こんにちは!TABIPPO2015大阪スタッフの嵐(@arashitabi)です。僕はこの夏、初めて海外へ一人旅にカンボジアに行ってきました!カンボジアでの毎日は刺激に溢れていて、今まで自分が生きてきた世界がいかに狭かったかということを思い知らされました。カンボジアの人々は陽気で親切で温かくて、いい人ばかりでした。町も活気があってとっても居心地がいい国でした。しかし、こんな素敵な国であるカンボジアにも、悲しい過去があります。

 

カンボジアの悲しい過去、クメール・ルージュ

みなさん、「クメール・ルージュ」って聞いたことがありますか?ベトナム戦争が終わった1975年頃からカンボジアにて政権を握っていた政党のことで、指導者の名前から「ポル・ポト派」とも言われています。極端な原始共産主義思想のもと、国民の大量虐殺を行い、3年9ヶ月の間に170万もの人々が犠牲になったと言われています。なんとこれは、全国民の5分の1もの数です。

 

クメール・ルージュによる虐殺の現実

クメール・ルージュはまず初めに、農業を国の産業にすると言って都市部の人々を農村部へと移住させました。人々を農業に従事させ、食料不足を解決するためです。そして次に、英語を話せたり文字が読める知識人を、国内から全員根絶することを目指し、様々な理由で処刑しました。他にも、反体制派の人を見つけたら密告するようにと密告制度を設ける等、クメール・ルージュに反抗する可能性のある人は大量に殺されました。

もっと見る

 

キリング・フィールドを訪れました

僕は、この大量虐殺が行われていた刑場後である「キリング・フィールド」に行ってきました。まず音声ガイドを受付で受け取り、そこから流れる虐殺の悲惨な話や、生存者の体験談などを聞きながら場内をまわっていきます。犠牲者の骨が今も底に沈んでいる池、400以上もの死体が見つかった埋葬地、犠牲者の骨や衣類の切れ端などが入れられているガラス箱など、一つ一つが強烈に僕の心に刺さりました。僕以外にもたくさんの観光客がいましたが、誰一人言葉を発することなく、ガイドの案内に耳を澄ませていました。

 

歴史を学んで旅にもっと想いを乗せよう

カンボジアで、この場所に本当に行って本当に良かったと思っています。クメール・ルージュについて本で読んだり映画を見たことはありましたが、それだけでなく実際に現地を訪れて自分の身体で直接感じ取ることしかできない特別なものがありました。旅をするにあたって、悲しい過去も含め、その国の裏側にある歴史を学べばもっとその国が大好きになって、旅が素敵なものになるのではないでしょうか。

もっと見る