ここは、青森県にある「スターバックス弘前公園前店」。大正ロマンを思わせる素敵なデザインですが、珍しいですよね。それもそのはず。国の登録有形文化財である「旧第八師団長官舎」を改装したもの。正真正銘、大正時代に建設された建物なんです。

大正時代の雰囲気を味わえる!

2015年4月にオープンした店舗ですが、じつはその前から注目されていました。元の建物を活かしていることもあり、趣がそこかしこから感じられます。

ロゴが設置されている街灯や看板もいい感じ♪ もちろん内装も素晴らしいのだとか。入り口も素敵!

木造のたてものと、窓から入る日差し。心地よさそうですね〜。

大広間にあるイスやテーブルもかわいいものばかり。照明も見てください!

たしかに、こんなスタバ見たことありません!「BUNAKCO」のランプのほかにも、津軽地方の伝統工芸で女性にも人気のある「こぎん刺し」の長椅子などインテリアへのこだわりも注目のポイントだとか。

日が落ちてくると、また雰囲気が一変。思わずため息が出てしまいそうな情緒が画像からも伝わってきます。

じつは文化財を店舗へと改装したのはこれが2件目。知っている人も多いかもしれませんが、神戸にも「特別なスタバ」があります。

神戸北野異人館店もすごい!

スターバックスのWEBサイトによれば、もとは「北野物語館」と呼ばれていた洋館で、建てられたのはなんと1907年!明治時代でもう100年以上前のたてものなんです。阪神・淡路大震災のあと、場所を変えて再建・改築。2009年に「スターバックス神戸北野異人館店」として復活しました。

看板も特別に木製でつくられており、まさに物語に出てきそうな空間に。

同社は、その建築の美しさでしばしば話題になりますよね。この他にも各地に素晴らしい雰囲気を味わえるカフェがたくさんあります。が、その中でも、・歴史を味わうにはこれ以上ないこのふたつのお店。一度でいいから立ち寄ってみたいものです。

その他の写真は、Instagramのスポット検索ページ「スターバックス弘前公園前店」や「スターバックス コーヒー 神戸北野異人館店」でも確認できます。よかったらチェックしてみてね!

もっと見る