ライナス:悲しみを癒してくれる薬ってどんなものかなぁ。

チャーリー・ブラウン:一粒のチョコレートと友だちが背中をポンと叩いてくれることだよ。

1950年10月2日、アメリカの新聞8紙のデイリー版で連載がスタートしたチャールズ・M・シュルツ原作「PEANUTS」が、今年70周年を迎えた。

そのアニバーサリーイヤーを記念したプログラムのひとつとして、「PEANUTS」の世界観をテーマにした和のチョコレートブランド「SNOOPY Chocolat」が京都の観光名所、清水坂と嵐山の2ヵ所にオープンする(ともに10月9日にオープン)。

厳選したカカオに抹茶、ほうじ茶、わさび、七味、小豆、白味噌、柚子、紫蘇、胡麻、日本酒などの素材を掛け合わせたユニークなフレーバーで和を表現。訪日観光客でなくてもトライしてみたくなる。

また、ジェラートやドリンクなどのテイクアウト品やグッズ類も販売。さらには、各店で異なる限定商品もあり、それぞれの店舗にしかないスヌーピーとの出会いが楽しめそうだ。

タブレットショコラ<嵐山限定>

オススメはコミックの1シーンから抜き出した「タブレットショコラ」。恋、友情、家族の物語、小さな幸せといった「PEANUTS」の世界観が描かれている。大切な人への京土産にいかがだろう?

「SNOOPY Chocolat京都 清水坂」

【住所】京都府京都市東山区清水2-252【営業時間】9:30〜18:30※10/9オープン当日のみ10:00開店

 

「SNOOPY Chocolat京都 嵐山」

【住所】京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町22-3【営業時間】10:00〜18:00

もっと見る