どうも南の島大好きと海が大好き、teriyakiです。突然ですが、みなさん。仕事や勉強に追われる日々、煩わしい人間関係でお疲れではないですか?

そうですよね。本当にお疲れ様です。きっとみなさんはいっそのこと、どこか人の少ない南の島でのんびりしたい。全てを忘れて、1日中ぼーっとしていたいと思っているはず!

今回はそんなあなたにぴったりの島、今話題のカンボジアのニューリゾート「シアヌークビル」からいけるおすすめの島「ロンサレム島」をご紹介です。この島には、何もありません!でも、何もないからこそ良いんです!

 

この記事では、そんなロンサレム島の何が魅力的なのか、そして気になる行き方について徹底解説していきます。

あ、もちろん疲れが全然溜まっていない自由気ままな旅人のみなさんも、記事を読んだら行きたくなると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

カンボジアの素敵な島「ロンサレム島」

photo by teriyaki

ロンサレム島は、最近アジアで話題のカンボジアの海のリゾート「シアヌークビル」から西に約18kmにある、全長10km程度の小さな島です。

隣にはロン島と呼ばれる島があり、こちらはパーティーアイランドとして欧米人を中心に人気の島。それに対してロンサレム島はのんびり静かな雰囲気の島で、隣り合う2つの島は上手に住み分けされているんです。

 

島の魅力

photo by teriyaki

そんなロンサレム島ですが、僕は実際に世界一周中で訪れて、この島を本当に気に入りました。実はあの高城剛さんもこの島を気に入って、ご自身の出版されている本で紹介されているほど。ロンサレム島にはどんな魅力があるのか、詳しくご紹介していきます。

 

何もないのが逆に良い

photo by teriyaki

ロンサレム島には、ビーチ沿いにいくつかの安宿と数件のレストランがある程度。あとは島の住民の家があるくらいでそれ以外は特に何もありません。

それだけ書くと何が魅力的なんだ?と思われる方もいるかもしれませんが、「何もないのが逆に良い」のです。

この島に行ってやることはただ1つ。「日常の喧騒を忘れて、時間を気にせず、とにかくひたすらのんびりすること」ただそれだけです。そんな過ごし方をするために、この島以上にうってつけの島はありません。

 

綺麗なビーチで、1日中何もしない贅沢。日の出とともに起きて、日中はビーチでのんびり。ゆっくり沈む夕日を眺めて、夜はお酒を飲んで、気持ちよく眠るだけ。観光客も少なく、本当にのんびタイムが流れるこの島だからこそできること。

本当の贅沢はこんなところにあったんだ!ということを僕たちに思い出させてくれるのが、ロンサレム島なんです。

 

綺麗な海を独り占め!

photo by teriyaki

「何もない」と書きましたが、この島にはとても綺麗な海があるんです。最も有名な海はサラセンベイと呼ばれる場所です。ここにはシアヌークビルからのスピードボートやフェリーが停まる桟橋もあり、ロンサレム島の中心地となっています。

最近ではいくつかの高級宿泊施設も立ち並ぶようになりました。とはいえ、リゾートの規模も大きくないため、まだまだ人は少なく、そのターコイズブルーの海の透明度とのんびり度は抜群です。

 

そして、僕がこのロンサレム島でおすすめしたいのが、Mapai Bai villageと呼ばれる島の北西にある村の東側にあるビーチです。サラセンベイからだと船での移動が必要ですが、ここは本当に人が少ない穴場ビーチ。僕はこの近くにある村の安宿に宿泊して昼過ぎにビーチを訪れましたが、この時にビーチにいたのは2家族ほど。

結局ビーチでのんびりしている間に、15時頃にはビーチには誰もいなくなり、貸し切り状態に。さすがに世界広しといえども、世界一周中にビーチを無料で貸し切れたのはこの場所が最初で最後でした。(もちろん、お金を出して貸しきるなんてジャスティンビーバーみたいなこともやったことないですが)

 

砂もきめ細かく、海の中の自分の足が見える透明度。波も穏やかで海水浴にもぴったり。こんな最高の海が独り占めできるだけでも、この島を訪れる価値はありますよ。

 

美味しいスイーツを発見!

photo by teriyaki

何もないのが良いといいながら、店まで紹介しちゃいます。ロンサレム島には本当に数えるほどしか店がないのですが、その店の中にとびきり美味しいスイーツを売る店を発見してしまいました。

場所は先ほどご紹介した「Mapai Bay Village」という村の桟橋の目の前です。店の名前は忘れてしまいましたが、ここしかスイーツを売る店はこの周辺にないのですぐにわかります。

 

ここのワッフルとチョコレートブラウニーが絶品。村の子どもや観光客も、多くの人がこの店に立ち寄り、朝ごはんやおやつにワッフルとチョコレートブラウニーを買っていっています。

サラセンベイから遠いじゃないか!と文句を言われそうですが、味は保証します。ぜひ先ほどご紹介した貸切ビーチと合わせて訪れてみてください。

 

ちなみに、こちらの村にもいくつかの宿泊施設があるので、安宿でも問題なし!とにかくひたすらのんびりしたい!という方は、こちらの「Mapai Bay Village」で宿泊先を探すのもいいかもしれません。

もっと見る

ロンサレム島へのアクセス

photo by teriyaki

そんな魅力と自然溢れるロンサレム島。ここまで読んでいただいて、行きたくなってきたあなたのために、日本からのアクセス方法を簡単にご説明していきます。

 

日本からプノンペンかシェムリアップを目指す

photo by teriyaki

ロンサレム島への拠点となるのが、カンボジアのビーチリゾート「シアヌークビル」です。ただ、日本からシアヌークビルへの直行便は無く、まずはカンボジアの首都である「プノンペン」かアンコールワットのある「シェムリアップ」を目指す必要があります。

 

シアヌークビルへは飛行機か陸路の2通り

photo by teriyaki

「プノンペン」や「シェムリアップ」から楽に短時間で「シアヌークビル」へ行くためには、飛行機を利用します。プノンペンからは約2時間、シェムリアップからは約1時間のフライトで到着します。

できるだけ安く「シアヌークビル」を目指すには陸路でのバス移動がおすすめです。「プノンペン」からですと、バスで約5時間。シェムリアップからですと、途中プノンペンでの乗り換えも合わせて12〜14時間ほどかかります。

旅のスタイルや、旅の日程などにより上手にシアヌークビルを目指してください。

 

シアヌークビルからはフェリーでロンサレム島を目指す

photo by teriyaki

シアヌークビルに到着したら、そこからはフェリーかスピードボートでロンサレム島を目指します。フェリーの乗り場は、シアヌークビルの中心ビーチでもある「セレンディピティビーチ」にあります。

フェリーの場合は、所要時間は約2時間。値段は片道5USD(約540円)です。スピードボートの場合は、所要時間は約45分。値段は片道10USD(約1,100円)です。1日3回9:00、11:30、15:00にボートが出航しています。

 

どちらのチケットも、シアヌークビルにある旅行会社のどこでも購入が可能です。特に、セレンディピティビーチ周辺は旅行会社も多く、フェリーやスピードボートの看板が出ているので、すぐにわかります。また、スピードボートのチケットはフェリーが出る桟橋にあるチケット売り場でも購入が可能です。

 

僕はバスでシアヌークビルに到着し、そのままトゥクトゥクのおじさんにお願いして、旅行会社に連れて行ってもらいチケットを購入。その後セレンディピティビーチへ連れて行ってもらいました。

不安な方はトゥクトゥクのおじさんに「ロンサレム島に行きたいけどどうすれば良い?」と聞いてみるのも1つの手です。

その他にもいくつかロンサレム島行きのフェリーやボートがあるようです。時刻表など詳しいことは、こちらのページ(英語)を参照してください。

 

まとめ

photo by teriyaki

今回は、カンボジアのシアヌークビルから行ける、とにかくのんびりできる島「ロンサレム島」をご紹介しました。

とにかくのんびりしたい方、綺麗な海でぼーっと過ごしたい方には本当におすすめの島です。また、シアヌークビルとセットで訪れたり、アンコールワットの遺跡巡りの疲れを癒すために訪れたりするのもおすすめです。

ぜひ忙しい毎日からの逃避先として、次の休みの旅先の候補として検討してみてくださいね。

もっと見る