世界第4位の面積を持つ中国は広い。誰もが知っている中国と言えば、北京や上海がある東海岸の大都市ですよね。今や世界の経済を牽引する存在で、仕事に旅行に訪れたことにある方も多いのではないでしょうか?

一方で東海岸から5000kmほど離れた中国の最西端の地域は、どのような場所なんでしょう。今回はめったに旅行者が訪れないであろう、最西端のエリアを旅してきたのでご紹介したいと思います。

 

中国最西端の新疆ウィグル自治区って?

中華人民共和国の最西端は、新疆ウイグル自治区で省都はウルムチ市です。新疆ウィグル地区の面積は中国全体の6分の1を占め、各省の中で最大です。面積が大きく、中国の西端であることから、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタンなど6ヵ国と隣接しています。

よって人口の多数は漢民族とウイグル族の人々ですが、国境を挟んで隣接する中央アジア諸国の、カザフ族、キルギス族、タジク族なども住んでいます。

photo by Tomoya Yamauchi

ここ新疆ウイグル自治区は、かつてテュルク系民族が多く居住していました。そのことからペルシア語で「テュルク系(トルコ系)言語を話す人々の土地」を意味する東トルキスタンと呼ばれていました。

ここでは長くなるので詳しい歴史的経緯は省略しますが、ウィグル帝国やモンゴル帝国、清朝の支配下に置かれながらもシルクロードの要所として繁栄してきました。そして1949年に中国の支配下に置かれ、その後1955年に現在の新疆ウイグル自治区となりました。

 

シルクロードのオアシス都市カシュガル

photo by Tomoya Yamauchi

省都ウルムチから夜行列車でやってきたのは、中国最西端のカシュガル。その昔、世界を結んだ交易の道シルクロード。カシュガルはシルクロード上の重要なオアシス都市として、その昔から栄えてきました。

西安から敦煌まで続くシルクロード(オアシスの道)は、敦煌でタクラマカン砂漠を挟んでコルラやクチャを経由する西域北道と、ホータンなどのタクラマカン砂漠南のオアシス都市を経由する西域南道に分かれます。そして二つの道は再びカシュガルで合流するのです。

photo by Tomoya Yamauchi

そしてカシュガルからシルクロードは再び三方へルートが分かれます。北方へ向かうと天山山脈を経てキルギスタン、西方へ向かうとパミール高原を経てタジキスタン、南方へ向かうとカラコルム山脈を越えてパキスタン・インドへと、シルクロードは続いていきます。

あのマルコポーロも旅の道中カシュガルを訪れています。

 

イスラム建築が建ち並び異国情緒が漂う 一方で再開発の波も

photo by Tomoya Yamauchi

新市街を歩いていた時は、他の中国の都市とあまり変わらないなあと感じていましたが、カシュガルの旧市街周辺を歩いていると、これまでの中国の雰囲気とは一味も二味も違います。

街にはイスラム建築が建ち並び、ウィグル人特有の帽子をかぶった彫が深く長い髭をした男性達や、色とりどりのスカーフを巻いたウィグル人の女性達が通りを行き交います。

photo by Tomoya Yamauchi

異国情緒が漂い、中国というよりも中央アジアの文化圏へ入ってきたことを強く実感できます。

カシュガルの中でも昔の佇まいを残し、保護されているのが老城と呼ばれる旧市街です。ただ街の人々に話を聞いていると、老城にも中国の再開発の波が押し寄せていて、古い建物は壊されどんどんと新しく建て替えられているそうです。

photo by Tomoya Yamauchi

中国政府が旧市街を取り壊して新しく作り替えていることは、悪いことばかりではないだろうとの声もありました。水道や電気設備など大幅に改善された部分もあるとのことです。

しかし、中国のウイグル自治区はチベットと同様に、中国同化政策が進められていることも事実です。政策としての漢族の大量移住により、現在ではウイグル人よりも漢族が上回るほどになっています。

ウイグル自治区とは表面上の名で、漢族による実効支配となっているそうです。

photo by Tomoya Yamauchi

現在でも中国政府による政府反対派の政治犯などの虐殺、強制収容などがあるのも事実。近年では小学校からウイグル語による授業や教材が廃止されています。

古くからのウイグルの伝統やウイグル語や文化が破壊されること、何よりウィグルの人々がニコニコした笑顔の裏で抑圧されているのを感じるのは心が痛みます。

旧市街や郊外でもそうですが、不自然なように至る所にある中国国旗。ウルムチもそうでしたが、他の都市に比べて警察の数が目に見えるほど多かったです。英語が少し話せるウィグルの人と方と出会い、少し政治関係の事情について話しました。

photo by Tomoya Yamauchi

しかし旧市街では公安のコントロールが厳しいので話さない方がいいと言われ、町のはずれの隠れ家バーまでわざわざ行って話したことをよく覚えています。そのバーは漢族のおっちゃんの経営で二人の仲は良さそうでした。

政治は政治で、人々同士のつながりは別でした。政治とは無関係の人々のつながりには少しほっとしました。

photo by Tomoya Yamauchi

老城でもすこし細かい通りに行ったり、老城から少し離れたまだ再開発の手の届いていない集落や村を訪れたりすると、昔ながらのウイグル人たちの生活を垣間見ることもできます。イスラム建築の住居が迷路のように入り組んだ通りに建ち並んでいます。

まるでシルクロードの拠点として栄えていた中世時代にタイムスリップしたようです。

photo by Tomoya Yamauchi

郊外に少し出ると、レンガで作られたウィグルの人々の伝統的な建物を見ることができます。また各家が章有する畑もあって、果物や様々な野菜が育てられています。

雨も少なくかなり乾燥した土地のように思えますが、オアシス都市だけあり、地下水などが豊富にあるそうです。

町の中心部ではそれほどでもなかったけれど、郊外に出ると人々はとてもフレンドリーでニコニコしながら話しかけてくれたり、挨拶を返してくれました。時には家の中まで案内されたり、メロンを食べていけと誘ってくれたり。

photo by Tomoya Yamauchi

photo by Tomoya Yamauchi

まだ昔の状態のまま残されている地区もまだありますが、近いうちに取り壊されるかもしれないと聞きました。ぜひともウィグルの人々の伝統や文化を尊重した開発をと願います。

 

ラクダまで売られてる 必見のバザールと家畜市場

photo by Tomoya Yamauchi

カシュガルに来て楽しめるのは、独特の文化を持つウィグル族伝統の美味しいごはんでしょう。トマトベースで様々なスパイスが効いた麺”ラグマン”。羊肉が入った炊き込みご飯”ブロフ”や鶏肉や羊肉、牛肉の炭火串焼きシャシュリクなど、グルメ好きにはたまらないラインナップです。

photo by Tomoya Yamauchi

ウィグル自治区ではタンドーリ窯で焼いた各種ナンがとても有名です。通りの至る所にはベーカリーがあり、香ばしいナンの香りが漂っています。

photo by Tomoya Yamauchi

そしてカシュガルを訪れた際に欠かせないのがバザールを訪れること。ここでは多様な店が所狭しと並んでおり、毎日大変な賑わいを見せています。カシュガルに来てここを訪れないわけにはいきません。ウイグル自治区でもかなり大きな規模のバザールです。

photo by Tomoya Yamauchi

photo by Tomoya Yamauchi

カシュガルの郊外では家畜市が開かれ、周辺の村から様々な動物が売買されています。バザールの近くから出るバスに乗ると、家畜市場へ向かうウィグルの人々でたくさん。

そしてたくさんのトラックなどが家畜を連れて、バザールへ向かっていきます。

photo by Tomoya Yamauchi

家畜市場に到着すると、牛、羊、ロバ、馬、ラクダなどが運び込まれ、ぎゅうぎゅう詰めに動物たちがつながれています。ウイグルの男性たちが交渉し、値段が決まり握手をして交渉成立です。

契約書なんか必要ないのがウィグル流です。日本では絶対に見られない光景。

photo by Tomoya Yamauchi

photo by Tomoya Yamauchi

カシュガルを訪れた場合は必見です。

もっと見る

パミール高原標高3600mに佇む湖カラコリ湖へヒッチハイク

photo by Tomoya Yamauchi

オアシス都市カシュガルを離れ、次に向かうのはカラクリ湖です。標高3600mに位置し、7000mを越える山々を眺めることができる。ものすごくきれいな場所だと聞いていたので一度訪れてみたかったのです。

photo by Tomoya Yamauchi

秋の終わりの冷たい風の中、大切な親指を手袋で保護しつつ、カラクリ湖方面に向けてヒッチハイクを開始です。この道はパキスタンとの国境まで続く道。車の数も少ないので、長期戦を覚悟しながら待ちます。

何台か車が通り過ぎた後、なぜか中国公安の車が止まりました。「うわー何でよりによって公安が。ウィグル自治区は政治的にも複雑な地域なので嫌な予感。日本から来たらスパイだと疑われるかも」と内心ビクビクしつつも笑顔でニコニコしながら挨拶。

私:「ハーイ!ニーハオ!(怪しいものではありません)」
公安(中国語で):「#%&#$‘!」「@|¥~=&&!?」
私:「カラクリ湖までヒッチハイクしているだけなんです」

photo by Tomoya Yamauchi

何を言っているのかまったく理解できないのでボディランゲージで会話していると、彼らは私を逮捕するためではなく、助けるためにわざわざ車を止めてくれた様子で一安心。どうやらカラクリ湖までは直接行かないようですが、途中までは行くらしいです。

私を乗せたパトカーは、2時間ほど進んだ場所にあった警察署で停車。私が感謝を述べてヒッチハイクを継続するために立ち去ろうとすると、

「警察署まで一緒に来なさい(ボディランゲージで)」と、どうやら警察署の中まで一緒に行かなければならない様子。あれ?やっぱり逮捕される?パスポートの提示を要求されて没収。

少し不安に思いながら、しばらく椅子に座って待っていると、

「お前腹が減っているか?昼飯を食べるぞ(ボディランゲージで)」と、なんと昼食を警察署内でおごってくれました。こんなことってありますか⁉︎

photo by Tomoya Yamauchi

警察署でご飯をおごってもらいました。でっかい羊肉がドンっとのった炊き込みご飯(ブロフ)とサラダとスイカだ。本当にありがとうございます。

そして昼食を食べた後は、何と目の前の検問所で止める車にカラクリ湖まで行くかわざわざ聞き始めてくださいました。そして待つこと20分のみ。難なく二台目の車をゲット。パミール高原の絶景を眺めながら、3時間ぐらいでカラクリ湖に到着しました。

 

カラコリ湖に到着 そしてキャンプ

photo by Tomoya Yamauchi

カラクリ湖に到着したのは、夕方になってからでした。湖からはムスタグ・アタ山(7546m)やコングール山(7649m)などの、ずっぽりと深く雪を抱いた7000m級の山々を見渡すことができます。湖面の標高は3600m。

湖の面積はそれほど大きくありませんが、パミール高原の山々に囲まれた景色は素晴らしすぎます。夏のシーズン中は宿泊施設もあるようですが、10月下旬の当時はもう閉まっていました。テント持ってきて良かったー!

湖の周囲ではヤクや羊、山羊などが放牧されています。放牧されている山羊と背景の景色がかっこいいので写真を撮っていると、この地域に住むキルギス族のおばちゃんがやってきて、「ヤギを柵の中に入れるのを手伝ってくれないかい?」という感じにボディランゲージで話しかけられました。

photo by Tomoya Yamauchi

各国のファーム仕事で家畜の扱いに慣れている私は、任せなさいという感じで大声を出しながら山羊を脅かして柵内に閉じ込めました。するとおばちゃんは「今夜寝る所あるの?」と、家に招待してくれた様子でしたが、今日は自然の中で寝たかったので今回は丁重にお断りしました。

別の男性にも話しかけられ家に招待していただいたので、カラコリ湖の周辺の家でホームステイ形式で泊めてもらうこともできそうですよ。

気温も夜になると、かなり冷え込むので(標高3600mですから)テントを張って泊まるバカは自分一人だけでした。寝袋を2つ重ね合わせてもかなり寒かったですが、夜にこそっとテントから顔を出して見た星空は素晴らしかったです。流れ星もたくさん見えました。

photo by Tomoya Yamauchi

翌日は湖の周りを一周しながら、周辺にある丘に(丘と言っても標高4000m以上は確実にあります)に登ってみることにしました。湖の周りには流れ込む川が無数にあり、湿地帯のようになっています。

その中に浮島のようにある足場をみつけてはジャンプしながら、何とか目的の丘方向に進んでいきます。寒さのせいで川の部分部分が凍り付いています。周辺ではこれぐらいの寒さなんか関係なさそうにヤクが草を食んでいます。

photo by Tomoya Yamauchi

旅していると、本当にこれまでの想像を超える美しい景色に出会うことがあります。

欲深い私は7000m級の山々をもっとはっきりと見てみたかったので、とりあえず近くにある一番高い丘に登ることにしました。まずトレッキングルートなんかないので、これまでの経験と直感を頼りに、丘に登りつつも湖を一周できる欲張りルートを見つけました。

丘の頂上に近づくほどものすごい強風で、ひどい時にはまともに立っていられずに、しゃがまなければならない程でした。それでも何とか頂上まで辿り着く頃には絶景が広がっていました。

photo by Tomoya Yamauchi

photo by Tomoya Yamauchi

絶景を堪能した後は、今夜もここで一泊しようと思いながら下山したのですが、ちょうど湖の畔で3人の女性中国人旅行者と出会いました。彼女たちはここよりさらに南のタシュクルガンに3週間も滞在していて、よほどその場所が気に入ったのか、かなり強くオススメしてくれました。

こんなタイミングで彼女たちに会うなんて、たぶんこれはタシュクルガンに行けという何者からか送られたサインなんだ!と即断して、テントと荷物を大急ぎで片付けヒッチハイクでタシュクルガンに向かうことにしました。

 

タシュクルガンでタジク族の結婚式に参加

photo by Tomoya Yamauchi

サインを信じて、カラクリ湖の絶景を眺めながらのんびりヒッチハイクしていると、一台のキャンパーバンが目の前で止まり、そこには元気の良い5人の若い中国人トラベラーが。

「ヒッチハイクしてるの?ちょっとぎゅうぎゅうだけどスペース作るから待ってて」。

ドライバーとその彼女は、一緒に中国を3ヶ月間車で旅行しているらしい。他の3人とはカシュガルで出会って意気投合し、そのまま一緒に旅行しているみたい。本当にこの出会いは自分にとって奇跡的で、出会ってくれた彼らに感謝です。出会ってから5日間もそのまま一緒に旅をしました。

photo by Tomoya Yamauchi

今夜の夕食はキャンプで中国火鍋にするということで、食材やビール等も買って準備万端。後ほど食材等に掛かった費用は全部割り勘にしようということになりましたが、「あなたはゲストだから特別よ」と、結局最後に少額しか彼らは請求しませんでした。

中国人の人々のおもてなしには、このように何回も感動させられます。

その晩は食べて飲んで踊っての賑やかな夜でした。「日本の歌を歌ってくれよ!日本の踊りを踊ってくれよー!」という無茶ぶりにも酔っぱらった力にまかせて対応し、盛り上がって楽しい夜でした。

Photo by Tomoya Yamauchi

タシュクルガンはタジク族の自治区であり、この地域に住むのはほとんどがタジク族の人々です。この町の人々は人懐っこくて、とても感じが良い場所でした。

この日はパキスタン国境まで車で行こうとしましたが、外国人には許可証が発行されず、中国人でも3時間しかエリアに滞在することしか許可されないという事で中止に。

その代わりにタシュクルガンから40kmほど離れた村で、結婚式があるとの情報を得てその村に向かいました。タジク族の結婚式には誰でも参加できるようです。

photo by Tomoya Yamauchi

結婚式が行われる村には、午後12時ぐらいに到着しました。村の周辺は土色をしたとても乾いた土地で雪を抱いた山々がきれいに見えます。「今日結婚式がある家はどちらですか?」と村人に尋ね、ピンク色の外壁をしたかわいらしい家を発見。

我々も何も無しで参加させてもらうのは気が引けたので、お菓子などを贈り物として持っていきました。参加する際は何か贈り物を持っていくのが、タジク族の結婚式でも礼儀だそうです。

photo by Tomoya Yamauchi

家を訪ねるとまだ結婚式は始まっていませんでしたが、結婚するカップルの親戚の方が、「ようこそ結婚式に来てくださいました!」とニコニコしながらお茶やお菓子を出してくれました。子どもたちも我々に興味津々で、結婚式が始まるまでしばらく一緒に遊んだりしていました。

お祝いの食事のために家の外では羊や牛が解体されています。キッチンは残念ながら男子禁制のようで、見せてもらうことはできませんでしたが、女性たちがおいしそうな食事を手際よく料理していました。

photo by Tomoya Yamauchi

photo by Tomoya Yamauchi

タジク族の結婚式には音楽とダンスがつきものです。キーボードと電子音を組み合わせた軽快な音楽でみんな踊る踊る。手をくねくねさせて、輪になって。もちろん自分も踊らされました。日が暮れてくると参加者全員に食べ物が振る舞われました。

photo by Tomoya Yamauchi

photo by Tomoya Yamauchi

何とありがたいことに、その日は結婚当事者の親戚の家に泊めていただけることに。この人々の見ず知らずの人々に対するホスピタリティは本当に見習わなければなりません。

その家族の方々がすごくいい人達で結局2泊もさせてもらうことになりました。本当にありがとうございます。

 

おわりに

photo by Tomoya Yamauchi

かつてシルクロードの拠点として栄えた歴史を感じ、ウィグルの人々の温かさに触れたカシュガル。ヒッチハイク中に味わった中国の方々の寛容さ。タシュクルガンでのタジク族の方々のおもてなし。中国の最西端では、嬉しい驚きの連続でした。

もっと見る