう方法

・ラーメンでもそうめんでもない!謎の麺「白石うーめん」って何?
・最初から麺が茶色い!?宮城のB級グルメ「石巻焼きそば
・歌手のあいみょんも大好きな仙台麩を使った「油麩丼
・意外と知られていない「仙台あおば餃子」の見た目のインパクトに驚愕
・甘党必見!「甘味処 彦いち」で食べる黒糖パフェが美味し過ぎる!
・あの味が帰ってきた!山元町で獲れる貝の王様ホッキを使った「ほっき飯
・仙台で朝ラーしませんか?早起きしてでも行きたい「伊藤商店」の中華そば
・創業40年!仙台のデパ地下に君臨し続ける「北京餃子」の餃子定食は変わらぬおいしさ
・牛タン焼きは有名だけど“タンしゃぶ”も負けてない!「五臓六腑」で絶品タンしゃぶ
・海の幸がおいしい町なら回転寿司もおいしい!「廻鮮寿司 塩釜港」で新鮮なネタを
・そろそろ肉も恋しい……。「もり達」のボリューム満点な唐揚げやチキンカツ
・地元の素材を使うふわもこオムライスを堪能
・色麻町の「ライスフィールド」で自然に囲まれながらお洒落なランチ
・仙台駅から近い「どん辰」でコスパ最強な海鮮丼をいただく

宮城の穴場スポットを訪れる

みちのくの小京都「村田町」で昔ながらの街並みを散歩



かつて商都だった「村田町」。町の中心部には、今も蔵と門が残っています。

レトロな街並みを歩けば、江戸時代にタイムスリップした気分になれるかも?

JAXAの研究施設!角田市の「スペースタワー・コスモハウス」で宇宙を体感



宇宙好きの方におすすめしたいスポットがこちら。角田市スペースタワー・コスモハウスです。

角田市には、「宇宙航空研究開発機構(JAXA)角田宇宙センター」があります。そのため、「宇宙」をテーマとしたまちづくりが行われています。

その一環としてつくられたのが「H-Ⅱロケット実物大模型」「スペースタワー」「コスモハウス」。スペースタワーは44.9mの高さがあります!

■詳細情報
・名称:角田市スペースタワー・コスモハウス
・住所:角田市角田字牛舘100
・アクセス:阿武隈急行角田駅下車徒歩15分
・営業時間:AM9:00~PM5:00(3月1日~10月31日)AM9:00~PM4:00(11月1日~2月28日)
・定休日:毎週火曜日 年末年始(12月29日~1月3日)
・電話番号:(0224)-63-5839

野球やサッカーだけじゃない!「スポーツランドSUGO」でモータースポーツ観戦



国際レーシングコースがある「スポーツランドSUGO」。4輪レース、2輪レース、カートレース、自転車レースが開催されています。

パーカーやタオル、キャップなどなど、オリジナルグッズの販売もあるので、一緒に行った人とおすすめにするのも楽しいかも!

■詳細情報
・名称:スポーツランドSUGO
・住所: 宮城県柴田郡村田町大字菅生6-1
・営業時間00~17:00
・公式サイトURL:https://www.sportsland-sugo.co.jp/

他に、宮城の穴場を観光するなら

・お城好きや日本史好きはマストで行きたい「白石城
・猫島で知られる宮城の離島「田代島」で身も心も癒やされたい
・石ノ森作品がたくさん!「石ノ森萬画館」で幼き頃を思い出す
・宮城最強のパワースポット「鹽竈神社」でご利益を
・旧石器時代がそのまま!「地底の森ミュージアム」で大昔へタイムスリップ
・泊まらなくても楽しい「HOSTEL KIKO」でワクワクするイベントに参加
・歴史のロマンを求めて。「美里町」で古代遺跡巡り
・できたてビールが飲める?「キリンビール仙台工場」でビールを学ぶ
・資料館や博物館も!?学都仙台の名門「東北大学

宮城で自然を満喫する

本当に東北?南国ビーチを彷彿させる網地島の「網地浜海水浴場」で海を満喫する

宮城のビーチといえばここ、網地浜海水浴場。透明度の高い、エメラルドグリーンの海が楽しめます。

この夏、東北でリゾート気分を味わいたい方にイチオシです!

■詳細情報
・名称:網地白浜海水浴場
・住所:宮城県石巻市網地浜
・営業時間:9時00分 ~ 15時30分(7月中旬~8月下旬)

宮城でも樹氷が見られる!「すみかわスノーパーク」で樹氷とウィンタースポーツを



宮城の冬を満喫したいならここ、すみかわスノーパークがイチオシ。樹氷が見られたり、雪の回廊さんぽツアーに参加できたり、ウィンタースポーツを楽しめたり……1日では足りないほど、さまざまな楽しみ方があります!

時期によっては、20代限定のおトクなプランが用意されていることも!要チェックです。

■詳細情報
・名称:みやぎ蔵王すみかわスノーパーク
・住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字倉石岳国有林内ゲレンデハウス
・電話番号:0224-87-2610
・公式サイトURL:http://www.zao-sumikawa.jp/winter.html

宮城県民の自慢!「船岡城址公園」と「白石川堤一目千本桜」の桜は本当にスゴイ



春の名所なら、船岡城址公園と白石川堤一目千本桜がおすすめ。 船岡城址公園は、ピンク一色の山が一望可能。白石川堤一目千本桜は、8kmほども続く桜並木を楽しめるスポットです。

この2つのスポットは距離がさほど離れていないので、1日に両方まわるなんて贅沢なことも可能です!

他に、宮城の自然を満喫する方法

・これを見なきゃ帰れない!蔵王の「御釜」は見た者のみがわかる圧巻の景色
・那智・華厳と並ぶ日本三名瀑「秋保大滝」の大迫力に言葉を失う
・渡り鳥の越冬地「伊豆沼」で朝焼けに飛び交う鳥たちの群れはまさに絶景
・仙台市からアクセス良好!「泉ヶ岳」で登山&スキーをお手軽に
・紅葉観るならここへ行け!「栗駒山」から眺めるカラフルな景色は最高なんです
・その名の通り大理石!気仙沼の「大理石海岸」は美しい
・子どもにたくさんの自然体験を!「モリウミアス」で自然と共存する暮らしを体験
・松島に負けてません!利府町の「馬の背」は天然にできた自然の桟橋
・世界有数の漁場は魚がたくさん!女川町で「ダイビング
・大自然で叫びたくなる七ヶ宿の「やまびこ吊り橋」は東北一大きな吊り橋
・「みちのく杜の湖畔公園」で四季折々の自然を満喫

もっと見る

宮城のおしゃれスポットを満喫する

五感を使ったミュージアム?大崎市の「感覚ミュージアム」で不思議体験



ひと味違う不思議な体験ができるのは、ここ「感覚ミュージアム」。

視覚・聴覚・嗅覚・触覚をテーマにしたミュージアムです。館内はダイアローグゾーン(身体感覚空間)とモノローグゾーン(瞑想空間)の2つのゾーンに分かれており、見る、聞く、触れる、嗅ぐという、感覚をフルに使った体験ができます。

■詳細情報
・名称:感覚ミュージアム
・住所:宮城県大崎市岩出山字下川原町100
・アクセス:岩出山駅から徒歩約7分、有備館駅から徒歩約10分
・営業時間:9:30~17:00(最終入館16:30)
・定休日:毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
・電話番号:0229-72-5588
・公式サイトURL:https://www.kankaku.org/

∞の世界が広がる「仙台万華鏡美術館」はあなたを虜にする

万華鏡の魅力を余すことなく伝えてくれるのが、ここ仙台万華鏡美術館です。

季節ごとに異なる万華鏡の展示を楽しめるほか、ミュージアムショップでお土産を買ったり、体験コーナーでオリジナルの万華鏡作りを体験することもできます。友だち同士で行っても、ファミリーでも、いい思い出になりそうです。

■詳細情報
・名称:仙台万華鏡美術館
・住所:宮城県仙台市太白区茂庭字松場1-2
・アクセス:秋保温泉行き乗車「松場」バス停下車すぐ
・営業時間:9:30〜17:00(最終入館16:30)
・定休日:年ごとに異なる
・電話番号:022-304-8080
・公式サイトURL:http://www.iyashisekai.com/sendai/index.html

緑に囲まれた「宮城峡蒸留所」でニッカウヰスキーを体感しよう



ちょっとオトナな観光プランをお探しの方、宮城峡蒸留所はいかがでしょう?

宮城峡蒸留所は、ニッカウヰスキーのウイスキー蒸溜所です。毎年17-18万人が見学に訪れるほど、人気観光スポットとなっています。ここを訪問した後は、ウイスキーをもっとおいしくいただけそうですね!

訪問前には、予約をお忘れなく!

■詳細情報
・名称:宮城峡蒸留所
・住所:宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地
・アクセス:JR仙山線作並駅下車徒歩25分
・電話番号:022-395-2865
・公式サイトURL:https://www.nikka.com/distilleries/miyagikyo/index.html

宮城のおしゃれスポット、もうちょいあります

・庭園の中でのんびりランチ「」で優雅なひとときを
・空の玄関「
仙台空港」はインスタ映えするおしゃれスポット
・名取市のおしゃれなお店「
Natu-Lino」で絶品ジェラートはいかがですか?
・「
やくらいガーデン」で咲き乱れる花々に囲まれたい
・ガラス張りが美しい「
せんだいメディアテーク」で本や美術に触れる
・本×コーヒーの組み合わせ、最高ですよね!貸本も行うカフェ「
青山文庫
・田んぼの中にカフェが!?登米町の「
CAFÉ GATI」で束の間の休憩
・カラフルなお餅が可愛い!「
村上屋餅店」でおやつタイム
・カフェに着くまでもドキドキ!「
カフェハヴントウィーメットオーパス」で最高の一杯を

宮城でユニークなデートをする

山元町の「ICHIGO WORLD」で甘酸っぱいイチゴ狩りを!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ICHIGO WORLD(イチゴワールド)さん(@ichigoworldjp)がシェアした投稿 – 2019年 5月月24日午後11時07分PDT

デートでイチゴ狩り、楽しそうじゃないですか?

山元町にある「ICHIGO WORLD」は、広くて清潔感のあるイチゴ農場です。高いところにイチゴがなっているため、かがまずに立ったままイチゴ狩りが楽しめるのもポイント。限定品のおみやげもおすすめです!

■詳細情報
・名称:ICHIGO WORLD
・住所:宮城県亘理郡山元町山寺字桜堤47
・アクセス:山下駅から徒歩9分
・営業時間:2019年1月2日〜5月31日の10:00〜16:00(最終受付15:00)
・定休日:木曜日・金曜日
・電話番号:
・公式サイトURL:http://ichigo-world.jp/

上から見たらハートが!磊々峡の「覗橋」で恋人とほっこり



秋保にある恋人の聖地といえば、「覗橋」です。橋から下をのぞき込むと、ハート型の岩のくぼみが見えるんです。
散歩がてら、かわいいハート型を見つけてほっこりしてみては?

四季折々を貸切露天風呂で。「温泉山荘だいこんの花」で2人きりの時間を

 

この投稿をInstagramで見る

 

温泉山荘だいこんの花さん(@onsensansou_daikonnohana)がシェアした投稿 – 2019年 5月月14日午前12時08分PDT

恋人との旅行にイチオシの温泉がこちら、「温泉山荘だいこんの花」。4つの貸切露天風呂があるので、ふたりでゆっくり温泉を満喫できちゃいます。雪待ち、通り雨など、温泉の名前もすてきですよね。

■詳細情報
・名称:温泉山荘 だいこんの花
・住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉北山21-7
・電話番号:0570-04-1155
・公式サイトURL:https://www.ichinobo.com/daikon-no-hana/

他に、宮城でデートするならこんな体験

・荒川静香も羽生結弦もここで育った!「アイスリンク仙台」でスケート
・星空を観ながらドキドキ……「仙台市天文台」のプラネタリウムと展望鏡は超オススメ
・ふたりの愛をいつまでも!パワースポット「二柱神社」で縁結び
・「国見峠」で夜のドライブ!一味違った仙台の夜景もどうですか?
・「仙台市縄文の森広場」で思い思いの土器や土偶を作りたい
・欧米感を味わえる「錦ヶ丘ヒルサイドモール」でショッピングデート
・雨の日でも楽しみたい「ふくろうカフェRicky」で動物たちに癒やされる
・「円通院」のライトアップされた神秘的な庭園で夜のロマンティックなデートを

宮城の夜を観光する

隠れた仙台の名店「源氏」で昭和な雰囲気を味わう

安くおいしいものを食べたい方におすすめなのが、仙台の隠れた名店「源氏」です。タイムスリップしたような空間のなかで、しっぽり食事ができます。

なお、予約はできないので注意してください!

■詳細情報
・名称:源氏
・住所:宮城県仙台市青葉区一番町2-4-8
・アクセス:青葉通一番町駅から徒歩3分
・営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
・定休日:日曜・祝日
・電話番号:022-222-8485
・公式サイトURL:https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4000031/

 

夜景は街だけじゃない!仙台港で「工場夜景」を楽しむ



ここ数年ブームになっている工場夜景。仙台でももちろん、抜群のスポットがあります。それがここ「仙台港」。

写真が得意な方は、ぜひこのきらめきを写真に収めてみてください!

夜が明ければ朝が来る!夜更かししてでも「大高森」からの御来光は外せない

日本三景である松島を一望できるスポットがここ、大高森の展望台です。小高い丘の上までのぼっていくと、そこには絶景が。

もちろんお昼の時間帯もきれいですが、ぜひ一度は御来光を見てみてください。

他に、宮城の夜を楽しむ方法

・「壱弐参横丁」はまさに夜のディープスポット!お気に入りの店を探してみませんか?
・夜景を見るなら「AER」が一番!無料で仙台の夜を眺められます
・25時まで営業している「あゆみBOOKS」で帰りがてらに本探し
・流れ星を見に行こう!「気仙沼大島」で星空を観察
・星空を満喫したい!そんなあなたには「蔵王町」がおすすめです
・宮城名物、食べ忘れていませんか?「蔵の庄」で食べ納め
・亘理町の冬の手作りイルミネーション「コダナリエ」で心も身体もぽっかぽか
・日本酒をとことん楽しむなら「NONBEE」で利き酒してみませんか?

宮城の温泉でゆったりする

名峰蔵王のお膝元「遠刈田温泉」は宮城南部の観光拠点としても



宮城南部の観光名所といえばここ「遠刈田温泉」。温泉に泊まって、南部を観光して回るのがおすすめです。

公式サイトにいくつかの温泉宿が掲載されているので、ぜひご自分にぴったりのプランを探してみてくださいね。

■詳細情報
・名称:遠刈田温泉
・公式サイトURL:http://togatta.jp/

昔ながらの湯治宿が今も残る「鎌先温泉」で“奥羽の薬湯”に浸かる



鎌先温泉には、昔ながらのちょっと古風な温泉旅館があります。都会の喧噪を離れて、こんな風情ある宿に泊まって奥羽の“奥羽の薬湯”に浸かってみては?心も体もほぐれること請け合いです!

また夜には、温泉街がライトアップされます。夜の散歩もあわせて楽しんでみてはいかがでしょうか。

その他、宮城のおすすめ温泉

・これぞ宮城の名湯「鳴子温泉」で新緑や紅葉も贅沢に堪能する
・「秋保温泉」はこんなに山奥にあるのに“仙台市”なんです
・日本三景を独り占め!「松島温泉」で風情あるひとときを満喫したい
・大きなこけしがお出迎え!美肌効果抜群の「作並温泉
・与謝野晶子が歌に詠んだ、標高800mにある秘湯「青根温泉
・「気仙沼温泉」はリアス式海岸を眺めながら浮遊浴ができる不思議な温泉
・大河原町の天然温泉「いい湯」はブランド豚も味わえる穴場スポット
・仙台市民の憩いの場「竜泉寺の湯」で温泉以外にも癒やされる

宮城らしいお土産を買う

実はクラフトビールも有名「松島ビール」の飲み比べセットはいかが?

ご存じでしたか?実は宮城県は、クラフトビールも有名なんです。

松島ビールとしてラインナップされているのは、4種のビール。ビール好きのあの人へのおみやげにいかがですか?きっと喜ばれるはず!

南三陸の「タコぷりん」は厳選素材を使った“デザートじゃないデザート”

タコぷりん。さて、どんな食べものを想像しますか?

タコぷりんは、贅沢な食材から作られたキッシュなんです。もちろん名前のとおり、タコも入っています。食事にも、ちょっとおしゃれなおつまみにもぴったりですよ。

宮城らしいお土産、まだまだあります

・種類が豊富で迷ってしまうくらい「仙台駄菓子」は変わらぬ味で愛されています
・宮城発祥!「シューラスク」は食べ始めると止まらなくなる
・個人的にもよく買っている岡田の「仙台長なす漬」は本当に美味しい
・お洒落なお酒をお土産にするならスパークリング日本酒「すず音」がイチオシ
・革新的なお土産「防災明かりこけし」は地震の揺れでライトが点灯する優れもの
・地元職人が作る「木地玩具」は子どもへのお土産にぴったり
・映画「殿、利息でござる!」の主人公の子孫が営む「酒の穀田屋」で地酒を買う
・変わり種はいかが?「牛タン仙台ラー油」はギューッと牛タンが詰まった万能調味料
・贈り物にはピッタリな「お茶の井ヶ田」のお茶やお茶菓子
・何にでも合う「アカモク」は料理好きな人が貰うと嬉しいんです
・「コズミックキャンディ」は食べるのがもったいないくらい綺麗

最後に

ながーい記事でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございます!「え、こんな所あったの?」「いつも行ってる近くにこんな場所があるなんて!」と思う人が続出して、宮城県にもっと足を運んでもらえたらと思います!

四季折々、海千山千、美味い物たくさんな宮城にぜひ来てくださいね!

もっと見る