こんにちは!南国が大好きなsatokaです。皆さんはインドネシア・バリ島から高速船で約2時間弱で行けるパーティーアイランドの存在をご存知ですか?

ギリ・トラワンガン、ギリ・アイル、ギリ・メノと、それぞれ異なる特色を持つ3島から成り立つギリ島。

ギリ島のうち最も栄えているギリ・トラワンガンは別名、パーティーアイランドと呼ばれる程パーティー好きの間で有名なのにも関わらず、この島には警察が存在せず、車やバイクも走っていないのです。

世界中から様々な文化を持つ観光客が集まるギリ島。警察が存在しない中、どのように島の治安を保っているのでしょうか。そんな独自の文化を誇るギリ島の魅力に迫っていきます。

 

そもそもギリ島ってどこにあるの?

両隣のバリ島やロンボク島と比べると島の小ささが一目瞭然です。どの島も1.5時間程あれば自転車で島を1周できてしまいます!繁華街を抜けると、急に景色が変わって舗装されていない道に出くわすことも。

そんな変化の違いを楽しめるのもこの島のお勧めポイントです。

 

ギリ島への移動方法

photo by shutterstock

バリ島からギリ島への主なアクセス方法

・パダンバイ港から高速船で約2時間弱

■詳細情報
・名称:パダンバイ港
・アクセス:サヌール、クタ、レギャン、ウブド中心地、パダンバイ等からホテルへの無料送迎付き(※ボート会社によって異なるので要確認)
・所要時間:約2時間弱(※ボート会社によって異なるので要確認)

 

・アメッド港から約1時間30分

■詳細情報
・名称:アメッド港
・アクセス:トランベン、アメッド、ティルタガンガエリア等はホテルへの無料送迎付き(※ボート会社によって異なるので要確認)
・所要時間:約1時間30分(※ボート会社によって異なるので要確認)

※ここではギリ・トラワンガンへの所用時間を記します。

ギリ3島間の移動はそれぞれの島から公共ボートが出ていて、港でスケジュールと値段を確認できます。

photo by satoka

 

それぞれの島の特色とお勧めの過ごし方

ショッピングにナイトライフ、南国気分、全部楽しみたい人向けのギリ・トラワンガン

photo by satoka

ギリ島の中で最も栄え、欧米からパーティーを求め多くの人が集まります。

この島でのお勧めの過ごし方は、ずばり、ナイトパーティ!!夜通しビーチで踊れるなんて、海外に行ったら絶対にクラブに行く程クラブ好きな私には天国の様な場所です!

トラワンガン島の魅力はパーティーだけにとどまりません!おしゃれで旅人の心をくすぐるようなレストランも沢山あります。

photo by satoka

 

バックパッカーの多い2番目に栄えているギリ・アイル島

photo by shutterstock

可愛いお店やおしゃれなレストランもあるギリ・アイル島。トラワンガン島よりも観光客が少なく、落ち着いています。

このアイル島には可愛い洋服屋さんやおしゃれな飲食店もあるのでお買い物好きの女子にもお勧めです。

 

何もしなという贅沢を味わいたい人にお勧めのギリ・メノ島

photo by shutterstock

ただただゆったりと時を過ごしたい人にお勧めなのがギリ・メノ島。

地元住民曰く、ハネムーンをこのメノ島で過ごす人が多く、別名ハネムーンアイランドと呼ばれているんだとか。

インドネシアが誇るビンタンビールを片手に、静かな海辺でお昼寝なんていう贅沢な時間の過ごし方はこの島ならではです。

もっと見る

ギリ島でお勧めのアクティビティ

ギリ3島の海を全部満喫できる半日シュノーケリングツアー

photo by shutterstock

船でギリ3島の海を巡る事ができ、それぞれの島のポイントでシュノーケリングが出来ます。

ちょっと移動しただけで見られる熱帯魚が違うのがこのシュノーケリングツアーの面白いところ。

私が参加したツアーはトラワンガン島を出発後、トラワンガン島周辺、アイル島周辺、アイル島に立ち寄り昼食、その後メノ島周辺、トラワンガン島に戻るというスケジュールでした。

それぞれの島から出発できるので、ぜひギリ3島の海を感応してきてください。

私がツアーに出かけた日はウミガメが泳いでいるのが船から見えました。

                                                                                                  photo by satoka

 

自転車で島を1週

photo by shutterstock

ギリ3島はそれぞれ車やバイクが走っていないので、観光客も自転車もしくは馬車に乗って移動します。400円前後で1日レンタル出来、ギリ3島それぞれ1.5時間程度で島の周りを1周できてしまいます。

通りのレンタル屋さんより一歩裏に入ったレンタル屋さんの方が安くレンタルできることが多いです。途中で海で泳いだり、気になるお店にサクッっと寄れるのもサイクリングならではの魅力ですよね。

 

ギリ島の代名詞、フォトジェニックな馬車を体験

photo by shutterstock

運賃は基本的にドライバーとの交渉になりますが、10分前後の乗車で500円程度が目安です。馬につけられている装飾もそれぞれ違うため観察してみると面白いです。

人を目的地まで運ぶだけでなく、物資も馬車で運んでいてギリ島になくてはならない存在だよ、と地元住民が語っていました。

 

海の中に出没する、フォトジェニックポイント

photo by shutterstock

ギリ島に訪れた観光客は必ず行くと言ってもいい程、人気の海の中にあるブランコ。

2台隣り合ってブランコが立っていてカップルで写真が取れたり、ブランコの上の装飾の文言が違うのでぜひ全部制覇してみてはいかがでしょうか。

満潮時にはブランコが海に消えてしまうので干潮時を狙って訪れてみてくださいね。

 

海辺で乗馬体験

photo by shutterstock

海辺で引き馬で乗ることも、思いっきり走っても良し。馬を海の中へ誘導してくれて足元の熱帯魚を見ながら乗ることもできます。

サンセットを眺めながら乗馬するのが私のお勧めです。

 

ビーチで星空鑑賞

photo by satoka

ギリ島はバイクや車が走っていないからか星空がとっても綺麗なんです。

パーティーに疲れたらビーチでしっぽりとお酒を飲みながら星空鑑賞なんてとっても贅沢な時間を過ごすことだってできちゃいます。

 

ギリ島独自の文化

警察不在でどうやって治安を保っているの?

photo by satoka

観光客であろうと地元住民であろうと犯罪を犯した場合は、どんな犯罪を犯したのか書かれたカードを首から下げて島内を歩かされる公開処罰が行われます。

この公開処罰が戒めになり、犯罪を犯した人は以後5年間島に上陸できなくなるから、この島は平和なんだよ、と地元住民が語っていました。

地元住民の愛でこの島の治安が保たれているのですね。

 

ゆったりと時間の流れるインドネシアの楽園、ギリ島

photo by satoka

ギリ島の魅力、少しでも伝わりましたか?フレンドリーで人懐っこい性格をした住民が多いギリ島。一度訪れたら、この島の魅力にはまってしまうこと間違いなし!記事を書いている本人もまた、すぐにでも行きたくなってきました!

次の旅の目的地にされてみては如何でしょうか。以上、南国好きの私がお勧めするギリ島のご紹介でした。

 

もっと見る