ボルネオは世界中で最多の国が領有する島と言われています。今回はこの島のインドネシア領、マレーシア領、ブルネイ領のうち、マレーシア領の観光スポット11選をご紹介します。

1.キナバル山

マレーシアの世界遺産

マレーシアの世界遺産

キナバル山はボルネオ島のシンボルと言われている山です。この山は東南アジアではもっとも高い山で、富士山より少しだけ高いそうです。勿論、世界遺産になっていて、1泊2日で頂上までの登山が可能だと言います。

また、日帰りでキナバル公園内をトレッキングした後にポーリン温泉に行くツアーもあるとの事なので、公園内で世界最大の花と言われる「ラフレシア」を見たり、ポーリン温泉で足湯に浸かったりと楽しむことができるようです。

■詳細情報
・名称:キナバル山
・所在:Mountain Kinabalu in Sabah Borneo, Malaysia

2.ニア国立公園(ニア洞窟)

世界遺産にノミネートされた事もあるニア国立公園。ここの「ニア洞窟」はマレーシアにある有名な観光スポットです。この静かな洞窟は実は古代人の生活空間として使われていたようで、先史時代の遺跡としては貴重な場所と言えるようです。

なんと、 4万年くらい前の人間が生活した痕跡が見つかっているというから驚きです。当時のボルネオ島では洞窟の外に凶暴な獣が獲物を探し歩いていたのに違いないと思うほど、避難先にピッタリの洞窟だと思います。

■詳細情報
・名称:ニア国立公園
・住所:98200 Miri, Sarawak, Malaysia
・電話番号:+60 85-737 450
・公式サイトURL:http://niahcavemiri.blogspot.jp/

3.グヌン・ムル国立公園・ムル山

ボルネオ島のグヌン・ムル国立公園は世界遺産に登録されているエリア。ここはカルストと呼ばれている大変珍しい地形をもつ、ムル山の保護するための公園として知られています。

標高2,377メートルのムル山の地下には巨大で長い洞窟がいくつも広がっていて、何か別の世界にやってきたような気分にもなってしまう人もいるほどで、一番有名なディア・ケイブは世界でも最大級の洞窟だそうです。

生まれて初めての体験が出来るというこの洞窟は、オススメの観光スポットと言えます。

■詳細情報
・名称:グヌン・ムル国立公園
・所在:Gunung Mulu National Park, Miri, Sarawak Malaysia

4.ランビル・ヒルズ国立公園

東マレーシアのランビル・ヒルズ国立公園。1975年に開園したという、この有名な公園は多種多様の熱帯雨林が立ち並ぶ森林公園なんだそうです。公園内のジャングルには野生動物も生息していて、クマや猿などが森の奥深くに潜んでいるとか。

キャノピーウェイと呼ばれる熱帯雨林の研究施設もあり、日本からの研究者が泊まる施設も設置されています。公園内はそのほかにもラタ滝という美しい滝もあって、家族連れで賑わっているそうです。

■詳細情報
・名称:ランビル・ヒルズ国立公園
・所在:Lambir Hills National Park, 97000 Miri, Sarawak, Malaysia
・電話番号:+60 85-471 609

5.バコ国立公園

ボルネオ島観光の拠点クチンの街から、車やバスで約1時間の海岸沿いにあるというバコ国立公園。ここはボートに乗って、マングローブの森やピッチャープラントと言う珍しい食虫植物を見ることができるスポットです。

また、ボルネオ島にしかいないという絶滅危惧種のテングザルや、豚などの野生動物も生息しているので「自然の宝庫」という人もいるほどです。ちなみに、水とおやつは多めにもっていった方が良いとの事ですよ。

■詳細情報
・名称:バコ国立公園
・所在:Bako National Park, Sarawak, Malaysia

もっと見る

6.サントボン山

ボルネオ島観光の拠点としてのクチンには、ハイキングも楽しめるというサントボン山も近くにあります。ここで本物のジャングル体験が出来るようですよ。熱帯雨林の森林の中に溶けてゆくような不思議な感覚になる人もおり、本物ならではの醍醐味を味わう事が出来るようです。

観光客にも大人気のこの山には川が流れていますが、そこにはカワゴンドウやシナウスイロイルカという、珍しい動物たちも生息しているとか。貴重な自然の中での生き物たちとの出会いに、誰もが心を癒されるはずです。

■詳細情報
・名称:サントボン山
・所在:Santubong,Kuching, Sarawak, Malaysia

7.マルガリータ砦

東マレーの観光拠点クチン。古くには南シナ海航路において重要な役割を果たしていたようで、サラワク王国の都であったとか。マルガリータ砦はそのサラワク王の妻の名前から名付けられたものらしいです。

当時はクチン防衛のために作られた砦も、現在は博物館のような施設になっているようです。対岸から渡し船を使って川を渡り、歩いて砦の中に入って行きます。砦からはクチンの街を望む事ができるので、要チェックです。

■詳細情報
・名称:マルガリータ砦
・住所:Kuching, Sarawak, Malaysisia

8.サラワク・カルチュラル・ビレッジ

サラワク・カルチュラル・ビレッジはボルネオ島のサラワク州の少数民族の中で、イバン族やビダユ族など7つの民族の住居を展示する施設です。忠実に作られた建物には、各民族ごとの生活文化の違いが分かるようになっているとか。

また、ダンスパフォーマンスショーもあり、サラワクの多様な文化をみて楽しむ事が出来るようです。しかも、レストランや手工芸品のお店などもあるようなので、必ず行くべきという人もいるほどです。

■詳細情報
・名称:サラワク・カルチュラル・ビレッジ
・住所:Kuching,Sarawak
・営業時間:9時00分~17時00分
・電話番号:(082)846411
・公式サイトURL:http://www.scv.com.my/

9.フェアリーケイブ

観光客に人気のフェアリーケイブはクチンにある鍾乳洞。その中は緑のコケに覆われていて美しく、神秘的な雰囲気なので、仏教徒などの訪問もあるようです。洞窟の奥には小さな仏様が祀ってあるためか、靴や靴下を途中の階段で脱いで上がって行くそうです。

ちなみに鍾乳洞の中は当然ながら、かなり暗いです。そこには明るさが苦手のコウモリなどの珍しい生き物も生息しているんだとか。

■詳細情報
・名称:フェアリーケイブ
・住所:Sarawak,Malaysia
・営業時間:7時30分から17時00分まで(土・日・祝日は7時30分から16時30分まで)
・料金:無料

10.クバ国立公園

ボルネオ島のジャングルにはカエルが多く生息しているようですが、特にクチンにあるクバ国立公園には珍しいカエルが多くいると言われています。この水の豊富な公園を棲家にしているのは、ナガレガエルやボルネオヒメアマガエルなどの変わり種です。

園内には多くの種類のヤシやランがあります。またクバ国立公園には素晴らしい滝もあり、地元の人たちも気楽に水遊びにきているらしいです。

ちなみに、アジアでもっとも小さなカエルがここの公園で発見されたそうです。

■詳細情報
・名称:クバ国立公園
・住所:Kuching,Sarawak,Malaysia

11.サラワク博物館

1891年に建てられたサラワク博物館はボルネオ島で一番古い博物館です。この博物館は1階に動物などのはく製が展示してあり、また2階はボルネオ島の先住民の家を再現した展示なんだそうで、このほかにも楽器や衣装などの展示もあるようです。

ボルネオ島にはかつて首狩族がいて、20世紀初頭まで盛んに戦闘行為を繰り返していたそうですが、博物館ではこの恐ろしい首狩族であるイバン族に関する資料もあるそうです。

■詳細情報
・名称:サラワク博物館
・住所:Jalan Tun Abang Haji Openg, Taman Budaya, 93400 Kuching, Sarawak, マレーシア
・営業時間:9時00分から16時45分まで(土日は10時00分から16時00分まで)
・電話番号:+60 82-244 249
・料金:無料
・公式サイトURL:http://www.museum.sarawak.gov.my/

まとめ

いかがでしたか?ボルネオ島には世界遺産の山から博物館や国立公園、そして洞窟や文化村など本当に見所がたくさんあるので、ぜひ訪れてみてくださいね。

ボルネオ島について調べている方に、人気の商品はこちらです

created by Rinker
¥351(2021/01/12 12:06:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
バンガード
¥1,509(2021/01/12 06:38:03時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
MILLET(ミレー)
¥19,984(2021/01/12 14:06:35時点 Amazon調べ-詳細)

もっと見る