京都にまたひとつ、新たに魅力的な宿泊施設がオープンした。

名前を「梅小路Potel(ポテル)京都」といい、これは「Hotel()」「Port(港)」を組み合わせた造語。

港のような人や文化が行き交う場所を目指すとともに、「ホ」に「 ゜」を付けることで「ご円(縁)」を意識したネーミングだという。

館内施設はどれも個性的

たとえば、大浴場は銭湯スタイルに。暖簾やアメニティなど隅々までこだわったその空間は、まさに昭和レトロな雰囲気が漂う。

また、麹(こうじ)を作る「麹室(こうじむろ)」を備えた、発酵食品飲料を取り扱う醗酵所も。

お風呂上がりはここで一杯……なんてかなりココロもカラダも健やかになれそうだ。

ほかには、地元で人気の「TRAVELING COFFEE」が味わえるカフェ、ボードゲームやレコード、本が自由に楽しめるプレイスペースなども。

ホテルをまるごと楽しみ尽くしたくなるような内容となっている。

気になる宿泊料は、開業キャンペーンでかなり安価だが、Go To トラベルキャンペーンが適応中の今ならさらにお得。

宿泊客以外も利用できるそうなので、ぜひフラッと訪れてみてはいかが?

梅小路ポテル京都

【住所】京都市下京区観喜寺町15番地(梅小路京都西駅より徒歩約2分)

もっと見る